NEW! 俺的 TS第2弾ランキング!

固め打ち

スポンサーリンク
2020 S1

【プロスピA】石井 琢朗 (S) 2020 TS [横浜DeNAベイスターズ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。現役時代のリードオフマンかつ名手としての存在感はもちろん、近年の名コーチっぷりで現役時代の凄さがより思い出される石井琢朗選手。まさにマシンガンの火付け役。
2020 S1

【プロスピA】陽 岱鋼 (S) 2020 シリーズ1 [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。昨シーズンは様々な出場機会ではありましたが、出ると活躍しているという印象です。日本ハム時代からのスタイルの良さは健在。守備のお洒落さも相まって、スタメンで見たい選手。
2020 S1

【プロスピA】ロドリゲス (S) 2020 シリーズ1 [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 8.8/10点。投手は若手が熱いものの、バッターは助っ人外国人が熱いオリックスです。みなさんご存知ジョーンズ選手はもちろん、このロドリゲス選手も期待値高しです。
2019 S2

【プロスピA】雄平 (S) 2020 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。年を重ねてもまだまだアップデート中の雄平選手。引っ張りの打球はさすがです。しかも代打の神様がついてます。これから大ベテランとなっても生き残る道しか残っていない素晴らしき選手。
2020 S1

【プロスピA】平田 良介 (S) 2020 シリーズ1 [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。おしりフリフリ打法こと平田選手。年齢こそ重ねられてますが、まだまだ躍動感あります。なんせ肩力89Aへアップデート。
2020 S1

【プロスピA】大田 泰示 (S) 2020 シリーズ1 [北海道日本ハムファイターズ] の評価・称号

俺的評価 9.7/10点。ついに上がってまいりました億プレーヤー大田さん。次第にハムの顔となってきたと言っても過言ではありません。ゲームでもまじナイスな守備適性A。なかなかいない。
2020 S1

【プロスピA】田中 広輔 (S) 2020 シリーズ1 [広島東洋カープ] の評価・称号

俺的評価 8.6/10点。昨シーズンはまさかの1年でありました田中広輔選手。怪我の影響もあったようでしたが、カープを支えてきた切り込み隊長のまさかの不振。再び返り咲いてくれるのか!?
2020 S1

【プロスピA】木浪 聖也 (S) 2020 シリーズ1 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。オープン戦最多安打に始まり、打てない日々、そして矢野監督からのお叱りからの涙など、様々なことがあった1年目。弾道は低弾道から中弾道へ。
2020 S1

【プロスピA】坂本 勇人 (S) 2020 シリーズ1 [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。圧倒的打者感でもはや敵なし坂本選手。ショートで40本打ってこの能力のまましばらく行ってくれそうですが、ミートよりパワーが上回るスラッと体型!圧巻。
2020 S1

【プロスピA】川端 慎吾 (S) 2020 TS [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 9.6/10点。燕のヒットメーカーこと、川端選手。チームにパワーヒッターかヒットメーカーを入れるのかは難しい悩みではありますが、打を線にするには必須の選手に違いなし。
2020 S1

【プロスピA】福留 孝介 (S) 2020 TS [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。いまだ現役、一言で表現すればまさに無敵。打てるし守備も上手い。限界突破なしで外野をどこでも守れるのは頼もしい限り。
2020 S1

【プロスピA】北川 博敏 (S) 2020 TS [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 9.4/10点。この年ではないものの、やはり焼き付いている代打逆転サヨナラ満塁優勝決定本塁打。何かよく分かりませんが、これ以上の言葉ってあるのだろうか。あれだけで球史に残ること間違いなし。
2020 S1

【プロスピA】青木 宣親 (S) 2020 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 9.8/10点。球史に残るであろうヒットメーカーに衰えなし。何ならパワーアップ。きっとずっとTS何かでも欲しい選手であることに違いないので、末長くよろしくお願いします。
2020 S1

【プロスピA】荻野 貴司 (S) 2020 シリーズ1 [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 9.9/10点。大きな怪我なく駆け抜けた一年は、素晴らしい成績ととてつもないインパクトが残りました。打って走って、そして守って。そんな活躍を1年通して観れたことは本当に胸熱でした。
スポンサーリンク