プロ野球スピリッツA一覧

【プロスピA】鈴木誠也(S)2018 Series1 セレクション[広島カープ]の評価・ステータス

俺的評価 10.0/10点。三連覇を目指す広島の4番。パワーアップ間違い無し。4番なので難しいところもあるのでしょうが、トリプルスリーも行くでしょう。プロスピ的にライトは鈴木誠也は鉄板。阪神糸井と比較しても、のびしろ的にも鈴木君に軍杯。

【プロスピA】ボルシンガー(S)2018 Series1 セレクション[千葉ロッテマリーンズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.5/10点。開幕から突っ走り、最多勝を争うぐらいの投手であったこと。そしてゲーム的には来年もそれを続けてくれるのか、ということが気になるところ。2018series2で登場してくるのは間違いないので、その時の能力アップに期待大!

【プロスピA】大田 泰示(S)2018 セレクション [日本ハム]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。巨人→日本ハム。そんな選手でいえば古くは二岡選手。そして矢野選手。そしてこの大田選手。みんな活躍するのだから逆に巨人の重圧は凄いのだろうか。それとも環境が悪いのか。長髪で俳優さんみたいになっていますが、パワーに守備にと実力は本物でした。意外と守備が魅力ですね。

【プロスピA】岸孝之(S)2018 Series1 セレクション[楽天イーグルス]の評価・ステータス

俺的評価 10.0/10点。忘れられない西武時代、巨人との日本シリーズでのスローカーブ。「スローカーブを、もう一球」とは君のことか。しかし、地元仙台に戻り楽天で野球をするのだからたまらなくカッコいい。ゲームでの岸くんの凄さは対戦してみたらわかる。早いストレートにスローカーブが来たら追いつけない、というか合わない。

【プロスピA】榎田大樹(S)2018 Series1 セレクション[西武ライオンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。阪神からの移籍でまさかの活躍。やはりチームっていうのは大事なのだと教えてくれた苦労人。元々、多彩な変化球とキレで勝負の投手ですが、味方に強力打線がいる今のチームではスイスイと投げてます。確かに打てないチームで投げるのとは違うんでしょう。中継ぎもできるので重宝しますね。

【プロスピA】柳田悠岐(S)2018 series1 セレクション [ソフトバンク]の評価・ステータス

俺的評価 10.0/10点。もう凄いの一言。トリプルスリーならぬ、トリプルエー。AAA。かつて小久保さんがこれから期待する選手に柳田選手を挙げてたのが懐かしい記憶。トリプルスリーだけではなく、タイトルも獲っちゃう球界最高峰選手。何より楽しそうにプレーをしてる姿にグッとくる。

【プロスピA】鳥谷敬(S)2018 Series1 TS[阪神タイガース]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。阪神の中ではレジェンドですね。近年、使われ方が微妙で活躍難しそうですがコンスタントに出続けるイメージです。 正直、ゲームの遊撃手としては突出した能力は見つかりませんが、阪神の遊撃手なら鳥谷か平田勝男、打撃優先なら真弓くらい。 だったら鳥さんでしょう。

【プロスピA】井口資仁(S)2018 Series1 TS[千葉ロッテマリーンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。なんであの井口がこんな感じ?? と思ったのも束の間。 そう、僕が思っていた井口はダイエー時代の井口選手だったのです。 今回の井口選手はメジャー帰りのロッテ時代。 なんかメジャーに行った内野手で唯一活躍したと言っても過言じゃない選手。

【プロスピA】藤井康雄(S)2018 Series1 TS[オリックス・バファローズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。イチローが登場する前のオリックスの選手って感じですが、アーチスト持ちの外野手(右翼手)ですね。 1990年当時の記憶はあまりないのですが、1995年「がんばろう神戸」の年に優勝の決まった試合でウィニングボールを捕球した事が印象的です。

【プロスピA】西口文也(S)2018 Series1 TS[埼玉西武ライオンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。キレッキレのスライダーと左に流れまくりの投球フォームっていうイメージ。 ただこちらも少し残念なのは、スライダーの曲がりはMAXなのにBだということ。ちなみに寸評にもありますが、最多勝、最多奪三振、最高勝率で沢村賞を獲ったみたい25歳で。昔はいい投手いっぱいですね。