コスト28一覧

【プロスピA】丸 佳浩(S)2019 シリーズ1 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。ジャイアンツ愛がそうさせるのか、すでにチームに馴染みまくりすてぃー。2年連続MVPはチームが変わっても凄かった!丸選手の打順付近の選手には間違いなく何かしらの影響があるのだろうとしか思えない、今シーズンの坂本選手の記録。センターの守備適性が昨シーズンの84Aから78Bに大幅ダウン。

【プロスピA】秋山 翔吾(S)2019 シリーズ1 [西武ライオンズ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。強力なセンター陣の中、ヒットメーカー!昨シーズンとの違いは攻撃面では走力が+2。守備面が残念ながら適正-1でAからBに。肩も85Aから74Bと大幅ダウン。。センターは秋山選手固定の方も多かったと思いますが、これで少し揺らぐ可能性もありですね。ただ圧倒的なミート力+特殊能力「超アベレージヒッター」は圧巻!

【プロスピA】メッセンジャー(S)2019 シリーズ1 [阪神タイガース]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。もう大ベテランながら圧倒的スタミナッ♪フォーユアラブ!直球全開の頃から徐々に変化球多めにシフトチェンジ。まさに今変化中というところでしょうか。 たとえ球威がAから落ちてきても制球が徐々に上がっていく、そんな未来を運んでほしい。 まだまだ阪神のエースはメッセ。高速スライダーをうまく使えればナイスピッチャー!

【プロスピA】東 克樹(S)2019 シリーズ1 [横浜DeNAベイスターズ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。球威抜群のDeNA若手投手の一人。そして何より速いストレートにチェンジアップでキリキリマーックス! 昨シーズンの登場から常にハイクオリティーな投手。 今シーズン登場も少し打ち込まれてしまいましたが、まだまだここから! 個人的には好みなストレートとチェンジアップの使い手!!

【プロスピA】小川 泰弘(S)2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。入団直後の素晴らしい活躍から近年は8勝くらいの安定した勝ち星。 変化球として、鋭いカットと右投手には珍しい気のするチェンジアップ。 実際にとても使いやすい投手。称号まで進めるなら全同値も制球とスタミナの同値も可能!

【プロスピA】大瀬良 大地(S)2019 シリーズ1 [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。そろりそろりとエースの座まで歩んでこられてましたが、今シーズンついに大エースの座に着座! 昨シーズンまでとは変化球も雲底の差!少し言い過ぎましたが、圧倒的に良くなっています。 全体的な広島枠を考えても、この方はどの球団にもベストマッチングー!になるのではないでしょうか。

【プロスピA】岸 孝之(S)2019 シリーズ1 [楽天イーグルス]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。セ・リーグは圧巻の菅野投手、そしてパ・リーグは何と言っても個人的ベストワン岸投手。 プロスピを初めてまだ一回も当たらないからこそより欲しくなる岸投手。 ただし、代名詞の変化球がスローカーブからカーブに変化!これがどう出るか。 まだ2019バージョンの岸投手をゲットできていないので不明ですが、より良いか若干?か。

【プロスピA】石川 歩(S)2019 シリーズ1 [千葉ロッテマリーンズ]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。芸術的なシンカーとヒゲ。ただ今シーズンは5月現在、開幕投手ながら未だ勝ち星なし。 涌井、ボルシンガーの両投手ではなく、石川投手がロッテのエース!! 昨シーズンとは逆で、一回勝つと乗っていくでしょう!多彩な変化球は魅力!

【プロスピA】上沢 直之(S)2019 シリーズ1 [北海道日本ハムファイターズ]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。何よりバランスの良い変化球、綺麗なフォーム。圧倒的とは言わないものの、綺麗な投手。 球威とスタミナが79B。つまり称号まで頑張れればオールAも夢じゃない。 今シーズン有原投手が無双状態でもありますが、エース格はこの人も。ゲーム性高し!!

【プロスピA】福留 孝介(S)2019 シリーズ1 TS [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。今シーズンも登場しました、圧巻の選手能力。元能力(阪神)でも、守備力は健在。 こんなに素晴らしくないですが。そして何よりもこのミート力。 PL時代から圧巻のバッティングでしたが、この境地は中々いないレベル。 プロスピでも強い方のライトは大体福留選手だったりしますもんね。

【プロスピA】三浦 大輔(S)2019 シリーズ1 TS [横浜DeNAベイスターズ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。足上がってます。今もマウンドに入る姿を見ると自分が投げるのかなというくらいのスリムボディ。 現役終盤、ギータに打たれたハマスタ電光掲示板直撃がなぜか印象的ですが、素晴らしい制球力とスタミナです。ただし、番長といえばのスローカーブがゲーム的には少し打ちやすかったりするので、評価は残念ながらの9.0。

【プロスピA】バレンティン(S)2019 シリーズ1 TS [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。ついに、そして久々に来ました!このワクワク系の能力。つまりパワー89A! ちなみに世界の王さんも89A!シーズンではバレンティンが上回っているので、この能力も申し分なし。 しかし、写真やばいですね。確信歩き。確信ウォーク。なんとかゲットして、称号にのせてパワーSにしたい!いや、パワーSに俺はする!

【プロスピA】岩隈 久志(S)2019 シリーズ1 TS [楽天イーグルス]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。現在はまさか(個人的にね)のジャイアンツ。勝手に広島黒田さんがフォーマットになり、メジャーからは元球団にカムバックの印象でしたがそんな事もないですよね。ちなみに称号次第ではオールAも狙える逸材です。正直フォークなど、岩隈投手は毎度ながら少し査定が厳しい気もしますがWSで登場していた頃より球威アップ!

【プロスピA】山田 哲人(S)2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。実際みなさんこの方を狙っているといっても過言ではないかと思います。トリプルスリーのトリプルエー。まさにAAA。ロマンしかないですね。 プレステ時代のパワプロでもオールAと言えば松井稼頭央さんでしたが、もはやギータとともにオールAのバッター二人が見れる現在はまさに歴史を見ているといっても過言ではないかと思います。

【プロスピA】浅村 栄斗(S)2019 シリーズ1 [楽天イーグルス]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。4月頭現在、存在感すごいです。昨年の打点127点分がきちんと楽天にのっかっているような得点力。(西武は変わらず得点力高いですが) セカンドが山田選手or菊池選手から山田選手or浅村選手へと移行しそうな見栄え。まさにプロスピ映え。 できればミートもAが良かった!けど欲しい!特殊能力含めまじいいっす!!

【プロスピA】則本 昴大(S)2019 シリーズ1 [楽天イーグルス]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。この登場からプロスピでのエース枠は岸投手のようでもありますが、昨シーズンとの変化では球威-1の制球+1という少しの変化。しかし、この方の奪三振はすげーですね。 ソフトバンク千賀投手はまさかの中継ぎ適正がなくなってましたが、則本投手は中継ぎ適正Dでキープ!良かった!

【プロスピA】坂本 勇人(S)2019 シリーズ1 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。魅力って溢れますよね、こぼれます。ついに来ました、標準でミート83A。昨シーズンより、走力-1がミート+1に移動した感じです。守備もスローイングが上がり、走力型での圧倒的源田選手を選ばない方は、もうショート坂本選手で間違いないのではないでしょうか。今年はあのスマイルをどのくらい見れるのか。

【プロスピA】糸井 嘉男(S)2019 シリーズ1 [阪神タイガース]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。打撃能力は変わらないものの、なんと守備適性がE!これは割と悲E!ミートと走力のA。はたまたオール同値など夢は広がりますが、守備Eは使いずらい。。DHにしても、それだと他の選択肢も・・・という感じ。ポロリも確かに多いですが、せめてDであれば。その辺りもあり苦渋の9.0。

【プロスピA】鈴木 誠也(S)2019 シリーズ1 [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。同値ではありませんが、ついにミートもAに乗りました!パワーもう少しあっても良さげですが、昨シーズンからはミート・パワーともに+1ですね。ついでに背番号も1。オープン戦で見ても、ガタイがどんどん大きくなってますね。今年あたりタイトル争いに加わってくれるでしょう。

【プロスピA】山田 哲人(S)2018 侍ジャパン [ヤクルトスワローズ]の評価・ステータス

俺的評価 10.0/10点。2018ベストナイン(最多盗塁も)で獲得できなかった方には超朗報ですね。 今年もトリプルスリーなるか。山田哲人選手です。 オールAで、しかもやばいぜ数字が。パ・リーグのオールAギータも侍JAPANでも登場予定ですが、山田くんのこのパワーと何より走力83Aも、もちろんすごいですね。