NEW! 俺的 期待の若手ランキング!

三塁手

スポンサーリンク
2020 S1

【プロスピA】リチャード (S) 2020 期待の若手 [福岡ソフトバンクホークス]の評価・称号

俺的評価 8.3/10点。西武が誇るホームランキング山川選手にバチバチに鍛えられてましたリチャード選手。やはり打った時のパワーは本物であると思わせてくれる打球。
2020 S1

【プロスピA】レアード (S) 2020 エキサイティング [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 9.1/10点。ロッテのユニフォームが似合うお寿司屋さんことレアード選手。昨シーズン、序盤の握りの量はとてつもないものがありました。塁を埋めてくれそうな選手たちが揃ってきたロッテに、この大砲は欠かせない。
2020 S1

【プロスピA】松田 宣浩 (S) 2020 エキサイティング [福岡ソフトバンクホークス] の評価・称号

俺的評価 9.9/10点。無観客でもきっと熱々を提供してくれるであろうマッチ選手。痺れるカメラ目線での熱男ポーズお待ちしています。ミスターエンターテイナー特有のフォロースルーは使ってて楽しい。
2020 S1

【プロスピA】原 辰徳 (S) 2020 TS [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 9.9/10点。スター性抜群の若大将。監督としても素晴らしい存在感なわけで、選手としてはどのくらいの存在感だったのでしょう。アーチストなのでホームラン量産可能。
2020 S1

【プロスピA】今江 敏晃 (S) 2020 TS [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 9.2/10点。下克上で日本一まで登りつめたチームの中で、抜群の存在感だったゴリさんこと今江選手。ミートはもちろん、塁上での笑顔、そして右打ちなど、乗らせたらヤバイ選手。
2020 S1

【プロスピA】ビヤヌエバ (S) 2020 新戦力 [北海道日本ハムファイターズ] の評価・称号

俺的評価 8.6/10点。外国人選手ながら巨人→日本ハムというホットラインで北の大地へ。北へ行けば大志を抱くのか躍動する可能性がグンと上がっている気がします。しっかりとパワーヒッターでもあるので、期待できる新戦力に違いなし。
2020 S1

【プロスピA】鈴木 大地 (S) 2020 新戦力 [楽天イーグルス] の評価・称号

俺的評価 9.2/10点。チームもかわり、楽しみなシーズンでしたがいかがお過ごしでしょうか。三塁手としての登場ですが、内野+レフトが守れるユーティリティー。ミートも高く、きっちり守れる能力の高さは申し分なし。
2020 S1

【プロスピA】川端 慎吾 (S) 2020 TS [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 9.6/10点。燕のヒットメーカーこと、川端選手。チームにパワーヒッターかヒットメーカーを入れるのかは難しい悩みではありますが、打を線にするには必須の選手に違いなし。
2019 S2

【プロスピA】小笠原 道大 (S) 2020 TS [北海道日本ハムファイターズ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。TS、OB、もちろん現役まで含めると様々なサードの名選手がいらっしゃいますが、個人的に圧倒的にラブな存在、ガッツさん。ミートもパワーもガッツいてます。
2020 S1

【プロスピA】俺的ランキング 三塁手・サード 2020 シリーズ1 編!

熱々のマッチ・2019打点王の西武おかわり君!ついに巨人の4番で本格始動の岡本さんなど!おかわりくん、マッチは今後長年お世話になるであろう選手。ぜひに欲しい!

2020 S1

【プロスピA】太田 賢吾 (S) 2020 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 8.7/10点。大型内野手としての魅力は抜群。大きいのに躍動できる運動能力は、ヤクルトのリードオフマンになりそうな器を感じさせます。パで磨いた打撃はさすが。
2020 S1

【プロスピA】高橋 周平 (S) 2020 シリーズ1 [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 9.3/10点。やっと脂が乗りベストナインとゴールデングラブ賞も獲得した昨年ですが、プロスピ映えにはあともう少しというところでしょうか。ただ超絶魅力的な三塁手になること違いなし。
2020 S1

【プロスピA】ピレラ (S) 2020 シリーズ1 [広島東洋カープ] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。バティスタ選手の抜けた長打力という穴を埋めてくれる存在となるのか。サードが守備適性ながら、様々なポジションを守れるユーティリティーっぷり。
2020 S1

【プロスピA】大山 悠輔 (S) 2020 シリーズ1 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。昨シーズンはホットスポットだったサードも、今シーズンは競い合ってます。4番と期待されることは、喜びなのか辛さなのか。今シーズンは笑顔がたくさん見れますように。
スポンサーリンク