奪三振・改一覧

【プロスピA】岩貞 祐太(S)2018 侍ジャパン[阪神タイガース]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。日米野球ではかなり打ち込まれておりましたが、もともとストレートの決まり方はズバン!と良い球入ってます。なかなか矢野新監督の口から名前は出てこない印象ですが、中継ぎ適正もSなのでそこは魅力ではないでしょうか。なんせ左腕のストレートとチェンジアップは奪三振率が高い気がします。個人的にはカーブがもう少し良くなれば魅力的!

【プロスピA】佐藤 優(S)2018 侍ジャパン[中日ドラゴンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。JAPANでの登場ですが、岩瀬、浅尾の中継ぎ抑え投手が引退した中日枠としても期待大の選手です。ゲームとしてみると、この球種の場合、もう少し球威が欲しいところ。しかし、2018 シーズン中盤からの活躍を見るとまだまだ伸びしろはあります。まだまだ楽しみな若手枠なので、成長枠として置いておきたい選手ではあります!

【プロスピA】成田 翔(S)2018 侍ジャパン[千葉ロッテマリーンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。圧倒的なのはチョコの数。ロッテといえば、楽しみな若手陣。何より井口監督の笑顔が素敵。この成田くん、まだ成長株なので能力は他の侍ジャパンの選手たちに比べて物足りないのは正直なところ。中継ぎに加え、先発も適性はS。この写真も少し似て見えますが、高校時代は松井裕樹くんのような奪三振ぷりでした。まだ21歳、これからでございます。

【プロスピA】福盛 和男(S)2018 Series2 OB[東北楽天ゴールデンイーグルス]の評価・ステータス

俺的評価 7.5/10点。確かに楽天の抑えといえば、この方という印象もあります。中日から登場の田尾監督時代も懐かしいです。メジャーにも挑戦されたこの方ですが、抑えはもちろん中継ぎ起用も可能です。シュートが一番強い球になると思うのですが、プロスピでシュートを投げると何故か激しく打ち込まれる個人的な感想が大いに入りのこの点数です。

【プロスピA】岡田 俊哉(S)2018 Series2[中日ドラゴンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。智弁和歌山での高校野球時代からテレビで見ているから、何歳なのかいまいちパッと出てこない投手。そして、WBCでのストライクが入らないあの姿。そして血行障害がありながらも、2018シーズン中継ぎ左腕として投げました。レジェンドたちの引退。個人的には最後も投げてほしい。中日といえば、今中、岩瀬さんおような体の細い左腕。2019シーズンよろしくお願いします。

【プロスピA】中澤 雅人(S)2018 Series2[ヤクルトスワローズ]の評価・ステータス

俺的評価 7.5/10点。もはやベテラン左腕。記憶では背番号14を背負ってましたが、今は54番。変化量は大きくないものの、球種はあります。ただ、純正以外の方でオーダーに入るかというと、今回の能力では正直少し物足りない気もします。

【プロスピA】公文 克彦(S)2018 Series2[北海道日本ハムファイターズ]の評価・ステータス

俺的評価 7.5/10点。大田泰示くんとともにジャイアンツから日本ハムへ移籍して、2018年シーズンも最終的には活躍しました。この方も移籍して飛躍した方。称号で制球+2で球威との同値狙えますね!ただし球種が少ない。。

【プロスピA】有銘 兼久(S)2018 Series2 OB[楽天ゴールデンイーグルス]の評価・ステータス

俺的評価 7.5/10点。楽天OBの左腕といえばこの人か長谷部投手ですね。スライダーとシュートの使い分けになるのですが、中日岩瀬投手しかり、個人的にはその球種での配球がなかなか難しく、少し低めになってしまっています。でもスライダーキレキレです!

【プロスピA】前田 健太(S)2018 Series2 WS[広島東洋カープ]の評価・ステータス

残念ながらオールAはいかないものの、称号でAには上がります!こちら何より限界突破次第で中継ぎもいけます。メジャーでも中継ぎ頑張ってます!オフシーズンはテレビで大活躍されてますが、こうしてみると、やはりエース感ハンパないっす。ただ打者大谷くん同様、B9とTHでスピリッツ3000を見ているので、コレクションとしてはかなり欲しいけど、引くのは微妙なライン。。

【プロスピA】佐藤 優(S)2018 Series2[中日ドラゴンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。今シーズンは日米野球にも選ばれて飛躍の年でしたね。岩瀬、浅尾の中継ぎ抑え投手が引退したので、この佐藤投手にかかる期待は大きいですね。新たな中日の顔となれるのか。ゲームとしてみると、この球種の場合、もう少し球威が欲しいところ。しかし、シーズン中盤からの活躍を見るとまだまだ伸びしろはあります。

【プロスピA】一岡 竜司(S)2018 Series2[広島東洋カープ]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。広島、巨人ルートは今年も大きな動きがありましたが、この一岡投手も懐かしいですね。しかし、もはや広島に欠かせないカピバラの一員。もちろん投げてもグッドです。いつも松井裕樹くんと似てるなーなんて思います(どうでもいい話)。パワーフォークという面白い球も持ってるので、それを使いたいがために欲しい気持ちは高まる。

【プロスピA】益田 直也(S)2018 Series2[千葉ロッテマリーンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。70試合登板したロッテの1億円越え投手ですね。球種的にも大満足の投手ですがコストが低めの25。でもそこに惑わされないで!ゲームだもの、抑えれればいいんです。スラープとシンカーのこの組み合わせは、かなりの確率で打ち損じますよ。ロッテ枠、益田さんもありだと思います。

【プロスピA】佐々木 主浩(S)2018 Series2 OB[横浜DeNAベイスターズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.5/10点。大魔神といえばストレートとフォークと榎本加奈子(あと清原さんの友達)ですが、この方のフォークは野茂さんが出てくるまで球界最高でしょう。なんせ変化量MAXなんで。ゲームでは逆に落ちすぎて使い勝手むずかしいので、変な意味での-0.5。本当にそれでいいのか。しかし、個人的にはサファテ、この大魔神、岩瀬、高津、藤川などを思い返してもナンバーワンな気もします。

【プロスピA】大谷 翔平(S)2018 Series2 WS[北海道日本ハムファイターズ]の評価・ステータス

俺的評価 10.0/10点。ついにきましたね、大谷選手。もちろん日本にいるときから欲しい選手ではありましたが、何よりメジャーで活躍する姿を見ると、より欲しくなるのが日本人のサガ。しかし、今年は広角に打つあのホームランが印象的で、投手もこの能力であることをすっかり忘れかけていましたが素晴らしいですね。どんな現役やOBやTSの選手よりも魅力的かも。

【プロスピA】中﨑 翔太(S)2018 Series2[広島東洋カープ]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。お尻ぷり!投げる前のお尻が印象的な中崎くん。三連覇を支える何よりの立役者。丸さんなき来シーズン、投手力がより大事になってきますね。その中でもこの人の圧倒的ピッチングに期待。何よりドラフト6位なのに、この活躍。確かに本物のプロ野球選手になるには広島へ行けが正しいのかも。

【プロスピA】ハーマン(S)2018 Series2[楽天ゴールデンイーグルス]の評価・ステータス

俺的評価 9.5/10点。来シーズンも残留決定した楽天の守護神ですね。個人的に楽天の抑えは松井裕樹くんが好みではあるのですが、このハーマンゲーム適性が異様に高いです。154km/hのストレートA。そしてディクソン並みのナックルカーブ(正確には劣るけど)。しかし、なかなか良いぜスライダー。

【プロスピA】内 竜也(S)2018 Series2 先発[千葉ロッテマリーンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。気づけばベテラン枠と言っても過言ではない内投手。昨年に続き、今年もナイスセーブでした。球種的には同方向への変化が2種ですね。個人的に、配球が悪いのか、縦スラは打ち取りにくい印象があります。その縦スラの印象の強い内投手。見た目には見栄えのいい変化量6Aです。来シーズン、吉井コーチの参画もありますので、もうひと伸びお願いします!

【プロスピA】岩貞 祐太(S)2018 Series2[阪神タイガース]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。シーズン最後のあたりはとても良いピッチングしてましたね。そのおかげで(たぶん)呼ばれたであろう日米野球では打ち込まれておりましたが、もともとストレートの決まり方はズバン!と良い球入ってます。変化球種がいかにも阪神という印象的ですが、矢野監督のもと、ノビノビ野球で来シーズンは勝ち星重ねそうな気がします。