選手名鑑一覧

【プロスピA】長野 久義 (S) 2019 シリーズ1 [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 8.4/10点。長野さん。残念ながら現在は2軍で調整中です。ただし、昨シーズンまでの新井さんの年齢に比べてもまだまだ若い。もちろんこのままではなく、まだまだ期待していい選手。ゲームでの使用はもちろん、リアル野球でも活躍する姿を見たい。広島浮上の鍵は長野さんにあると言っても過言ではない。お待ちしております。

【プロスピA】藤田 一也 (S) 2019 シリーズ1 [楽天イーグルス]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。ベテラン藤田選手。適性は遊撃手で登場ですが、二塁も限界突破なしで可能です。 そして守備力抜群。現在楽天の二遊間は茂木選手、浅村選手で強力なので、スタメンという立ち位置ではありませんが、まだまだ活躍のベテランです。特殊能力に守備職人あり。

【プロスピA】荻野 貴司 (S) 2019 シリーズ1 [千葉ロッテマリーンズ]の評価・称号

俺的評価 9.4/10点。今シーズンついにきました。昨シーズンからのミート74Bから77Bの3アップ。2019シリーズ1の登場7/22現在、首位打者を走っております。走力はそのままに打率が残っていく、こんな理想形があっていいのか!? いいんです!そうです、背番号4の時代から野球ファンが追い続けていた荻野選手の完成形。

【プロスピA】大城 滉二 (S) 2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。セレクション第一弾にも登場した今シーズン躍動中の大城選手。正直これまでは守備の方という印象が強かったですが、もちろん守備力はそのままに打力(特にミート63C→70B)が大幅アップ!そして適性は遊撃手に変更になってます。高い守備能力のおかげで、限界突破なしで二塁手も可能。

【プロスピA】清宮 幸太郎 (S) 2019 シリーズ1 [北海道日本ハムファイターズ]の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。ハムのニュースター清宮選手。今シーズンヤクルト村上選手の活躍もあり、どんどん期待値も上がる清宮選手。実際に阪神藤川投手も凄い打者だと認めていました。やはり雰囲気はあります。プロスピ的でのゆったりとしたフォームも雰囲気あります。 高弾道でも良いのですが、もう少し打球が上がってくると嬉しい。

【プロスピA】釜元 豪 (S) 2019 シリーズ1 [福岡ソフトバンクホークス]の評価・称号

俺的評価 8.8/10点。ソフトバンクの新星、釜元選手。顔、シルエット、雰囲気、すべてにおいてニュースター感。 正直、いますぐにオーダーに入れたい即戦力ではない。ただここからの伸びしろは間違いない。 ギータのいない現状をチャンスでもあると言い切ったメンタル。 ダイアモンドを駆け回る姿。間違いなしのロマン枠。羨ましい。

【プロスピA】メヒア (S) 2019 シリーズ1 [西武ライオンズ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。和製強力打線の中での助っ人枠、メヒア選手です。なんと言っても強力西武打線。どすこい山川選手も絶好調の中、登場機会をうかがう助っ人。この強力打線が仕上がってきたここ数年、反対に残念ながら成績が落ちています。元々は30本を超える本塁打を打っていた助っ人選手。

【プロスピA】ジョンソン (S) 2019 セレクション [阪神タイガース]の評価・称号

俺的評価 9.6/10点。阪神からPJジョンソン投手。 助っ人右腕、ついにセレクションで登場。恐るべきは防御率とパワーカーブ。 助っ人外国人で登場した際のジョンソン投手で試しましたが、このパワーカーブはゲームでも健在です。 野球界の働き方改革『自己申告での休み』で打たれる前に休む!判断で防御率も未だ0点台を記録。

【プロスピA】高橋 周平 (S) 2019 セレクション [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 9.3/10点。中日から、ついに開花との声が聞こえる高橋周平選手。 今か今かと待ちわびていた高橋くんの覚醒。いや、覚醒ではない。ついに本調子になったのだと解説陣も口を揃える背番号3。 どっしりと構えているフォームたるや、強打者のあれでしたが、今シーズンは何かが違う!

【プロスピA】今永 昇太 (S) 2019 セレクション [横浜DeNAベイスターズ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。 まだまだ今シーズンを見ると物足りない。でも、そうなんです。そもそもシリーズ1ではとても能力が落ちたんです。シリーズ1登場時では 71B 65C 71Bでした。そこから見ると大幅アップです。 もちろんまだまだ物足りないのですが、本来の姿を取り戻したピッチングを見ると胸が高鳴りますね。

【プロスピA】中川 皓太 (S) 2019 セレクション [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 9.2/10点。ポリバレント・クローザーと呼ばれ今シーズン大活躍の中川投手、抑えで登場です。(ポリバレントは下記参照) シリーズ1での70B 75B 66Cより大幅アップです。 原監督には目力だけじゃなく、やはり采配能力もある。そんなことを思う7月中旬。

【プロスピA】山田 哲人 (S) 2019 セレクション [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。ヤクルト、そして球界のスターこと山田選手。 結局皆さんこの人を狙っていると言っても過言ではない選手の一人だと思います。 何よりオールAは魅力です。セカンドは名選手揃っていますが、やはり抜けている選手。 こうして写真を見ると全身を使ってるから、あんなに打球が飛ぶのかと再確認。

【プロスピA】鈴木 誠也 (S) 2019 セレクション [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。最高でぇす!鈴木誠也選手。 シリーズ1では80A 81A 72Bでしたが、まだ能力を上げて登場です。能力は申し分なし!練習の虫!まだまだ成長の可能性しかないこの選手、どこまで能力を伸ばしてくれるのかまだまだ楽しませてくれそうな選手。ジャパンのライトは決まりでしょう。

【プロスピA】ブラッシュ (S) 2019 セレクション [楽天イーグルス]の評価・称号

俺的評価 9.3/10点。今シーズンすでに3度目の登場、ブラッシュ選手! ただシリーズ1通常では59D 77B 65Cからの69C 80A 66Cとなってます。 まさにブラッシュアップ! もう写真ではつっこまないぞ!と誓うくらい見慣れてきました! 打ち始めると止まらないホームランブラッシュ。

【プロスピA】益田 直也 (S) 2019 セレクション [千葉ロッテマリーンズ]の評価・称号

俺的評価 8.8/10点。セレクションでロッテから益田投手! 中継ぎよりも守護神感ありますが、何よりシンカーに始まり変化球の豊富さ。投げてて、打たれる気がしないくらい狙いを外していけるカットとシンカーの組み合わせ。 ただ個人的には配球が苦手なシンカー系投手。

【プロスピA】大城 滉二 (S) 2019 セレクション [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 8.6/10点。セレクションに今シーズン躍動中の大城選手。 正直これまでは守備の方という印象が強かったですが、もちろん守備力はそのままに打力(特にミート)が大幅アップ! 2019シリーズ1ではまだ未登場なので、嬉しい能力アップですね。しかも適性が三塁手から遊撃手に変更になってます。限界突破なしで二塁手も可能。

【プロスピA】有原 航平 (S) 2019 セレクション[北海道日本ハムファイターズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.8/10点。シリーズ1ではまだ登場してなかったので、セレクションで初登場。Mr.コンスタントな印象から、今シーズンはエース級の働き。 残念ながら上沢投手がいなくなってしまったこれから、まさにエースとしての力量が試されます。ズバッと決まる速球を見てたら中々打てないのがわかります。

【プロスピA】今宮 健太 (S) 2019 セレクション [福岡ソフトバンクホークス]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。セレクション第一弾、ソフトバンクから今宮選手! 残念ながらオールスターに選ばれたもののケガの影響もあり欠場。。ギータも同様で、今年のホークスはケガの多さもあり昨シーズンまでとは登場メンツも少し変わってくるかもですね 今宮選手に話を戻すとシリーズ1より大幅にミートアップしてます。

【プロスピA】山川 穂高 (S) 2019 セレクション [西武ライオンズ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。セレクションでついに、どすこーーい!!もはや公認ポーズ。 今年はシーズン序盤から大爆発!少しホームランが出てないと思ってもすぐ打ちます。 まだまだシーズン本塁打記録を塗り替える可能性はあります。 今シーズンから魅力なのはなんと言っても弾道パワーヒッターからアーチストへの変更!

【プロスピA】福留 孝介 (S) 2019 シリーズ1 [阪神タイガース]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。EXにも登場していたドメさん。 例えスタメンではなくなっても、必ず勝負所で出てくる。そんな未来が少しづつ見えてきたような、見えてないような(どっち)そんな球団事情と福留さんの事情。 毎年TSでの中日福留選手の圧巻の能力に沸きますが、まだまだ能力的には申し分なし。