プロ野球スピリッツA一覧

【プロスピA】才木 浩人(S)2018 Series2[阪神タイガース]の評価・ステータス

俺的評価 7.5/10点。若手が伸びない球団と言われ、金本さんの熱指導も賛否を生み、そして矢野さんにバトンが渡りました。金本イズムは引き継ぎながらも、ノビノビ野球は功を奏すのか。藤浪投手とともに、躍動系の先発投手として期待値は高い。ですがまだ能力的にはBに乗っていないので、もう何声も欲しいのが正直な所です。

【プロスピA】吉見 一起(S)2018 Series2[中日ドラゴンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。昨年の松坂投手、レジェンドたちの引退、そして今年の根尾くんと話題が尽きない中日ですが、そのレジェンドたちと妙に強い中日を作っていたのがこの吉見投手。今でも精密機械、制球ナンバーワンで名前が上がるほどの投手。制球78Bに称号をつけてAにしたい。意地でも。

【プロスピA】濱口 遥大(S)2018 Series2[横浜DeNAベイスターズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。個人的には2017の日本シリーズでの素晴らしいピッチングが印象的すぎてAランクの濱口投手を溜め込んでます。2018シーズンでは残念ながら成績落としてましたが、横浜の若手左腕の切磋琢磨で伸びないのは考えずらい。あの投球を再び!!

【プロスピA】メルセデス(S)2018 Series2[読売ジャイアンツ]の評価・ステータス

シーズン2でも新戦力で登場してましたが、今回正式なスピリッツ2900で登場。個人的に速いストレートとチェンジアップの緩急は、セ・リーグのバッターが苦手としている印象があるので、ズバリはまっている印象です。おそらく原新体制でも勝ち星を担う投手だと思います。

【プロスピA】石川 雅規(S)2018 Series2[ヤクルトスワローズ]の評価・ステータス

俺的評価 7.5/10点。ベテラン。こちらずっと昔から見てる気がする投手です。小さな巨人。速い球は投げれなくても、小柄でもこんな風にプロでもやっていけるのだ、ということを体現されている方ですね。正直、ゲームでは割と打ちやすかったりしちゃうのですが、投げる方からすれば緩急をつければ打ち取れます。ヤクルト純正の方にとってはレジェンド。それ以外の方にとってももはやレジェンドです。

【プロスピA】岡田 明丈(S)2018 Series2[広島東洋カープ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。2017シーズンの活躍からしたら2018シーズンは少し物足りなかった印象です。そんな中でも優勝しちゃう広島は強いですね。終盤は中継ぎもしてたので適正ついてますが、来シーズンは先発で勝負でしょうか。丸さんが抜け、長野さんが入り、よりニュースで見る機会も多いですが、明るいムードの広島はやはり生え抜きが頑張ってこそ。ただゲーム的には変化球の少なさが厳しい。。

【プロスピA】古川 侑利(S)2018 Series2[楽天ゴールデンイーグルス]の評価・ステータス

俺的評価 7.5/10点。2018シーズンで見事初勝利してます。正直あまり知らないのでペラペラになっちゃいますが、中継ぎ適正もSなのは見落としたくない所ですね。先発が難しくても中継ぎで跳ねる場合多々あります。

【プロスピA】山岡 泰輔(S)2018 Series2[オリックス・バファローズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。期待値も込めて。同じチームの山本くんと同様、金子・西の2投手の穴を間違いなく埋めるでしょう。ストレーろの球威など少し物足りない部分もありますが、なんせまだ若いですし。この山岡くんと言えばスライダー。リアル対戦でも5本の指に入るくらい嫌なボール。育てていきましょう。きっと勝ち頭になります。

【プロスピA】村田 透(S)2018 Series2[北海道日本ハムファイターズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。個人的には日本(巨人)でダメで、なぜかアメリカで良くていつの間にか日本ハムにいたそんな印象です(ペラペラですみません)。日本ハムはメジャーとも近い感じがすごいですね。この村田さんは中継ぎ適正Aなので、中継ぎとしての変化球で見ればいいと思います。

【プロスピA】ミランダ(S)2018 Series2[福岡ソフトバンクホークス]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。シーズン途中からの登場ながらも、さすがソフトバンクといった所でしょうか。今シーズン終了時点ではこの能力なのであまり強さは出ていないものの、きっと2019シーズンでは強力な投手になるはずです(多分)。個人的には当たれば限界突破用に置いておくのもいいかと思います。

【プロスピA】十亀 剣(S)2018 Series2[西武ライオンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。入団した当初はいい投手が出てきたという印象でしたが、残念ながら2018シーズンも負け越し。来季は投手陣からも菊池くんが抜けてしまったり、先発陣の奮起が必要なので是非にも頑張って欲しい投手の一人です。あとゲーム的には中継ぎ適正もあるので、割と使いやすい印象です。

【プロスピA】2018 OB第4弾の俺的あたりランキング!

G.G.佐藤(西)多村(ソ)金石(日)石嶺(オ)伊良部(ロ)有銘(楽)川口(広)岩村(ヤ)仁志(巨)鈴木尚(De)立浪(中)田淵(神)今回もあくまで個人的見解で俺的あたりランキングを作ってみました。個人的なチーム編成部分が入ってるので、お気に召さない方もいると思いますが、大目にみてください!それでは、いってみよう!

【プロスピA】田淵 幸一(S)2018 Series2 OB [阪神タイガース]の評価・ステータス

俺的評価 9.5/10点。捕手の田淵さんです。捕手を誰にするか、そしていかに手に入れるか、というのはこのプロスピの悩ましい部分であり、醍醐味でもあると思います。現役でも森くん會澤さんなどいますが、やはり突出した能力を求めるときはOBに限ります。古田、城島、ノムさん、阿部ちゃん、そしてこの田淵さんですね。肩力もいいので、ぜひ狙っていきたい選手ですね。

【プロスピA】立浪 和義(S)2018 Series2 OB [中日ドラゴンズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。PLの縦社会を感じさせるミスターツーベース(怖)。名の通りツーベースが印象的ですが、改めてみると守備が魅力的。サード、セカンドはもちろんショート、レフトもCです。称号までいければミートもA狙えるわけで、見栄えも良くなります。繰り返しになりますが、これだけ守れる選手はベンチにも置いておきたい。中弾道なので、どのくらい打球が飛ぶかですが、割と今回の狙い目だと思います。

【プロスピA】鈴木 尚典(S)2018 Series2 OB[横浜DeNA]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。マシンガン打線の象徴。首位打者。この方は顔もフォームもちゃんと似てます。何よりミートの高さ。ただ守備が残念なのと、DeNA的には筒香選手との被りがあったり、使い方がちょっと難しいかも。。でもアベレージヒッター持ちは貴重です!

【プロスピA】仁志 敏久(S)2018 Series2 OB [読売ジャイアンツ]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。名手。巨人のセカンドはこの方からポッカリ空いてるしまったような気がするくらい、巨人の顔でした。一番仁志。何より捕球が90Sです。Sに乗ってるのをみると圧巻ですね。ジャイアンツ愛の方々は間違いなく欲しい選手だと思います。

【プロスピA】岩村 明憲(S)2018 Series2 OB [ヤクルトスワローズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。岩村さんといえば超広角打法。そしてWBCのガッツポーズ。そしてレイズ。ちなみに今回はセカンド適性はなしです。現役サードは流動的な部分が多い気もしますが、OBは名選手が多いですね。今回は中村紀、原さん、掛布さんなどのアーチスト枠ではなく高弾道ですが、その分足もあるので、魅力的ですね。

【プロスピA】川口 和久(S)2018 Series2 OB[広島東洋カープ]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。ここでも広島、巨人ルートの方ですが、大きなカーブが印象的でしたね。個人的にはリアル対戦で打ちにくい印象です。Dカーブって打ちづらいですよね。逆に投げづらさも多少あるけど。球威のある左腕は打ちづらいので、ゲーム的には使いやすい選手だと思います。