NEW! 俺的先発ランキング12はこちら

低弾道

スポンサーリンク
2020 S2

【プロスピA】川崎 宗則 (S) 2020 OB [福岡ソフトバンクホークス] の評価・称号

俺的評価 9.4/10点。メジャー前の可愛らしさ、メジャーでのユーモア、WBCでの熱さ、そして現在の頼もしさなどプレースタイルとともに変幻自在な魅力溢れる存在感。
2020 S2

【プロスピA】坂口 智隆(S)2020 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 8.6/10点。昨シーズンこそ怪我での離脱がありましたが、ヤクルトに移籍してからは安定的な成績を残している坂口選手。怪我の影響もあり2019S1以来の登場です。
2020 S2

【プロスピA】糸原 健斗 (S) 2020 シリーズ2 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 8.4/10点。シーズン序盤の好調から、怪我もあり調整中に突如現れた新星小幡選手。しかし、プロでしっかり全試合出ていた選球眼とスタミナの持ち主、糸原選手も負けてはいない。
2020 S2

【プロスピA】吉川 尚輝 (S) 2020 シリーズ2 [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 8.8/10点。センスが光る選手の一人、巨人吉川選手。バッティング、守備ともに間違いなく光ってます。
2020 S2

【プロスピA】周東 佑京 (S) 2020 シリーズ2 [福岡ソフトバンクホークス] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。一芸は他の能力にどのくらいの影響を及ぼすのか。ヘルメットがズレるほどのスピード感。NPBだけではなく、世界をも沸かせまくった周東選手。
2020 S2

【プロスピA】川端 慎吾 (S) 2020 代打の神様 [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 8.1/10点。かつての燕のヒットメーカーこと、川端選手。アベレージヒッターから代打の切り札へと現在シフト中です。
2020 S2

【プロスピA】小島 脩平 (S) 2020 代打の切り札 [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。限界突破4以上必要いっちゃえれば、捕手以外全て守れるまさにユーティリティープレーヤー。圧倒的なパワーなどなくても、プロの世界でこれだけ守れるのはスゴい。
2020 S2

【プロスピA】杉谷 拳士 (S) 2020 代打の切り札 [北海道日本ハムファイターズ] の評価・称号

俺的評価 8.4/10点。アニバ投票で惜しくも上位2名へのランクインできなかったスギノールこと杉谷選手。第3の捕手として練習をしている、ある種レベチなユーティリティーっぷり。
2020 S1

【プロスピA】荒木 雅博 (S) 2020 TS [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 9.7/10点。荒木さんの印象といえばアライバはもちろんですが守備、盗塁、ヘッドスライディング、練習の鬼とさまざまです。映像として覚えている印象的なプレーを数多く残してくれた選手。
2020 S1

【プロスピA】金城 龍彦 (S) 2020 TS [横浜DeNAベイスターズ] の評価・称号

俺的評価 9.7/10点。思い返せば新人王で(2年目)圧倒的な打率で首位打者、しかも両打ちってどれだけのロマンが詰まっていたのか、金城選手です。背番号1の印象が強いですが当時はまだ37。
2020 S1

【プロスピA】増田 大輝 (S) 2020 シリーズ1 [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 8.4/10点。名投手として物議を醸した増田選手。中々に良い球いってました。持ち前の走力では次の塁に進んだ後の半笑いが印象的。走力でのかき乱しっぷりはエグい。
2020 S1

【プロスピA】後藤 駿太 (S) 2020 シリーズ1 [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 8.2/10点。群馬のイチローと称された男もプロ10年目。時が経つのは早いものです。強肩スタイルは凄まじい肩力90S。それこそまさに、エリア51ならぬエリア510。
2020 S1

【プロスピA】佐藤 都志也 (S) 2020 シリーズ1 [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 8.4/10点。新人として、期待の捕手。田村選手もいい捕手ですが、やはり打てるキャッチャーは魅力あります。お名前の部分で感じるメジャー的要素。
2019 S1

【プロスピA】岡田 雅利 (S) 2020 シリーズ1 [西武ライオンズ] の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。プロになっても大阪桐蔭の後輩でもある森選手がいる、圧倒的大阪桐蔭感。今シーズンは背番号2で登場です。
スポンサーリンク