NEW! B9&TH 第1弾 俺的ランキング!

広角打法

スポンサーリンク
2019 S2

【プロスピA】野間 峻祥 (S) 2019 シリーズ2 [広島東洋カープ] の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。丸選手の移籍によりこのまま昇り詰めるかと思われた野間選手。残念ながら期待値ほどの今シーズンとなりました。走力、肩力は間違いなし。
2019 S2

【プロスピA】青木 宣親 (S) 2019 シリーズ2 [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。生粋のヒットメーカー、ミートは残念ながら-2でも、パワーと走力はアップで衰え知らず。死球でドキッとする場面がありましたが、あいも変わらず頼もしさは健在です。
2019 S2

【プロスピA】柳田 悠岐 (S) 2019 シリーズ2 [福岡ソフトバンクホークス] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。3150!圧巻のギータさん。今シーズン珍しく?B9やTH、また侍ジャパン(あるのか?)などで登場しないギータさん。つまり、この通常verが超貴重。
2019 S2

【プロスピA】牧原 大成 (S) 2019 シリーズ2 [福岡ソフトバンクホークス] の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。写真の通り小技から強打までまさに(?)ホークスが育てた代名詞的な選手。熾烈な争いはユーティリティを生み出します。セカンド固定となり、成績がついてくれば走力Aも近い。
2019 S2

【プロスピA】安達 了一 (S) 2019 シリーズ2 [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 7.9/10点。オリックスのバンダナ担当安達選手。安定した守備力は文句なし。打力の見栄え的には甲乙つけがたいですが、守備力がダウンが残念なところ。
2019 S2

【プロスピA】筒香 嘉智 (S) 2019 シリーズ2 [横浜DeNAベイスターズ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。今シーズンも30本塁打は超えてきそうなDeNAより225選手。オールドスタイルよりいつものやつのほうが似合う感。守備適性がEながらもファンには嬉しいサード適性あります。
2019 S2

【プロスピA】村上 宗隆 (S) 2019 シリーズ2 [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 9.8/10点。ついに来ました、令和の怪物村上選手!圧巻の打球と圧巻のフォロースルーはホームランバッター以外の何物でもない。しっかりとパワーも72B→80Aへ。
2019 S2

【プロスピA】山口 航輝 (S) 2019 シリーズ2 [千葉ロッテマリーンズ] の評価・ステータス

俺的評価 7.8/10点。大阪から秋田へ。そして日本ハムの吉田輝星くんのライバル。まだ投手としての挑戦はするのか。
2019 S2

【プロスピA】栗原 陵矢 (S) 2019 シリーズ2 [福岡ソフトバンクホークス] の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。足の速い走力型の捕手は意外と多いながらも、キャノンさんが同チームにいる中、やはり違う色を目指したい。左打ちの足の速い捕手、ネクスト感あります。
2019 S1

【プロスピA】筒香 嘉智 (S) 2019 セレクション [横浜DeNAベイスターズ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。正直、3割超えで40本塁打を打っていた2016年のあの迫力からは若干落ち着いてしまってる印象は否めないのですが、打ちそうな雰囲気はもちろんムンムン。やはり使用感としても貴重なアーチスト。
2019 S1

【プロスピA】浅村 栄斗(S)2019 セレクション [楽天イーグルス]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。楽天へ移籍の、浅村選手。存在感すごいです。昨年の打点127点分がきちんと楽天にのっかっているような得点力。まさにプロスピ映え。
2019 Series 1

【プロスピA】村田 修一 (S) 2019 TS [横浜DeNAベイスターズ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。早くも名コーチの予感ムラムラの村田選手。現役時代のホームラン。あの頃は和製大砲と言えばまさにこの方。それからこうして圧倒的な能力で帰ってきてくれました。
2019 Series 1

【プロスピA】筒香 嘉智 (S) 2019 シリーズ1 [横浜DeNAベイスターズ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。DeNAより225選手。正直、3割超えで40本塁打を打っていた2016年のあの迫力からは若干落ち着いてしまってる印象は否めないのですが、打ちそうな雰囲気はもちろんムンムン。やはり使用感としても貴重なアーチスト。
2019 Series 1

【プロスピA】近藤 健介 (S) 2019 シリーズ1 [北海道日本ハムファイターズ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。EXにも登場してました、球界を代表するヒットメーカー。今シーズン序盤はあまり打率が上がってこない感じでしたが、6月も中盤になろうかというこの時期。気がつけばアベレージは上位争いしてらっしゃいます。圧巻。
スポンサーリンク