NEW! セレクション第1弾 登場選手更新中!

コスト27

スポンサーリンク
2020 S1

【プロスピA】塩見 泰隆 (S) 2020 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 8.4/10点。今シーズンのヤクルトは上位打線が固定されているので、どう食い込んでいくかが難しいチームにもなっていますが、驚異の足を持つ男塩見選手。運動神経が良さそうな雰囲気ムンムン。
2020 S1

【プロスピA】井領 雅貴 (S) 2020 シリーズ1 [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 8.2/10点。中日には大島選手の影響もあるのか、あまり大きくないけどヒットメーカー的な人が多いなという印象。社会人→プロでバランス良し。
2020 S1

【プロスピA】堂林翔太 (S) 2020 シリーズ1 [広島東洋カープ] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。逆の意味でどう知っちゃたんだ感の堂林選手。開花と言っていいのか。新・神ってると言って言っていいのか。もはや新神。7月現在打率ランキングで首位にいる堂林さん。
2020 S1

【プロスピA】高山 俊 (S) 2020 シリーズ1 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。昨シーズンは、ようやく苦労した年から解放されつつあった高山選手。この方がベテランを押しのけていかない限り得点力不足は続くのではないかという阪神打線。
2020 S1

【プロスピA】中島 宏之 (S) 2020 シリーズ1 [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 8.6/10点。今シーズンのナカジ選手を見てやはり誰もが思うのは顔がスリムになってる!ってことかと思います。石井琢コーチとの特訓で、これぞナカジ感あります。
2020 S1

【プロスピA】大城 滉二 (S) 2020 シリーズ1 [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 8.3/10点。ご結婚おめでとうございます。オリックスベンチにはバンダナの安達さんと編み込みの大城さんがいるなという印象であります。どうやら奥さんが編んでいるとかどうかのようです。すごし。
2020 S1

【プロスピA】横尾 俊建 (S) 2020 シリーズ1 [日本ハムファイターズ] の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。おかわり、寿司ボーイと「野球×ご飯もの」に欠かせないのはパワー!そんな中、じわじわときているような、きてないような、いや、きているおにぎり君。
2020 S1

【プロスピA】高橋 奎二 (S) 2020 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 8.1/10点。足上がりまくりスティ、ヤクルトには左のライアンこと高橋投手。高津監督の期待の投手。左投手で球が速い荒れ球系投手はそれだけでも魅力あります。
2020 S1

【プロスピA】山本 拓実 (S) 2020 期待の若手 [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 8.2/10点。昔は身長も大事だった印象もありますが、中日より登場の山本投手は167cm。大きい投手はもちろん打ちにくいですが、山本投手のように下から伸び上がってくるようなボールも打ちにくそうだなと思います。
2020 S1

【プロスピA】伊藤 裕季也 (S) 2020 期待の若手 [横浜DeNAベイスターズ]の評価・称号

俺的評価 8.4/10点。2軍で調子は上がってくるのでしょうか、昨シーズンは存分に沸かせてくれた伊藤選手。個人的には浅村選手への成長曲線が見える気もしているのですが、どうなのでしょうか。大きいのを打つその前にきちんとヒットがある選手。
2020 S1

【プロスピA】戸郷 翔征 (S) 2020 期待の若手 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 8.3/10点。なんとなく独特な投げ方ながら、ビュンビュンきてる感じのするストレート。まだまだ細い体は少し心配な部分もありますが、メジャーへ渡った山口投手直伝のフォークの成果か2020年シーズン、7月ですでに2勝してます。
2020 S1

【プロスピA】北浦 竜次 (S) 2020 期待の若手 [北海道日本ハムファイターズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。いつか化けるであろう、北浦投手。球威のある速球はどこまで球速も伸びるでしょうか。左腕で若干荒れ気味、でも直球にノビがあるそんな投手となると期待はせずにいられない原石感。
2020 S1

【プロスピA】川越 誠司 (S) 2020 期待の若手 [西武ライオンズ]の評価・称号

俺的評価 8.1/10点。山賊打線にまた1人強力な打者が加わりそうな予感ムンムンの川越選手。フォームには若干メジャーに渡った秋山選手の要素がある気もしつつ、スイングのパワーはそれとはまた違う破壊力。
2020 S1

【プロスピA】ボーア (S) 2020 シリーズ1 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。各球団の助っ人たちが徐々に活躍を始めているシーズン序盤、ファイヤーボールはなかなか見られませんボーア選手。内野ゴロを打った後の全力疾走など一生懸命なプレーには違いなし。
スポンサーリンク