NEW! TS第4弾 俺的ランキング!

弾道 ラインドライブ

スポンサーリンク
2020 S1

【プロスピA】井領 雅貴 (S) 2020 シリーズ1 [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 8.2/10点。中日には大島選手の影響もあるのか、あまり大きくないけどヒットメーカー的な人が多いなという印象。社会人→プロでバランス良し。
2020 S1

【プロスピA】堂林翔太 (S) 2020 シリーズ1 [広島東洋カープ] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。逆の意味でどう知っちゃたんだ感の堂林選手。開花と言っていいのか。新・神ってると言って言っていいのか。もはや新神。7月現在打率ランキングで首位にいる堂林さん。
2020 S1

【プロスピA】梶谷 隆幸 (S) 2020 シリーズ1 [横浜DeNAベイスターズ] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。前々から、その前も何年くらい前かは定かではありませんが、セ・リーグでトリプルスリーを達成するならこの人!というくらいの期待値がありました梶谷選手。
2020 S1

【プロスピA】スパンジェンバーグ (S) 2020 シリーズ1 [西武ライオンズ]の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。シーズン序盤の素晴らしい働きは本物感満載でした。秋山選手の抜けた穴に、この方が登場した時に湧き上がり感はすごしでした。長い名前を覚えられるくらいの活躍になってきそう。
2020 S1

【プロスピA】福留 孝介 (S) 2020 エキサイティング [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 8.7/10点。もはや能力だけでは計り知れない存在感。能力的には残念ながら年齢ととともに数値は下がってきている現実ですが、勝負強さとリーダーシップという、数値だけで測れない部分はさすがの一言です。
2020 S1

【プロスピA】糸井 嘉男 (S) 2020 エキサイティング [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。ムキムキバディを意識しすぎるのではなく、ヒットメーカーと見れば足も早くて最高となってきました糸井選手。打率かつ出塁率が高くなっています。打って走れるベテラン。
2020 S1

【プロスピA】渡邉 諒 (S) 2020 シリーズ1 [北海道日本ハムファイターズ] の評価・称号

俺的評価 8.8/10点。綺麗なスイング渡辺選手。しっかりと振れるパワーは魅力的。そんなパワーよりまだ走力が上回っておりますが、ホームランもついに二桁を達成しました。
2020 S1

【プロスピA】今江 敏晃 (S) 2020 TS [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 9.2/10点。下克上で日本一まで登りつめたチームの中で、抜群の存在感だったゴリさんこと今江選手。ミートはもちろん、塁上での笑顔、そして右打ちなど、乗らせたらヤバイ選手。
2020 S1

【プロスピA】メヒア (S) 2020 シリーズ1 [広島東洋カープ] の評価・称号

俺的評価 8.7/10点。マッチョというのか何というのか、とにかくなんかデカいメヒア選手。助っ人ではバティスタもいなくなり、より必要となっているメヒア選手。怪力っぷりはまだまだ伸びしろを感じます。
2020 S1

【プロスピA】マルテ (S) 2020 シリーズ1 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。得意の選球眼を武器に徐々に日本球界にコミットしてきた感じの昨シーズンでありましたマルテ選手。幻のセクシータイムのおかげ?もあり、当初より見違えるように明るくなったドミニカン。
2020 S1

【プロスピA】糸井 嘉男 (S) 2020 シリーズ1 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 9.4/10点。近年ガタイほど打球が飛んでいない感は正直いなめないのですが、その分打率かつ出塁率が高くなっています。守備なども年々変化はありますが、糸井選手はまだまだアップデート中。
2020 S1

【プロスピA】中村 晃 (S) 2020 シリーズ1 [福岡ソフトバンクホークス] の評価・称号

俺的評価 8.2/10点。昨シーズン、試合数が少なかったこともあり若干のマイナスで登場ですが、打ったらどうにも止まらない感は特殊能力で演出。ヒットメーカーの素質間違いなし。
2020 S1

【プロスピA】神里 和毅 (S) 2020 シリーズ1 [横浜DeNAベイスターズ] の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。ハイサイ! DeNAのスター街道まっしぐら。打、足、守、顔と四拍子揃った男の登場です。そこのけハイサイいい感じでございます。走力はついにA。
2020 S1

【プロスピA】宗 佑磨 (S) 2020 シリーズ1 [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 8.7/10点。オリックスの若手は投手陣だけではない。そんな声がする背番号6を背負う男、宗選手。メジャーも経験したコーチに育成される男が育たないわけがない。
スポンサーリンク