西武一覧

【プロスピA】秋山 翔吾(S)2018 ベストナイン [西武ライオンズ]の評価・ステータス

俺的評価 10.0/10点。2018年シーズンも大活躍でした。アベレージヒッターはご存知の通り、守備もとても上手い。数値を見た感じ、ミート力が高すぎて長打力がなさげに見えるかも知れませんが、弾道が高弾道のこともありホームランもよく打てます。称号がつけばミートパワーAになれる!柳田秋山の両選手がいるうちは、パの打撃部門は半端ないですね。センターは良い選手たくさんいますが、秋山選手は固定でいくべきでしょう。

【プロスピA】源田 壮亮(S)2018 ベストナイン [西武ライオンズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。2018 Series2 ベストナイン(ゴールデングラブ賞)から源田選手です。 昨年の新人王も今年は間違いなく強力打線に必要な選手。間違いないのは走力と守備力。ただゲームとして低弾道の選手は少し使いづらいのが正直なところ。。しかし、代走要因として考えれば評価は変わる!そのための評価9.0なのですが、超盗塁◎の走力86Aは現役トップクラス。盗塁王西川くんと争う『いだてん』間違いなしだしん!

【プロスピA】山川 穂高(S)2018 ベストナイン[埼玉西武ライオンズ]の評価・ステータス

俺的評価 10.0/10点。爆発。これに尽きますね。強力西武打線の4番。えぐいパワーとなってます!守備はご存知怪しさ満開ですが、この打力で現役ファーストは固いのではないでしょうか。今年のベストナインは西武勢がすごいですが、その真ん中にいるのがこの人と言っても過言ではございません。大当たり!特殊能力が超パワーヒッターではなく、超チャンス◎なのがどう出るか!

【プロスピA】木村 文紀(S)2018 Series2 [西武ライオンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。投手から打者転向の苦労人です。2018シーズンはサヨナラホームランなど印象的な場面もありました。2019シーズンは同ポジションの金子侑選手の気合の入り方も凄いので争いは熾烈ですが、身体能力の高さで魅せてくれるでしょう。プロスピ的には使いどころは難しいですが。。

【プロスピA】中村 剛也(S)2018 Series2 [西武ライオンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。最近、落合さんの認めるスイングがおかわり君だとニュースになってましたね。弧を描くとはこの事かという、打球の上がり方はパワーはもちろんアーチスト性を感じます。4番に山川くんが座っても、この人が6番とかにいる怖さは凄まじい。サードを現役で考えると魅力的な選手です。

【プロスピA】石井 丈裕(S)2018 Series2 OB[西武ライオンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。早稲田実業で荒木大輔さんの控え投手だった方ですね。写真だけ見ると西武時代の岸投手のようなシルエットですね。背番号11、KISHIとISHII、そしてフォーム。 球種としてはパームが印象的ですが、スライダーとシュートを持ってて、個人的には投手王国時代の西武投手の持ち球という印象です。

【プロスピA】金子 侑司(S)2018 Series2 [西武ライオンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。どう起用するかにもよりますが、12球団でチーム編成している方など代走にはマジで持ってこいですよね。走力は申し分ない82Aですが、特殊能力も込みで考えると素晴らしいっす。今シーズン少し苦戦でしたが盗塁は30越え。塁に出ると本当に脅威です。日本ハムの西川選手と争うスピードスターですね。

【プロスピA】栗山 巧(S)2018 Series2 [西武ライオンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。日本一を知る選手でありながら、2018年シーズン再び優勝ですね。栗山選手といえば現在主流になりつつある、打つ2番打者の先駆者のでしたよね。かつての西武打線再びのような今年の打線でした。ベテランになりDHでの登場も多くなってますが、何より生え抜きの選手。ずっと持っておいても間違いなくTSなど登場あると思います。

【プロスピA】牧田 和久(S)2018 Series2 WS[西武ライオンズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。西武のサブマリン、そして日本代表のサブマリンとして世界相手にも君臨していましたが、今年メジャーではなかなか厳しい戦いが待っていました。外国人バッターは苦手な投手かと思っていましたが、アジャストしてくるんですねメジャーの奴らは。牧田くんも34歳。こんかいの牧田くんは27歳ですが。また日本で見たいな。

【プロスピA】ヒース(S)2018 Series2[西武ライオンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。元広島からのBCリーグからの西武ですね。外国人特有の(個人的に)ナックルカーブとツーシームあります。変化量がそんなに大きくないので、ディクソンまではいきませんが、その分スライダー生かしで勝負できそうです。

【プロスピA】秋山 翔吾(S)2018 Series2 [西武ライオンズ]の評価・ステータス

俺的評価 10.0/10点。2018年シーズンも大活躍でした。ベストナインに最多安打にゴールデングラブ賞。アベレージヒッターはご存知の通り、守備もとても上手いですね。数値を見た感じ、ミート力が高すぎて長打力がなさげに見えるかも知れませんが、弾道が高弾道のこともありホームランもよく打てます。アベレージヒッターの固め打ちでリーグオーダーにもいい選手です!

【プロスピA】榎田 大樹(S)2018 Series2[西武ライオンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。シーズン投げ切りました。そして、プロ初の二桁勝利。最終的に11勝しました。阪神でもルーキからの1、2年が活躍していた印象でしたが、こんなに投げたのは初めてだと思います。なんせ強力打線、投げる気持ちも違うのかも。ピンチに強く中継ぎもいけるので、中継ぎ候補でもオッケーですね。

【プロスピA】鈴木 健(S)2018 OB [西武ライオンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。個人的にはなぜかヤクルト時代の印象が強く残っているのですが、ヒットメーカーという印象です。カムバック賞を受賞されてたのが印象的だったからかも!ミートAに乗ってないのが残念ですが、西武の背番号8といえばまだ鈴木健の印象が残ってるくらいかっこよかったです。

【プロスピA】今井 達也(S)2018 Series2[西武ライオンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。素行不良での謹慎もありましたが、今シーズン何よりCSで投げた経験は素晴らしいものがあるでしょう。辻監督の涙しかり、菊池雄星と浅村くんの移籍しかり次第にチームの顔になっていくのでしょう。それにしても、まだ覚えている高校時代。時の流れとは早いものである。

【プロスピA】メヒア(S)2018 Series2 [西武ライオンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。今年は優勝した西武でもここ何年かはそんなに働いていない印象。一塁手の山川君の登場とともに出ていない印象でもあります。しかし、パワーヒッターであることに違いはない。コストも25と少し低めです。

【プロスピA】菊池雄星(S)2018 Series2 先発[西武ライオンズ]の評価・ステータス

俺的評価 10.0/10点。本当にいい投手になりました。左の速球派としてなんとなく石井一久みたいになるのかなと思っていたらなんのその、制球もいいから驚きです。しかもノビがハンパない。しかし!メジャー行くのではないのか?速攻シルエット?使えるのか?めちゃめちゃ能力高い選手だけに、昨年の大谷現象になるのか否か。

【プロスピA】浅村栄斗(S)2018 Series2 [西武ライオンズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.5/10点。今年の西武優勝の立役者。そしてFA。このFAでどこへ行くのか。それによってどこの自チームになるのか!?特に楽天あたりの方は今のうちに狙っておくのもアリですね。今年の活躍は凄まじいものがあったので、来年の能力はここから上がるでしょう。おそらくベストナインも来るでしょう。Aに乗るか。