NEW! 俺的 期待の若手ランキング!

TS

スポンサーリンク
2020 S1

【プロスピA】俺的ランキング TS タイムスリップ 第3弾 2020!

シーズン始まりましたが、今回はTS第3弾がやってまいりました。やはり唯一無二感があるのは特に松井稼頭央選手!そして金子投手!欲しい!

2020 S1

【プロスピA】ラミレス (S) 2020 TS [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。選手として一流、監督も賛否ありますが成績としてはきっと一流。DeNAの外国人選手の活躍っぷりを見ると、やはりラミちゃんは凄いのだと感動レベル。ヒゲのラインが若さを感じます。
2020 S1

【プロスピA】パウエル (S) 2020 TS [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。外国人OBで登場したパウエル選手ですが、叩き出した半端ない打率で圧巻のミート力を提げての登場です。リーグ戦などアベレージヒッターが生み出す打線は魅力あります。
2020 S1

【プロスピA】佐々岡 真司 (S) 2020 TS [広島東洋カープ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。ゲームでも対峙して初めてわかる打ちにくさ。球種が少ないのに、なぜか打てない謎。先発も抑えも、限界突破次第では中継ぎも可能な無敵感溢れる佐々岡投手。
2020 S1

【プロスピA】矢野 輝弘 (S) 2020 TS [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 9.6/10点。矢野ガッツ前の矢野さん。やはりイケメン。チャンスに強いバッティングかつ捕手能力も安定的なものがありながら、やはり魅力溢れるのはアベレージヒッターでもあること。
2020 S1

【プロスピA】内川 聖一 (S) 2020 TS [横浜DeNAベイスターズ] の評価・称号

俺的評価 9.9/10点。横浜時代を忘れちゃうくらい生涯ホークス感のある内川選手。横浜時代は特に安打製造機感が凄まじかったです。なんせ称号までいければミートSも可能なミート88A。
2020 S1

【プロスピA】内海 哲也 (S) 2020 TS [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 9.9/10点。涙の印象も強い内海投手でありますが、それ以上に個人的にスクリューの印象も強い。Dカーブの印象もありますが、やはりフォークがあるのが使用感抜群。
2020 S1

【プロスピA】金子 千尋 (S) 2020 TS [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。待ってましたとばかりの登場、オリックス時代の金子投手。まさに変幻自在とはこの事かというくらいの、変化球たち。第一球種だけに惑わされてはいけない、第二球種の厚み。
2020 S1

【プロスピA】糸井 嘉男 (S) 2020 TS [北海道日本ハムファイターズ] の評価・称号

俺的評価 9.7/10点。トリプルスリーも狙えるであろう期待感と宇宙感があった若き日の糸井選手。と書きながら、30歳ということに若干の驚きもありますがまだまだピチピチの走力。そしてミート。
2020 S1

【プロスピA】大谷 智久 (S) 2020 TS [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。報徳学園の星こと大谷選手。現役時代は数値にも現れていますが、制球力の高さがズバッときてました。球種も抱負。称号まで行ければ球威と制球共にAも狙える貴重な投手!
2020 S1

【プロスピA】斎藤 隆 (S) 2020 TS [楽天イーグルス] の評価・称号

俺的評価 8.7/10点。メジャー帰りの大ベテラン斎藤さんです。やはりチームにベテランは必要だと思うほどの、安心かつ引き込まれる笑顔でした。横浜からメジャー、そして故郷の楽天と見事すぎる第一の野球人生。
2020 S1

【プロスピA】本多 雄一 (S) 2020 TS [福岡ソフトバンクホークス] の評価・称号

俺的評価 9.2/10点。現在、一塁上で耳打ちしているヒソヒソ話がとても興味深い本多選手。あれだけ盗塁が上手かった選手の耳打ちは、投手の気持ちとしても嫌に違いなし。何なら代わりに走っても行けそうなくらいのスマートさ。
2020 S1

【プロスピA】松井 稼頭央 (S) 2020 TS [西武ライオンズ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。待ちに待った永遠のスターの登場です。近年、巨人坂本選手の活躍が素晴らしく現役では遊撃手ほぼ一択感がありますが、それに待ったをかけるのが現役当時誰もが憧れたであろうリトル松井さん。
2020 S1

【プロスピA】俺的ランキング TS 第2弾 2020 シリーズ1 編!

シーズンが6/19に開幕決まりましたが、TSも第二弾がやってまいりました。第一弾と比較すると正直若干欲しい選手が分かれそうなメンツではありますが、やはりサファテ投手の存在感は半端なし。

スポンサーリンク