NEW! 俺的中継ぎランキングベスト16!

超コントロール◎

スポンサーリンク
2019 S2

【プロスピA】大瀬良 大地 (S) 2019 シリーズ2 [広島東洋カープ] の評価・称号

俺的評価 9.8/10点。広島のエース大瀬良投手。やはりこの人の貯金がチームの命運を握ると言っても過言じゃない。圧倒的な制球力は素晴らしいけど、もう少しストレートに迫力が欲しい。
2019 S2

【プロスピA】西 勇輝 (S) 2019 シリーズ2 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 9.7/10点。移籍組の西投手!シーズン通して投げ切る姿はタイガースのエースとなりました。多彩な変化球をニコニコ投げ切るコントロールはさすがの一言!
2019 S2

【プロスピA】小倉 恒 (S) 2019 OB [楽天イーグルス] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。楽天誕生投手を支えた小倉投手。正直、変化球は少し物足りないながらも、圧倒的な制球は魅力。あとはやはり中継ぎも抑えも限界突破なしで可能なのはポイント高し。
2019 S2

【プロスピA】西 勇輝 (S) 2019 アニバーサリー [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 9.7/10点。シーズン通して投げ切る姿はタイガースのエースとなりました。多彩な変化球。突出した決め球は見当たらないものの、投げ切るコントロールはさすがの一言!
2019 S2

【プロスピA】唐川 侑己 (S) 2019 シリーズ2 [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 8.6/10点。久々に登場の唐川投手。中継ぎとしての登場。唐川投手といえば、高い制球力とゆったりしたフォーム。多彩な変化球も健在。
2019 S2

【プロスピA】石川 雅規 (S) 2019 シリーズ2 [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。小さな大ベテラン、大きなアップ制球Aで登場。もちろん球速はありませんが、多彩な変化球があります。この投手を使いこなせるかはあなたの腕次第。
2019 S2

【プロスピA】石川 歩 (S) 2019 シリーズ2 [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。芸術的なヒゲとシンカー。なんと中継ぎで登場です。今シーズン開幕投手ながら中々勝ち星なしが続きました。残念ながら制球は80A→78Bへ。ただ、この能力で中継ぎが可能なのは魅力あります。
2019 S2

【プロスピA】美馬 学 (S) 2019 シリーズ2 [楽天イーグルス] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。小さな体で制球力を武器に戦う美馬投手。ベテランの域に入ってきました。その中で、圧巻の制球力。S1の76Bより大幅アップの83A!
2019 S2

【プロスピA】大竹 耕太郎 (S) 2019 シリーズ2 [福岡ソフトバンクホークス]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。今シーズンの活躍から大幅アップきました大竹投手。2018 S2の登場時からの駆け上がり素晴らしいです。何より変化球が違う。緩急つけまくり。
2019 Series 1

【プロスピA】塩見 貴洋 (S) 2019 シリーズ1 [楽天イーグルス] の評価・称号

俺的評価 9.2/10点。何と言ってもちょっと引くくらいの制球の高さ。なんと84A。すばらE。見栄えE。スローカーブとストレートが印象的ですが、この制球力があれば怖いものがないくらいの感覚になります(謎)。
2019 Series 1

【プロスピA】加藤 貴之 (S) 2019 シリーズ1 [北海道日本ハムファイターズ] の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。今シーズン、一番変革期に中心にいると言っても過言ではない加藤投手。オープナー制度で起用されているのがどうなのかはまだ正直わかりませんが、どちらにせよ今後語られる中でこの方を目にする機会は多いのでしょう。
2019 S1

【プロスピA】有原 航平 (S) 2019 シリーズ1 [北海道日本ハムファイターズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.9/10点。Mr.コンスタントな印象から、今シーズンはエースの働き。ズバッと決まる速球を見てたら中々打てないのがわかります。何より特殊能力的には超コントロール◎と豪速球を持っている面白い投手。
2019 Series 1

【プロスピA】中川 皓太 (S) 2019 セレクション [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 9.2/10点。ポリバレント・クローザーと呼ばれ今シーズン大活躍の中川投手、抑えで登場です。(ポリバレントは下記参照)原監督には目力だけじゃなく、やはり采配能力もある。そんなことを思う7月中旬。
2019 S1

【プロスピA】有原 航平 (S) 2019 セレクション[北海道日本ハムファイターズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.8/10点。シリーズ1ではまだ登場してなかったので、セレクションで初登場。Mr.コンスタントな印象から、今シーズンはエース級の働き。残念ながら上沢投手がいなくなってしまったこれから、まさにエースとしての力量が試されます。
スポンサーリンク