NEW! 俺的 期待の若手ランキング!

荒れ球

スポンサーリンク
2020 S1

【プロスピA】望月 惇志 (S) 2020 期待の若手 [阪神タイガース]の評価・称号

俺的評価 7.9/10点。高身長から投げる速球は威力抜群。先発もいいですが、できることなら少しバテ気味の救援ベテラン陣を支える意味でも追い越す意味でも、1軍で投げまくって欲しい存在。
2020 S1

【プロスピA】北浦 竜次 (S) 2020 期待の若手 [北海道日本ハムファイターズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。いつか化けるであろう、北浦投手。球威のある速球はどこまで球速も伸びるでしょうか。左腕で若干荒れ気味、でも直球にノビがあるそんな投手となると期待はせずにいられない原石感。
2020 S1

【プロスピA】ゴンサレス (S) 2020 助っ人外国人 [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 8.6/10点。中日の助っ人というだけで、やはり期待値は高くなりますゴンサレス投手。どちらかというと安定感がありそうな印象(制球が高いわけではないですが)。
2020 S1

【プロスピA】吉川 光夫 (S) 2020 TS [北海道日本ハムファイターズ] の評価・称号

俺的評価 9.6/10点。速いストレートにリアルでも打ちにくそうな軌道のDカーブとスラーブで撹乱間違いなしの吉川投手。変化球の組み合わせもとても投げやすい投手です。
2020 S1

【プロスピA】近藤 大亮 (S) 2020 シリーズ1 [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 8.6/10点。ナイス投げっぷり、まさに中継ぎ近藤投手。威力あるストレートを軸にオーソドックスな変化球と見せつつ、第二球種としてのラビットボール。打者の手元に沈んでいく遅い球。ぜひに使ってみたい。
2020 S1

【プロスピA】長谷川 宙輝 (S) 2020 新戦力 [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 8.3/10点。躍動感のあるナイス直球を投げ込むスタイルの長谷川投手。ちなみに名前は宙輝(ひろき)。宇宙感満載。速いストレートにチェンジアップと緩急もバッチリ。
2020 S1

【プロスピA】スアレス (S) 2020 新戦力 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 8.4/10点。豪速球かつ多彩な変化球の持ち主、スアレス投手。ホークスでは若干下降気味な印象が正直な所。しかし、速い球がより生きてきそうなセ・リーグへ。
2020 S1

【プロスピA】スチュワートJr. (S) 2020 新戦力 [福岡ソフトバンクホークス] の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。ポテンシャル的なものは間違いないはず。なんせMLBドラフト1位指名。期待値大の男。ホークスなら潜在能力が開花するに違いなし。
2020 S1

【プロスピA】エドワーズ (S) 2020 シリーズ1 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。ストレートと縦スラで投げきるタイプ。近年ナックルカーブみたいなカーブ系が多い中で、THEシンプルな球種はTHE中継ぎ感と頼もしさも感じます。
2020 S1

【プロスピA】三嶋 一輝 (S) 2020 シリーズ1 [横浜DeNAベイスターズ] の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。もはやDeNAの中継ぎといえば、三嶋投手。個人的に思ってたよりもかなり速い球を投げる投手。今シリーズではなんとMAX156km。
2020 S1

【プロスピA】佐々木 朗希 (S) 2020 ルーキー [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。やはり投げるだけでも話題になる投手はモノが違う感半端なしです。これだけ足を上げて崩れないフォームで投げ込んでいく姿はもはや美しい。
2020 S1

【プロスピA】宮川 哲 (S) 2020 ルーキー [西武ライオンズ] の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。西武のルーキー宮川投手。社会人からの加入で、キャッチャー森選手と同い年。フォームはパワーピッチャーそのもの。西武投手陣を支える存在となるか。中継ぎ向きの雰囲気はありそう。
2019 S2

【プロスピA】Kー鈴木 (S) 2019 シリーズ2 [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 8.6/10点。今シーズン、序盤はいい投球ながら勝ち星に恵まれない印象でしたが、明らかに感じさせるいい投手感。いや、いい投手になるに違いない感。シリーズ1から球種は明らかによくなっています。
2019 S2

【プロスピA】松岡 弘 (S) 2019 OB [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 9.1/10点。ヤクルトってあまりユニフォーム変わってないんですね、の知らない系投手であります。球威とスタミナがかなり高めの背番号17を背負う沢村賞投手。限界突破なしで、先発も中継ぎもできるのはポイント高し。
スポンサーリンク