NEW! 俺的ファースト・一塁手ランキング!

対ピンチ

スポンサーリンク
2020 S1

【プロスピA】望月 惇志 (S) 2020 期待の若手 [阪神タイガース]の評価・称号

俺的評価 7.9/10点。高身長から投げる速球は威力抜群。先発もいいですが、できることなら少しバテ気味の救援ベテラン陣を支える意味でも追い越す意味でも、1軍で投げまくって欲しい存在。
2020 S1

【プロスピA】佐々岡 真司 (S) 2020 TS [広島東洋カープ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。ゲームでも対峙して初めてわかる打ちにくさ。球種が少ないのに、なぜか打てない謎。先発も抑えも、限界突破次第では中継ぎも可能な無敵感溢れる佐々岡投手。
2020 S1

【プロスピA】金子 千尋 (S) 2020 TS [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。待ってましたとばかりの登場、オリックス時代の金子投手。まさに変幻自在とはこの事かというくらいの、変化球たち。第一球種だけに惑わされてはいけない、第二球種の厚み。
2020 S1

【プロスピA】大谷 智久 (S) 2020 TS [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。報徳学園の星こと大谷選手。現役時代は数値にも現れていますが、制球力の高さがズバッときてました。球種も抱負。称号まで行ければ球威と制球共にAも狙える貴重な投手!
2019 S2

【プロスピA】ピープルズ (S) 2020 助っ人外国人 [横浜DeNAベイスターズ] の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。球種的なザ・優良助っ人という印象通り、ゆったりとしたフォームからコントロールの効いたボールを投げる安定型投手。球威・制球・スタミナのバランスの良さなんかをみても、期待値高し。
2020 S1

【プロスピA】ヒギンス (S) 2020 助っ人外国人 [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 8.1/10点。変化球はナックルカーブとサークルチェンジというヒギンス投手。この球種が個人的には少し苦手なのですが、ストレートが速いかつ豪速球なので、意外といけそうな気もする。
2020 S1

【プロスピA】石井 弘寿 (S) 2020 TS [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 9.6/10点。この頃は石井一久さんもいたので、豪速球左腕のW石井という構図が印象的でした。球威はもちろん155kmのなかなか打てないであろうストレートSは超魅力的です。
2020 S1

【プロスピA】石山 泰稚 (S) 2020 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 9.1/10点。昨シーズン少なめの登板回数だったこともあり、クローザーではなく中継ぎで登場です。(もちろん中継ぎも可能)速い直球と落差のある縦スラとフォークは使い勝手も抜群。
2020 S1

【プロスピA】岩崎 優 (S) 2020 シリーズ1 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 9.4/10点。かなり低い重心でズバンっと投げ込む岩崎投手。ついにいらっしゃいませ、球威Aに御来店です。緩急を使いこなせるかが決め手。
2020 S1

【プロスピA】平井 克典 (S) 2020 シリーズ1 [西武ライオンズ] の評価・称号

俺的評価 9.3/10点。剛腕、投げまくりの平井投手。投げまくりの効果(?)もあり、中継ぎながらスタミナ72Bという無尽蔵。変化量が+1となったキレキレのスライダーは超魅力的。
2020 S1

【プロスピA】大瀬良 大地 (S) 2020 シリーズ1 [広島東洋カープ] の評価・称号

俺的評価 9.9/10点。圧倒的なカットボールを持って登場してくれました、広島のエース大瀬良投手。やはりこの人の貯金がチームの命運を握ると言っても過言じゃない。エースの宿命。
2020 S1

【プロスピA】西 勇輝 (S) 2020 シリーズ1 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 9.9/10点。やはりコントロールは正義であります、阪神から西投手。もちろんオリックス時代からありましたが、阪神移籍後はバッターボックスでの姿勢含めてよりエース感を感じます。
ついに制球とともにスタミナもAにのりました。
2020 S1

【プロスピA】石川 歩 (S) 2020 シリーズ1 [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。限界突破なしで中継ぎも可能なロッテの石川投手。芸術的なヒゲはもちろん変化量の大きいシンカー。制球こそ若干のマイナスではありますが、この豊富な変化球で中継ぎが可能なのは魅力あります。
2020 S1

【プロスピA】千賀 滉大 (S) 2020 シリーズ1 [福岡ソフトバンクホークス] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。昨シーズンは奪三振、ベストナイン、ゴールデングラブと球界を席巻しました千賀投手。育成出身の影もない素晴らしき投手。落差がありすぎて逆に投げづらいくらいの素晴らしきフォーク!
スポンサーリンク