NEW! 俺的 期待の若手ランキング!

右翼手

スポンサーリンク
2020 S1

【プロスピA】平田 良介 (S) 2020 エキサイティング [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 9.2/10点。おしりフリプリ打法こと平田選手。通常での登場だと、残念ながらパワーがCになってましたが、イベント登場での+1もありオールBでの登場です。オールB。
2019 S2

【プロスピA】雄平 (S) 2020 エキサイティング [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。元投手から年を重ねてもまだまだアップデート中の雄平選手。引っ張りの打球はさすがです。しかも代打の神様がついてます。これから大ベテランとなっても生き残る道しか残っていない素晴らしき選手。
2020 S1

【プロスピA】糸井 嘉男 (S) 2020 エキサイティング [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。ムキムキバディを意識しすぎるのではなく、ヒットメーカーと見れば足も早くて最高となってきました糸井選手。打率かつ出塁率が高くなっています。打って走れるベテラン。
2020 S1

【プロスピA】陽 岱鋼 (S) 2020 シリーズ1 [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。昨シーズンは様々な出場機会ではありましたが、出ると活躍しているという印象です。日本ハム時代からのスタイルの良さは健在。守備のお洒落さも相まって、スタメンで見たい選手。
2020 S1

【プロスピA】清田 育宏 (S) 2020 シリーズ1 [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。まだまだ衰えるわけがない、チャンスに強い男清田選手。昨シーズンは、4試合連続ホームランがあったり話題性もたっぷりでした。期待の若手がいるものの外野陣まだまだ君臨しそうな予感。
2020 S1

【プロスピA】俺的ランキング 右翼手・ライト 2020 シリーズ1 編!

各球団の右翼手たちの登場です!やはり待っていた鈴木誠也選手はなんとしてでも欲しいところ!あと新外国人の飛躍も楽しみ!

2019 S2

【プロスピA】雄平 (S) 2020 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。年を重ねてもまだまだアップデート中の雄平選手。引っ張りの打球はさすがです。しかも代打の神様がついてます。これから大ベテランとなっても生き残る道しか残っていない素晴らしき選手。
2020 S1

【プロスピA】平田 良介 (S) 2020 シリーズ1 [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。おしりフリフリ打法こと平田選手。年齢こそ重ねられてますが、まだまだ躍動感あります。なんせ肩力89Aへアップデート。
2020 S1

【プロスピA】鈴木 誠也 (S) 2020 シリーズ1 [広島東洋カープ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。首位打者を獲得したジャパンの4番は、ミート強化で登場しました。その素晴らしさはもちろん、守備適性がBとなっている喜び。どんなチームでも外野陣に欲しい一人であることに違いなし。
2020 S1

【プロスピA】糸井 嘉男 (S) 2020 シリーズ1 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 9.4/10点。近年ガタイほど打球が飛んでいない感は正直いなめないのですが、その分打率かつ出塁率が高くなっています。守備なども年々変化はありますが、糸井選手はまだまだアップデート中。
2020 S1

【プロスピA】オースティン(S) 2020 シリーズ1 [横浜DeNAベイスターズ] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。オープン戦では打ちちまくっておりましたオースティン選手。筒香選手の穴を埋めるべくやってきましたが、オープン戦だけを見れば誰よりも打ってました。期待値大!
2020 S1

【プロスピA】パーラ (S) 2020 シリーズ1 [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 8.8/10点。特殊能力に人気を携えて監督感溢れる背番号88で登場です巨人からパーラ選手。MLBバリバリなところからやってくる時のワクワク感は半端なしです。
2020 S1

【プロスピA】ジョーンズ (S) 2020 シリーズ1 [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。新助っ人を早く見たいですが、シーズンいまだ始まらないナウです。しかし、合流後からリーダーシップを発揮している映像は豊富でございました。焼肉奢ってくれるらしいですし。
2020 S1

【プロスピA】マーティン (S) 2020 シリーズ1 [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。昨シーズン途中からではありましたが、強烈なレーザービームは鮮烈デビューのスターティンでした。もちろん肩だけではなく、打撃部門にも期待したいところ。
スポンサーリンク