NEW! 俺的ランキング 抑え編!

右翼手

スポンサーリンク
2020 S1

【プロスピA】佐野 恵太 (S) 2020 シリーズ1 [横浜DeNAベイスターズ] の評価・称号

俺的評価 8.7/10点。大きく振れる男。筒香選手の抜けた穴を、大きな放物線を描くのはこの人に違いなし。4番を担えばきっと似合う男になるでしょう。ラミちゃんが期待する打者が輝かないはずがない。
2020 S1

【プロスピA】亀井 善行 (S) 2020 シリーズ1 [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 9.2/10点。野手最年長の亀井さんですが必死にカットして塁に出る姿は眩しい存在感。ちなみに守備適性がレフトで登場してますがライトは79Bなので申し分なしです。
2020 S1

【プロスピA】佐藤 直樹 (S) 2020 ルーキー [福岡ソフトバンクホークス] の評価・称号

俺的評価 8.2/10点。動画をみる限りではコンパクトな打撃が魅力でしょうか。ホークスのルーキー佐藤選手です。ミートがパワーより高いですが、ミートが上回ってくるとより良い選手になってきそうです。
2019 S2

【プロスピA】鈴木 誠也 (S) 2019 侍ジャパン [広島東洋カープ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。侍ジャパンの4番打者として圧巻の成績でした。鈴木誠也選手。もはや神ってた時代が懐かしいくらい、標準で神ってる男。成長にどのくらい能力の反映が追いついてくるか。
2019 S2

【プロスピA】鈴木 誠也 (S) 2019 B9&TH [広島東洋カープ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。まだまだ能力が上がってくること間違いなしの鈴木選手。もちろん現状の能力も素晴らしいのですが、プレミア12の活躍を見れば+1いや、+3くらい期待してしまいます。パーフェクトな男。
2019 S2

【プロスピA】ソト (S) 2019 B9&TH [横浜DeNAベイスターズ] の評価・称号

俺的評価 9.9/10点。本塁打と打点の二冠からのベストナインで選出。いいなあこんな助っ人枠のソト選手。何より圧巻はアゲアゲのパワー。圧巻パワーはOB級。2年連続本塁打王は凄いの一言。
2019 S2

【プロスピA】遠藤 一星 (S) 2019 シリーズ2 [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 7.9/10点。綺麗なスイングが印象的な遠藤選手。楽しみな若手が育ってはいますが、代走での登場など、まだまだ若い肉体を駆使して来シーズンも駆け回って欲しい。
2019 S2

【プロスピA】小田 裕也 (S) 2019 シリーズ2 [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。強肩光る小田選手。昨シーズンから上がってきたバッティングもあり、走力もA間近。守備・走塁・盗塁と全て積極の新婚さん。
2019 S2

【プロスピA】聖澤 諒 (S) 2019 OB [楽天イーグルス] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。駆け回っていた印象の聖澤選手。走力83Aに特殊能力に盗塁と走塁が付いているスペシャリスト。球団屈指の切り込み隊長!
2019 S2

【プロスピA】大谷 翔平 打者 (S) 2019 WS [北海道日本ハムファイターズ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。メジャーでも漫画級の活躍間違いなしであろう大谷選手。レフト方向にぶち込む打球はまさに広角打法。弾道もアーチストで最強。
2019 S2

【プロスピA】雄平 (S) 2019 シリーズ2 [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。ベテランになっても、いやベテランになったからこそかも知れません。より輝く選手がいますが、そんな一人。瞬間的に捉える力は球界トップクラス。いい意味での嫌なバッター。
2019 S2

【プロスピA】平田 良介 (S) 2019 シリーズ2 [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 9.4/10点。昨シーズンの安打量産とまではいきませんでしたが、流石の守備力と安定感ある打撃。ミートもしっかり目にあります。守備的にはこの方も外せない存在感。
2019 S2

【プロスピA】鈴木 誠也 (S) 2019 シリーズ2 [広島東洋カープ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。綺麗な奥様とのご結婚、そしてプレミア12の大活躍。ちょっと敵なしプレーヤーとなってきました鈴木誠也選手。今シーズンは首位打者も獲得してミートとパワーもこんなものではない!
2019 S2

【プロスピA】糸井 嘉男 (S) 2019 シリーズ2 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 9.4/10点。「ギータはバンクやろ」この言葉がきっとNPBの未来を救う名言になることでしょう。ミートAもあり見栄えは良いながら、今シーズンは怪我で離脱。そこから最後CSまで駆け上がったチーム状況の中で、来シーズンはどんな役割を見せてくれるのか。
スポンサーリンク