低弾道一覧

【プロスピA】西川 龍馬 (S) 2019 シリーズ1 [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。あの龍馬ではないと知りながらも、高知の風を感じる写真。かっこいい。 チームメイトが天才と口を揃える打撃センス。次第に試合でも見れるようになってきました。 この1年かかっても、来シーズンきっと首位打者争いをしてそうな予感しかしない。 あのインコースの捌き方を見ちゃうと惚れちゃいますよね。

【プロスピA】木浪 聖也(S)2019 期待の若手 [阪神タイガース]の評価・称号

俺的評価 7.6/10点。オープン戦最多安打は、やはりシーズンとは異なるのか。 消極的な走塁と見られて矢野ガッツ監督からのお叱りもありましたが、この人には笑っていて欲しい。 プロ一年目は厳しくても、安打を量産できる可能性を秘めた選手。 守備の凡ミスをなくせば好プレーも光ります。

【プロスピA】加藤 匠馬(S)2019 期待の若手 [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 7.8/10点。シーズン始まる前に谷繁さんが絶賛していた中日の加藤捕手。 何と言っても強肩。ついに90Sの捕手が出て来ました。 打力は中々上がってくるのは難しいかもですが、捕手としての能力はグングン上がってくるのでしょう(谷繁さんも仰ってましたし)。特殊能力に強肩あります。

【プロスピA】周東 佑京(S)2019 期待の若手 [福岡ソフトバンクホークス]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。ついにきました、これぞ期待の若手の周東(しゅうとう)くん。 名前もウキョウで、もはや名前のインパクト紅茶級。 ダイアモンドを駆け回る姿に解説者の方々も、本当にホークスはどんどん出てきますねと声を揃えてます。 打撃はまだまだ成長中ですが、期待値しかない選手。何年もかからないでしょう。

【プロスピA】小坂 誠(S)2019 TS [千葉ロッテマリーンズ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。小坂さんと言えば名手。そしてメガネ!今回のバージョンではお付けになってないですが、メガネ有りであんな動きできるんだと驚いた記憶があります。 その驚きは数字にも現れてまして、ショートの守備適性86Aです。

【プロスピA】小林 誠司(S)2019 EX [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。菅野投手とペアで出るエキサイティングプレーヤーにロマンがありますね。 ただ6/9 菅野投手復帰登板でマスクを被っていたのは炭谷選手でした。 世界のKOBAYASHIと言われたくらい勝負に強い打力はあります。 飛ぶときは悠々スタンドインする意外性。いつもどこか笑顔の男前フェイス。

【プロスピA】坂口 智隆(S)2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。死球で骨折からの一軍合流。そして球史に残る連敗。 休まれている間に若手の登場などありましたが、このヒットメーカーにはまだまだ及ばないかもです。青木さん、バレンティンなどベテランの活躍が必須のヤクルト。弾道が低弾道なので大きいのはむずかしいですが、安打は量産可能。

【プロスピA】楠本 泰史(S)2019 シリーズ1 [横浜DeNAベイスターズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。DeNAからオープン戦首位打者の楠本選手。 オープン戦では見事な活躍でしたが、DeNAの外野手はしっかり埋まっている現状もありまだもう少し時間がかかりそう。 センターの神里選手しかり、この年代の選手たちが躍動する日も近いでしょう。 投手しかり、次世代が着実に育ってきているDeNA。

【プロスピA】太田 賢吾(S)2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。日本ハムから移籍の太田選手!パ・リーグ出身ならでは(偏見)の溢れるセンス! 特にハムの目利きが獲得しただけある(妄想)素晴らしい選手感。 主力選手の離脱の中、1番を打っていた姿には未来のヒットメーカーを感じました。

【プロスピA】西浦 颯大(S)2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。オリックスのニューカマー、西浦選手!待望の初登場!! 今シーズン輝きちゃかしている19歳!もちろんまだまだこれからの部分は大いにあるので、現状の能力は高くありませんが、ヤクルト村上選手同様、自チームで育成枠(やがて能力が上がってくる選手を事前に集めておく)が可能な方には必須な選手。

【プロスピA】渡辺 勝(S)2019 新戦力 [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。気になる若手が投手にも野手にも登場してきている新生ドラゴンズ。 個人的に与田肩幅監督の規律ある中で出てくる選手たちはまさにドラゴンズ感満載。 その中でもこの一本足。ここにあるのはまず、ロマン。バスロマンじゃなく、マズロマン。 素敵な足を持っている選手、大島選手のようになるのでしょうか。

【プロスピA】安部 友裕(S)2019 シリーズ1 [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。ミートがより高い年もありましたが、今年度は足がより効いてきそうです。 内野が全て適正Cなので超3以上でどこでも守れます。 弾道が低弾道なので、すこーし渋いですが純正の方には欠かせない存在でしょう!

【プロスピA】田中 賢介(S)2019 シリーズ1 TS [北海道日本ハムファイターズ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。現役から登場。今シーズンで引退を明言されてますが、圧巻の守備力とミート力。足も速い。 北海道へ移転した日本ハムファイターズの顔といっても過言ではない選手だと思います。 弾道が低弾道なので、大きいのは狙えませんが、守備力も重視される方はベストなセカンドだと思います!

【プロスピA】松井 雅人(S)2019 シリーズ1 [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 7.0/10点。今シーズン残念ながら若手の台頭もあり2軍スタート。そしてプロスピでは登場!そんな若干のアンバランスさも感じながらですが、肩力は71Bでしっかりとあります。 ただし純正チームの方でないとオーダーに入るのは難しそうというのが正直なところかも。

【プロスピA】伊藤 光(S)2019 シリーズ1 [横浜DeNAベイスターズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。オリックスから移籍した昨年、こんなにできる選手だったのかという驚きもありました。 何と言っても捕手らしい選手(個人的に)。今シーズンも正捕手として君臨中。 プロスピ能力的には正直、捕手適性(スローイングと肩)がもう少し欲しいところ。

【プロスピA】中村 悠平(S)2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。捕手能力には申し分なし!!毎度ながら現役捕手にどこまで求めるか(求めたいけど)。やはりヤクルトの捕手で一番しっくり来るのは今年も来るでしょう、古田さん。しかしながら、歴史に名を連ねる人との比較は野暮なもの。今シーズンは松本選手の出場などもありつつ、まだ正捕手はこの方。

【プロスピA】嶋 基宏(S)2019 シリーズ1 [楽天イーグルス]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。野球の底力、今も感じています。月日は流れましたが、また楽天の優勝が期待できそうな2019,4月現在。嶋選手のスローイングについて、大丈夫かと取り上げられたりしてますが、プロスピでは69C。 ベテラン枠へと足を踏み入れてるので、肩力など少しずつ落ちては来るでしょうが、やはり守備適性は高し!

【プロスピA】田村 龍弘(S)2019 シリーズ1 [千葉ロッテマリーンズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。まさに伸び盛りの選手!代表にも選ばれてます。打力は弾道が低弾道であったり、少し物足りなさはあるものの、安定した捕手能力です。今シーズンは好リードも光ってます。 西武森選手がある意味異常で、この選手もまだまだ若い。これからのより活躍に期待!

【プロスピA】若月 健矢(S)2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。印象としては毎度ですが、スローイングは怪しいが肩は強い。割とそんな能力になってます。 まだまだ若いのでこれからの伸びしろに期待の選手ですが、安定感増してきてる気はします!キャノン、バズーカなど様々ですが、若月選手にもそろそろ名前つくでしょうか。

【プロスピA】鶴岡 慎也(S)2019 シリーズ1 [北海道日本ハムファイターズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。ソフトバンクからのカムバック2年目。記憶はほぼダルビッシュ投手の恋女房。 ベテランがんばっておられます。ベテランなので、能力は少しむずかしいですが、いぶし銀は純正チームには欠かせない!