荒れ球一覧

【プロスピA】松永 昂大(S)2019 シリーズ1 [千葉ロッテマリーンズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。サイド気味からの速いストレートとスラーブの大きな変化は魅力的。球種も豊富。 能力の高い中継ぎ陣は右腕が多くなりがちですが、貴重な左腕。 使ってみるととてもいい投手だと実感する投手です。操作性高し!!

【プロスピA】五十嵐 亮太(S)2019 新戦力 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。このスピリッツ2900では物足りない、往年の輝きを取り戻している五十嵐投手! 今シーズン中継ぎで既に5勝。正直、SカードではなくAカードを集めておく方がいいと断言できるほどの活躍。正直、この能力では物足りなさ満開ですが、この活躍が反映されれば面白いことになりそうです。 ベテランの活躍は何より新戦力!

【プロスピA】ブランドン(S)2019 新戦力 [千葉ロッテマリーンズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。正直知らなくて、ネットで調べただけの情報になりますが、ストレートが持ち味の少し制球に難ありの投手のようです。能力にも反映されていますね。 ロッテの背番号の大きい投手はボルシンガー投手のように活躍するのか。 まだ登場してきてないので特に大した事書けませんが、ロッテ純正の方のための選手かも!

【プロスピA】奥村 政稔(S)2019 新戦力 [福岡ソフトバンクホークス]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。ルーキーです。甲斐野投手がやはり目立ちますが、この奥村投手も開幕一軍を掴んでいます。 今回の登場では特に目立つ能力ではないですが、遅咲きのルーキーとしてしっかり活躍後の反映期待しましょう!

【プロスピA】クック(S)2019 シリーズ1 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。巨人からクック投手。いいピッチャーですね。ただプロスピの能力としては、まだ反映されていない感は満載です。今シーズン、セーブ状況での登板が多くなりそうなジャイアンツ的にもこの方のセーブ王があればリーグ優勝もありそうですね。ジャイアンツファンには必須になりそう。

【プロスピA】松井 裕樹(S)2019 シリーズ1 [楽天イーグルス]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。楽天から松井投手。随分と前の話となってきましたが、高校時代の甲子園での奪三振ショーが忘れられず、あるのはひいき目。しかしながら、今回まさかの球威が78B。スラーブの変化量は増えつつも、ストレート系が弱くなったのは痛い。 今シーズン順調にセーブを重ねてます。その反映を待つしかない。今シーズンの楽天は何かが違う。勝ち星の数だけ、この方の輝きがあるでしょう。

【プロスピA】佐藤 優(S)2019 シリーズ1 [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。侍ジャパンでも登場してましたが、どこか物足りない能力から徐々に魅力ある投手へと変わっています。ちなみに変化球のスライダー・シュートがともに高速スライダーと高速シュートに変更。それだけでも、使ってみたい気持ち増量。

【プロスピA】吉川 光夫(S)2019 シリーズ1 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。野手の吉川選手がグイグイきてるので、吉川といえばになっちゃいますが、日本ハム時代いいピッチングしてました。背番号も47に変更になり、山口投手のような中継ぎでもいいですよね、速いストレートと2種類のカーブは魅力。使ってみたらとても使いやすい投手でした。

【プロスピA】アドゥワ 誠(S)2019 シリーズ1 [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。ムービングファストとスローカーブとチェンジアップというゲームでは使いづらさ満載の球種ですが、球威は上がってきてます。このまま球威が上がれば使いやすくなるのか?そうなのか!?実際阪神の桑原投手もムービングファストとスライダーだけなので、いけるのでしょう。それにしても迫力出てきましたね写真も。

【プロスピA】黒木 優太(S)2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。特殊能力は超豪速球◎。そそりますね。昨シーズン中継ぎで頑張った山本くんが先発に移動するので、この黒木投手の頑張りはチームの命運を握るのではないでしょうか。金子・西投手も抜けてますしね。オリックスの若手投手陣を引っ張る中継ぎに!!

【プロスピA】石川 柊太(S)2019 シリーズ1 [福岡ソフトバンクホークス]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。ポストシーズンでもシーズン中でも先発中継ぎと大活躍でした。 球威・制球・スタミナの数値よりも、ストレートとパワーカーブに惚れます。昨シーズン後半にAランク登場ということもあり、育てきれていない方も多いのではないでしょうか。つまり、2019からしっかりと使い込める予感。個人的には中継ぎにめっちゃ欲しいです。

【プロスピA】山口 俊(S)2019 シリーズ1 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。横浜時代の印象からか、ここまで長けた能力だとは正直思わなかったくらい、改めて見ると魅力あり。球威をAにするのも可能。しっかりとしたフォークもあるので、抑えとしてもいいのではとも思います。リアルでは菅野投手と勝ち星を稼げるかですね。大補強の原ジャイアンツやいかに。

【プロスピA】佐藤 優(S)2018 侍ジャパン[中日ドラゴンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。JAPANでの登場ですが、岩瀬、浅尾の中継ぎ抑え投手が引退した中日枠としても期待大の選手です。ゲームとしてみると、この球種の場合、もう少し球威が欲しいところ。しかし、2018 シーズン中盤からの活躍を見るとまだまだ伸びしろはあります。まだまだ楽しみな若手枠なので、成長枠として置いておきたい選手ではあります!

【プロスピA】福盛 和男(S)2018 Series2 OB[東北楽天ゴールデンイーグルス]の評価・ステータス

俺的評価 7.5/10点。確かに楽天の抑えといえば、この方という印象もあります。中日から登場の田尾監督時代も懐かしいです。メジャーにも挑戦されたこの方ですが、抑えはもちろん中継ぎ起用も可能です。シュートが一番強い球になると思うのですが、プロスピでシュートを投げると何故か激しく打ち込まれる個人的な感想が大いに入りのこの点数です。

【プロスピA】三嶋 一輝(S)2018 Series2[横浜DeNAベイスターズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。毎年次第に強くなってきている横浜。その中で働きまくった三嶋投手。2018シリーズ2で最後に登場した選手ですが、来年の期待が込められている気がします。期待しましょう、桑原、近藤の流れで、最優秀中継ぎのタイトル獲得の可能性は大いにあります。

【プロスピA】石川 柊太(S)2018 Series2[福岡ソフトバンクホークス]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。シンプルにいい投手。先発でもリリーフでも勝ち星をあげて13勝。勝ち星だけで見ると千賀くんクラス。印象的なカーブはもちろん、ロングリリーフでも武田くん同様話題をかっさらってました。中継ぎSに加えて先発Sというのも超魅力ですね。シーズン1ではセレクションで登場したものの、通常ではSもAランクの登場もなかったので、ついに登場してきた感じです。

【プロスピA】古川 侑利(S)2018 Series2[楽天ゴールデンイーグルス]の評価・ステータス

俺的評価 7.5/10点。2018シーズンで見事初勝利してます。正直あまり知らないのでペラペラになっちゃいますが、中継ぎ適正もSなのは見落としたくない所ですね。先発が難しくても中継ぎで跳ねる場合多々あります。

【プロスピA】十亀 剣(S)2018 Series2[西武ライオンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。入団した当初はいい投手が出てきたという印象でしたが、残念ながら2018シーズンも負け越し。来季は投手陣からも菊池くんが抜けてしまったり、先発陣の奮起が必要なので是非にも頑張って欲しい投手の一人です。あとゲーム的には中継ぎ適正もあるので、割と使いやすい印象です。