NEW! セレクション第1弾 登場選手更新中!

対ランナー

スポンサーリンク
2020 S1

【プロスピA】高橋 遥人 (S) 2020 シリーズ1 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。自信たっぷりで投げていける雰囲気が身につけば、より怖さが増していきそうな投手。OBたちも絶賛のノビのあるストレート。山本昌さんからもお褒めの言葉がありました。
2020 S1

【プロスピA】金子 弌大 (S) 2020 シリーズ1 [北海道日本ハムファイターズ] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。やはりTSでは素晴らしい能力で登場してくれました金子投手。こんなこともあるので、凄かった現役選手は簡単に手放せないし、現在の能力だけで判断しては駄目だなと再確認。
2020 S1

【プロスピA】戸郷 翔征 (S) 2020 期待の若手 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 8.3/10点。なんとなく独特な投げ方ながら、ビュンビュンきてる感じのするストレート。まだまだ細い体は少し心配な部分もありますが、メジャーへ渡った山口投手直伝のフォークの成果か2020年シーズン、7月ですでに2勝してます。
2020 S1

【プロスピA】北浦 竜次 (S) 2020 期待の若手 [北海道日本ハムファイターズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。いつか化けるであろう、北浦投手。球威のある速球はどこまで球速も伸びるでしょうか。左腕で若干荒れ気味、でも直球にノビがあるそんな投手となると期待はせずにいられない原石感。
2020 S1

【プロスピA】スコット (S) 2020 助っ人外国人 [広島東洋カープ] の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。ビジュアル的にボルシンガー投手を思い出した襟足ロン毛系投手。体ごと流れて投げるスライダーは切れ味ありそうです。あとそのスライダーを狙っている時の高速シンカーは中々に打ちにくそう。
2020 S1

【プロスピA】ムーア (S) 2020 助っ人外国人 [福岡ソフトバンクホークス] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。ストレートも速いし、大きなカットボールに大きなナックルカーブ。これまで活躍してきた外国人投手の変化球バランスな気がして期待値高まる投手。
2020 S1

【プロスピA】ハーマン (S) 2020 シリーズ1 [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。楽天から加入のハーマン投手!ベテランと言っても良い年齢ながら、まだまだ投げまくる投手。代名詞のナックルカーブは正直年々変化量が落ちてはきていますが、打つのは容易ではない。
2020 S1

【プロスピA】森原 康平 (S) 2020 シリーズ1 [楽天イーグルス] の評価・称号

俺的評価 9.6/10点。変化球はシンプルながらも威力あるストレートに落差のあるフォークと守護神そのもの。抑え適性がBなので限界突破なしで抑えも可能。
2020 S1

【プロスピA】岸 孝之 (S) 2020 シリーズ1 [楽天イーグルス] の評価・称号

俺的評価 9.9/10点。使いやすいこと間違いなし、カーブキレキレ岸投手です。岸投手の美しさがでた写真。残念ながらオールA、またストレートとカーブともにAには及びませんが、シンプルな変化球でとても使いやすい。
2020 S1

【プロスピA】梅野 雄吾 (S) 2020 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 9.3/10点。威力ある速球、そしてフォークと年齢を感じさせない迫力満点のピッチングをする梅野投手。なんせ若いのに堂々としている。まだまだ若い21歳。
2020 S1

【プロスピA】福 敬登 (S) 2020 シリーズ1 [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 9.2/10点。比較的遠い球も振らせちゃう、福投手。しかもそこにナイスなストレートがズバンと決まるので、これはもう球種諸々違ど思い出すのは山本昌さんに違いなし。
2020 S1

【プロスピA】益田 直也 (S) 2020 シリーズ1 [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 9.4/10点。シンカーをきっちりと使いこなせる方には魅力満点、益田投手。今シリーズではストレートがAとなり益々魅力上がってます。
2020 S1

【プロスピA】森 唯斗 (S) 2020 シリーズ1 [福岡ソフトバンクホークス] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。再び球威Aもどってきてくれました首に金の大蛇を巻く男、森投手。もう完全なる守護神感。ロッテの佐々木朗希君の投球を見守る姿は、まさに王君臨という感じでした。
2020 S1

【プロスピA】近藤 一樹 (S) 2020 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 8.6/10点。タイトルを獲得して満足するのではなく、また登っていく。そんな強さを教えてくれるベテラン近藤投手。キレキレのスライダーとフォークは中継ぎ投手の代名詞そのもの。
スポンサーリンク