コスト27一覧

【プロスピA】荻野 貴司 (S) 2019 シリーズ1 [千葉ロッテマリーンズ]の評価・称号

俺的評価 9.4/10点。今シーズンついにきました。昨シーズンからのミート74Bから77Bの3アップ。2019シリーズ1の登場7/22現在、首位打者を走っております。走力はそのままに打率が残っていく、こんな理想形があっていいのか!? いいんです!そうです、背番号4の時代から野球ファンが追い続けていた荻野選手の完成形。

【プロスピA】高橋 周平 (S) 2019 セレクション [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 9.3/10点。中日から、ついに開花との声が聞こえる高橋周平選手。 今か今かと待ちわびていた高橋くんの覚醒。いや、覚醒ではない。ついに本調子になったのだと解説陣も口を揃える背番号3。 どっしりと構えているフォームたるや、強打者のあれでしたが、今シーズンは何かが違う!

【プロスピA】ブラッシュ (S) 2019 セレクション [楽天イーグルス]の評価・称号

俺的評価 9.3/10点。今シーズンすでに3度目の登場、ブラッシュ選手! ただシリーズ1通常では59D 77B 65Cからの69C 80A 66Cとなってます。 まさにブラッシュアップ! もう写真ではつっこまないぞ!と誓うくらい見慣れてきました! 打ち始めると止まらないホームランブラッシュ。

【プロスピA】益田 直也 (S) 2019 セレクション [千葉ロッテマリーンズ]の評価・称号

俺的評価 8.8/10点。セレクションでロッテから益田投手! 中継ぎよりも守護神感ありますが、何よりシンカーに始まり変化球の豊富さ。投げてて、打たれる気がしないくらい狙いを外していけるカットとシンカーの組み合わせ。 ただ個人的には配球が苦手なシンカー系投手。

【プロスピA】大城 滉二 (S) 2019 セレクション [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 8.6/10点。セレクションに今シーズン躍動中の大城選手。 正直これまでは守備の方という印象が強かったですが、もちろん守備力はそのままに打力(特にミート)が大幅アップ! 2019シリーズ1ではまだ未登場なので、嬉しい能力アップですね。しかも適性が三塁手から遊撃手に変更になってます。限界突破なしで二塁手も可能。

【プロスピA】福留 孝介 (S) 2019 シリーズ1 [阪神タイガース]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。EXにも登場していたドメさん。 例えスタメンではなくなっても、必ず勝負所で出てくる。そんな未来が少しづつ見えてきたような、見えてないような(どっち)そんな球団事情と福留さんの事情。 毎年TSでの中日福留選手の圧巻の能力に沸きますが、まだまだ能力的には申し分なし。

【プロスピA】アルモンテ (S) 2019 シリーズ1 [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。どの球団にもある外国人枠。中日は目利きがよすぎて他球団から見ると贅沢を感じる、そんな気もしますね。これからどんな活躍をするかですが、オリックスへ移籍したモヤ選手のように。 そしてこのアルモンテヒゲ選手も7月9日現在、一軍へ戻ってきました。 昨シーズンの高打率が印象的でしたがシーズン序盤は苦戦。

【プロスピA】バレンティン(S) 2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。もちろん圧巻の強打者バレンティン。個人的にTSバレンティンを見てるのがタチが悪い。 ちなみにTSバレンティン81A 89A 67Cの圧巻の能力でした。 もちろんそれこそTSなのですが、現在のバレンティンも素晴らしいのですが若干ミートが足りないような錯覚を起こす贅沢病。

【プロスピA】西川 龍馬 (S) 2019 シリーズ1 [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。あの龍馬ではないと知りながらも、高知の風を感じる写真。かっこいい。 チームメイトが天才と口を揃える打撃センス。次第に試合でも見れるようになってきました。 この1年かかっても、来シーズンきっと首位打者争いをしてそうな予感しかしない。 あのインコースの捌き方を見ちゃうと惚れちゃいますよね。

【プロスピA】島内 宏明 (S) 2019 シリーズ1 [楽天イーグルス]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。楽天主軸の中で貴重な左打者。もちろん茂木選手などいますが、浅村選手とブラッシュ選手の間にこの人がおさまってくるとバランスの良さがより保てそうな気がします。 大きいのはなくても守備適性もBといいので、チームの中でバランスを作ってくれそうな選手。 チャンスに強いのもいいです。

【プロスピA】角中 勝也 (S) 2019 シリーズ1 [千葉ロッテマリーンズ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。シーズン序盤、ケガなどもあり調子を落としていた角中選手。 ただ7月頭戻ってきて速攻活躍。やはり元々はかなりの安打製造機。ミートの高さと変態打法(悪球打ち)は思わず笑ってしまうレベル。天性のミート力でこそなせる技。ロッテ自体の調子もなかなか上がってこない中、やはりこの方の重要性は上がってきます。

【プロスピA】吉田 正尚 (S) 2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。EXにも登場してましたがMr.ロマン、小さな巨人、吉田正尚選手! 何と言ってもより欲しさが増すアーチスト。 何よりも昨シーズンは初めての年間通しての活躍でベストナインも獲得。野球好きなら誰しもが欲しい、選手の一人。 ちなみに今シーズンは正直思っていたほどの爆発は未だなし。

【プロスピA】近藤 健介 (S) 2019 シリーズ1 [北海道日本ハムファイターズ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。EXにも登場してました、球界を代表するヒットメーカー。 今シーズン序盤はあまり打率が上がってこない感じでしたが、6月も中盤になろうかというこの時期。気がつけばアベレージは上位争いしてらっしゃいます。圧巻。 シーズンではサードを守ることも出てきてますね。

【プロスピA】グラシアル (S) 2019 シリーズ1 [福岡ソフトバンクホークス]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。当然ながら昨シーズンより大幅アップ。ボクサーのグラシアル選手です。 昨シーズンは69C 69C 65CというオールCだったので、オールBの今シーズンです。 もちろんAに乗ってきてもおかしくない活躍ですが、キューバへの帰国もありシーズン通してどこまで記録が伸びてくるか。

【プロスピA】大野 雄大(S)2019シリーズ1 [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。口から生まれたサウスポーこと大野投手。中継など見てるととても良い球。でもなぜか打たれるそんな印象。 実際に抑えている時は凄まじい球いってます。あれよあれよで気づけば30歳越え。 中日はベテラン投手陣が活躍する球団なので、年齢は問題ないでしょうがそろそろ勝ち星が上回る投球を見たい。

【プロスピA】メルセデス(S)2019 シリーズ1 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。個人的な使用感として、とても投げやすいメルセデス投手。 リアル野球としては、勝ち負けトントンな感じです。 ただ話をゲームに戻せば、速いストレートとチェンジアップの組み合わせは抜群。 限界突破必要ですが、中継ぎでの起用も可能。

【プロスピA】原 樹理(S)2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。エキサイティングでの登場から早速登場です。今シーズンヤクルトを支える投手になりそうな序盤から、あともう少しな印象は拭えないのが正直な所。中継を見る限りですが、良い球もありながら、何故か打ち込まれているそんな印象です。ただし、彼を見つめるのは久慈アナ。名実ともにヤクルトの顔となる日は近いはず!

【プロスピA】野村 祐輔(S)2019 シリーズ1 [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。打ち込まれてしまい、現在二軍調整中です。 無双状態だったコントロールもあったはずですが、パワーのある打線に打ち込まれる傾向があるような気もします。ゲームでも、僕の配球の悪さからか中々打ち取りにくい印象。 このあたり、制球型の難しさかもしれないです(個人的感想)。

【プロスピA】涌井 秀章(S)2019 シリーズ1 [千葉ロッテマリーンズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。海の向こうのダルビッシュくんと、今はオリックスの成瀬さん、そしてこの涌井投手と、パ・リーグの投手部門を争っていた頃が本当に懐かしい。ただ、まだまだこうやってスタミナ満開で頑張っておられるんです。変化球の変化などが若干物足りなさはあるものの、球威・制球・スタミナ・捕球・スローイング・肩力は本当に申し分なし!

【プロスピA】山本 由伸(S)2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。エキサイティングに登場して、早速の登場です。 その際にも書きましたが、好投するもなかなか援護に恵まれないそんな印象。 ついには完封で勝ち星を挙げてました。たしかにそうだ!援護がないなた0に抑えればいい。 能力は大谷サンも球界のレジェンドたちも口を揃えて認める逸材。