NEW! 俺的 抑えランキング!

奪三振・改

スポンサーリンク
2020 S2

【プロスピA】スアレス (S) 2020 シリーズ2 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。今シーズン、この人がいなければ阪神クローザー事情はどうなっていたのだろうかという助っ人感。今シーズンからリリーフ陣を引っ張る存在に。シーズン1での登場より球威+6です。
2020 S2

【プロスピA】森 唯斗 (S) 2020 シリーズ2 [福岡ソフトバンクホークス] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。ズバッとサマータイムでノリノリなストレートはもちろんですが、やはり大きく変化するカット、ナックルカーブ、フォークは申し分なし。
2020 S2

【プロスピA】増田 達至 (S) 2020 シリーズ2 [西武ライオンズ] の評価・称号

俺的評価 9.6/10点。西武の守護神、増田投手。やはりクローザーを務める投手のストレートはすごい。威力あります。今シーズンも安定のセーブ数。
2020 S2

【プロスピA】大野 雄大 (S) 2020 シリーズ2 [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。今シーズンも活躍の唸りが止まらない元気印大野投手です。ツーシームの使い手、下への変化もツーシームは超魅力的。完投しまくりのスタミナは半端なしです。
2019 S2

【プロスピA】星野 伸之 (S) 2019 OB [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 9.8/10点。球史に残る投手というのは圧倒的な成績はもちろんですが、圧倒的な他者との違いという部分もあるでしょう。遅すぎる球。しかもキャッチャーに素手で取られるくらいの。
2019 S2

【プロスピA】大野 雄大 (S) 2019 侍ジャパン [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 9.9/10点。今シーズン先発では、勝利数こそ二桁いきませんでしたが、最優秀防御率を獲得しました。ユーモア溢れるナイス左腕。球種はそこまで多くないものの、威力抜群のツーシームは使いやすさ満点。
2019 S2

【プロスピA】中川 皓太 (S) 2019 侍ジャパン [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 9.6/10点。巨人のセットアッパーからクローザーでリーグ優勝。そして、プレミア12と盛り沢山のシーズンを過ごしたポリバレント・クローザーこと中川投手。球種は少ないものの、磨きがかかりまくってます。
2019 S2

【プロスピA】大竹 寛 (S) 2019 侍ジャパン [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。巨人のベテラン大竹投手です。昨シーズンはまさにナイスシュートでたくさんの火消しをされてました。ベテランになっても高い制球力で術中にハメる投球はさすがです。
2019 S2

【プロスピA】田口 麗斗 (S) 2019 侍ジャパン [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 8.4/10点。緩急抜群、低身長左腕田口投手。やはり田口投手といえば多彩な変化球。
中継ぎとしての登場ですが、先発適性Sでもあるので使い勝手は抜群。
2019 S2

【プロスピA】松井 裕樹 (S) 2019 B9&TH [楽天イーグルス] の評価・称号

俺的評価 9.7/10点。来シーズンは先発らしい松井裕樹投手。セーブ王を獲得した翌年、まだまだ挑戦する心意気まさにSの極み。果たしてどんな成績を残してくれるのか。
2019 S2

【プロスピA】大野 雄大 (S) 2019 B9&TH [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 9.8/10点。バトスタではドンキー感溢れる写真で登場してました大野投手。勝利数こそ二桁いきませんでしたが、最優秀防御率を獲得しました。威力抜群のツーシームは使いやすさ満点。
2019 S2

【プロスピA】高梨 裕稔 (S) 2019 シリーズ2 [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 7.9/10点。新人王を獲った日本ハムからヤクルトへ移籍の高梨投手。今シーズン、負けが上回ってはしまいましたが、チーム全体としての成績もあまり良くなかったのでなんとも言えないところ。
2019 S2

【プロスピA】杉浦 稔大 (S) 2019 シリーズ2 [北海道日本ハムファイターズ] の評価・称号

俺的評価 8.3/10点。北海道出身で北海道のチームに在籍する地元系投手。元アイドル兼アナウンサーが奥様でもありますが、やはり長身から投げる速い球は魅力あります。デカモニ。
2019 S2

【プロスピA】梅野 雄吾 (S) 2019 シリーズ2 [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 8.6/10点。威力ある速球がとても印象的な梅野投手。クローザーも務めていましたが、正直若さから割と打てる感じなのかなと見ていましたが、甘い話でした。やはり年齢関係なく、勝ちゲームで後ろを任される投手はモノが違う。
スポンサーリンク