プロ野球スピリッツA一覧

【プロスピA】最強打者ランキング(ミート+パワー+走力編)2019 シリーズ1

ミート+パワー+走力での最強打者決定戦! ルールは簡単。 ただミート+パワー+走力を足し算するだけ(恥)! もちろん2018S2で登場した落合さんなど、ミート+パワーでの最強打者感も面白い。 ただトリプルスリーを実現するには走力も必要。そして、そんな足を含めた能力も最強打者感は半端ない。

【プロスピA】中谷 将大(S)2019 シリーズ1 [阪神タイガース]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。今シーズンはルーキー近本選手の活躍もあり代打での登場も多いですが、20本塁打を記録したのは事実!外野にベテランが2人いるうちに育ってくれれば申し分なし、ポジションが開いてからでも仕方なし。ただし今はゲーム的にも扱いずらい選手であることに違いなし。

【プロスピA】大島 洋平(S)2019 シリーズ1 [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。昨シーズンは少しベテラン感を感じたのですが、まだまだ成長中です(スミマセン)。 昨シーズンより打力はミートが77B→75Bになっているのですが、何よりセンターの守備適性が75B→80Aへとアゲミザワ。やはりAは見栄えが違う。 ライトの平田選手とともにナイスプレー連発しております。

【プロスピA】神里 和毅(S)2019 シリーズ1 [横浜DeNAベイスターズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。最近のプロ野球は沖縄が熱い!まだまだ本数は多くないものの、印象的なホームランを打つ選手。つまり記録よりも記憶系の選手。走力の78Bは素晴らしいものの、そのほかの能力はまぁほどほどが正直なところ。でも、こんな数値の感じがしないのが不思議なところ。

【プロスピA】丸 佳浩(S)2019 シリーズ1 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。ジャイアンツ愛がそうさせるのか、すでにチームに馴染みまくりすてぃー。2年連続MVPはチームが変わっても凄かった!丸選手の打順付近の選手には間違いなく何かしらの影響があるのだろうとしか思えない、今シーズンの坂本選手の記録。センターの守備適性が昨シーズンの84Aから78Bに大幅ダウン。

【プロスピA】青木 宣親(S)2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。いつまで(失礼)打ち続けるのか。阪神鳥谷選手や田中浩康さんなど早稲田時代の同世代にも着実に立ち位置の変化がある中、この人だけは絶え間ない、まさにハウエバー。 昨シーズンは生粋のヒットメーカーも年齢を勝手に加味してメジャー帰りでどこまでできるのかなーくらいに思ってましたが、ジャパニーズ土下座。

【プロスピA】野間 峻祥(S)2019 シリーズ1 [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。シーズン開始前より丸選手の移籍によりフューチャーされてましたが、お見事です野間選手。ガラ空きになったセンターに強肩を引っさげて君臨。 やはりポジションがあけば必ず登場してくるプロの世界は厳しい。肩は昨シーズン同様90S。ちなみに昨シーズンよりもミートとパワーが少しアップ。

【プロスピA】オコエ 瑠偉(S)2019 シリーズ1 [楽天イーグルス]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。平石監督のPL感からか、見た目の派手さではなくプレーの華やかさで目を惹くオコエ選手!セーフティーバンドをした後の走力、凄まじいものがあります。まるで9.99。今シーズンはルーキー辰巳選手との併用などありますが、この人たちがダイヤモンドを揃って駆け回る日は遠くない、そう予感させてくれる今シーズン。

【プロスピA】加藤 翔平(S)2019 シリーズ1 [千葉ロッテマリーンズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。背番号10といえば大松選手でしたが、これからは加藤選手! 今シーズン序盤のホームランが印象的で、パワーもありそうな感じですが何より足が速い。 個人的に小さな驚き、体は大きくて183cm。つまり足が速くて大きいロッテ感。 今シーズン、どこまで飛躍するか期待しましょう!!

【プロスピA】西浦 颯大(S)2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。オリックスのニューカマー、西浦選手!待望の初登場!! 今シーズン輝きちゃかしている19歳!もちろんまだまだこれからの部分は大いにあるので、現状の能力は高くありませんが、ヤクルト村上選手同様、自チームで育成枠(やがて能力が上がってくる選手を事前に集めておく)が可能な方には必須な選手。

【プロスピA】西川 遥輝(S)2019 シリーズ1 [北海道日本ハムファイターズ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。いくつかの朗報です!まず、パワー69Cから70Bへ。そして走力86Aから87Aへ。 そしてセンターの守備適性が71Bから80Aへ。そして捕球、スローイング、肩力など大幅にアップしてます。ここまでテンションの上がるアップは久々ですね!

【プロスピA】柳田 悠岐(S)2019 シリーズ1 [福岡ソフトバンクホークス]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。ソフトバンクからMR.ロマン柳田選手! この圧巻の能力はもちろん、ファン待望の守備適性がDからCにアップ! 昨シーズンGG賞も獲ったのでもう少し欲しいのは正直な所ですが待望ですね。 打撃能力は間違いなし。ゲーム内、なぜかフェイスガードはしてないですがお待ちしてます!

【プロスピA】秋山 翔吾(S)2019 シリーズ1 [西武ライオンズ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。強力なセンター陣の中、ヒットメーカー!昨シーズンとの違いは攻撃面では走力が+2。守備面が残念ながら適正-1でAからBに。肩も85Aから74Bと大幅ダウン。。センターは秋山選手固定の方も多かったと思いますが、これで少し揺らぐ可能性もありですね。ただ圧倒的なミート力+特殊能力「超アベレージヒッター」は圧巻!

【プロスピA】藤川 球児(S)2019 シリーズ1 [阪神タイガース]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。松坂世代の現役投手!昨シーズンは再び輝きを取り戻しました。今シーズン、一度は2軍での調整があったものの今シーズン再び輝くか。TSいずれはOBでの登場が間違いない投手。 Sランクとは言わずともAランクは集めて置いて損はないかと思います。

【プロスピA】ロドリゲス(S)2019 シリーズ1 [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。キャップを脱げばゴールドヘアーでびつくり仰天のロドリゲスさん。 最近多くなってきた?外国人左腕の豪速球型。ただ他の投手と比較して、少し球種が少ないのが気になるところ。ただおそらくツーシームは威力抜群。

【プロスピA】砂田 毅樹(S)2019 シリーズ1 [横浜DeNAベイスターズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。普段は可愛い写真はいかつい、どんな場所でも投げている印象のある砂田投手。若手左腕が豊富なDeNAの中でも中継ぎ特化型としては貴重な存在。全方向にある変化球の中、スライダーが際立ってます。 これからまだまだ伸びてくるであろう存在。ゲットすれば育てたい!

【プロスピA】中川 皓太(S)2019 シリーズ1 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。制球型の投手は今シーズン、中継ぎとしてフル回転。 どのくらいまで成績を伸ばすかはまだわかりませんが、期待値を込めて置いておくのも悪くない投手。 変化球種がスライダー系はなく、スラーブとシュートというのがポイントだと思います。 操作性がハマれば間違いなく強い中継ぎ。

【プロスピA】中尾 輝(S)2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。とても球種の少ない投手で、ゲーム的に使い勝手が中々難しのが正直なところ。 実際の試合でもこの球種で乗り切ってるということは、それぞれの球種の質が高いのでしょう。 左腕を補強したい方にはいいかもです。