久々更新! 俺的ランキング TS 第1弾!

初球

スポンサーリンク
2019 Series 1

【プロスピA】楠本 泰史 (S) 2020 ジュニアトーナメント [横浜DeNAベイスターズ] の評価・称号

俺的評価 7.8/10点。昨シーズン、オープン戦首位打者だった楠本選手。梶谷選手の移籍もあり間違いなくチャンスの来シーズン。
2020 S2

【プロスピA】ブラゼル (S) 2020 外国人OB [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 9.9/10点。浜風が一瞬消えてたのではないかと錯覚するくらいのパワーヒッター。打率も残ってるので称号次第ではミートもAにのります。
2020 S1

【プロスピA】高橋 大樹 (S) 2020 期待の若手 [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 7.6/10点。ホームランを打った時がきれいな右打者。足が一番数値が高いので、走力型に違いはないのですが、今後はパワーとかに変わってくる期待も込めたい、ほんこんさん。
2020 S1

【プロスピA】リチャード (S) 2020 期待の若手 [福岡ソフトバンクホークス]の評価・称号

俺的評価 8.3/10点。西武が誇るホームランキング山川選手にバチバチに鍛えられてましたリチャード選手。やはり打った時のパワーは本物であると思わせてくれる打球。
2020 S1

【プロスピA】川越 誠司 (S) 2020 期待の若手 [西武ライオンズ]の評価・称号

俺的評価 8.1/10点。山賊打線にまた1人強力な打者が加わりそうな予感ムンムンの川越選手。フォームには若干メジャーに渡った秋山選手の要素がある気もしつつ、スイングのパワーはそれとはまた違う破壊力。
2020 S1

【プロスピA】ラミレス (S) 2020 TS [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。選手として一流、監督も賛否ありますが成績としてはきっと一流。DeNAの外国人選手の活躍っぷりを見ると、やはりラミちゃんは凄いのだと感動レベル。ヒゲのラインが若さを感じます。
2019 S2

【プロスピA】和田 恋 (S) 2019 シリーズ2 [楽天イーグルス] の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。恋しちゃってんのかい、和田くんです。ジャイアンツからイーグルスにラブ。やはりこのくらいの打てそうな方、大田泰示選手が浮かんできます。
2019 S2

【プロスピA】中村 奨吾 (S) 2019 シリーズ2 [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。ミスターロッテ8、中村選手。昨シーズン凄かった盗塁数とホームラン数の両立があればとんでもない成績になりそうな選手。
2019 S2

【プロスピA】稲葉 篤紀 (S) 2019 OB [日本ハムファイターズ] の評価・ステータス

俺的評価 9.4/10点。もはや監督にしか見えない稲葉さん。グローブを頭に乗せてセンターに集まっていた姿がもはや懐かしい。やはり圧巻のミート力とドライブ。
2019 S2

【プロスピA】福田 永将 (S) 2019 シリーズ2 [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 8.4/10点。今シーズン月間MVPも獲得した福田選手。20本には届きませんでしたが、やはり和製大砲パワーあります。代打の切り札ではなく、スタメンで出場すれば20本越えも期待できそうな和製大砲。
2019 S2

【プロスピA】清田 育宏 (S) 2019 シリーズ2 [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。4試合連続ホームランがあったり、勝負どころのシーンでも打っていた印象の清田選手。今シーズンは同い年の荻野選手の成績としての活躍もあり、より期待が高まる選手。
2019 S2

【プロスピA】宮崎 敏郎 (S) 2019 シリーズ2 [横浜DeNAベイスターズ] の評価・称号

俺的評価 9.1/10点。今シーズン序盤は苦戦ながらも最終的にはやっぱり宮崎さんでした。残念ながらマイナス部分が目立ってはいます。打率3割が続いてたので、仕方ないですが残念感はあり。
2019 S2

【プロスピA】安部 友裕 (S) 2019 シリーズ2 [広島東洋カープ] の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。ヒットメーカーとして素晴らしい活躍だった2017年から徐々にミートも下がってしまい、ついに70Bから68Cとなってしまいました。躍動しまくってたタナキクマルと同世代。
2019 S2

【プロスピA】石垣 雅海 (S) 2019 シリーズ2 [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 7.8/10点。ユーティリティーな内野手といえば、同チームの堂上直選手。打力に磨きをかけて、ここからどこを基準に守っていくのか。振り抜くスイングにも魅力あり。
スポンサーリンク