超ノビ◎一覧

【プロスピA】石山 泰稚(S)2019 EX [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。使用感的に間違いない投手。とても投げやすく三振、ゴロアウトともに狙って取れる投手です。唯一言うとしたら、横への変化がないくらい。Dカーブと2種の落ちる球種でも十分ですが!球威もあるし、何と言っても限界突破なしで中継ぎ可能なことでしょうか。 抑えが決まっている方も中継ぎ枠でいかがでしょうか。

【プロスピA】一岡 竜司(S)2019 EX[広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。広島の中継ぎ(日本人)といえば一岡投手、と言うくらいの存在に。なぜかジャイアンツの印象が強い。でもすでにジャイアンツよりも広島への所属期間の方が圧倒的に長い。球威がもう少し上がってくるとより重宝かと思いますが、ストレートとフォークの組み合わせが好きな方にはいいかも。

【プロスピA】山本 由伸(S)2019 EX [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。好投するもなかなか援護に恵まれないそんな印象。 ただし能力は大谷サンも球界のレジェンドたちも口を揃えて認める逸材。 珍しく?リアルな成長にプロスピ側が追いついていない選手の一人といっても過言ではない。 パッと見でAはないので、心移りあるかもですが次回登場時には圧巻の能力になっているでしょう。

【プロスピA】一岡 竜司(S)2019 シリーズ1 [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。やはり威力のあるストレートと2種のフォークでしょう。中々調子の上がらないカープも、やはり昨年までは守りきる強さがありました。カピバラトリオの中の一人。 球威が称号次第でAになるナイス中継ぎです。

【プロスピA】澤田 圭佑(S)2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。毎度おなじみ阪神藤浪投手と大阪桐蔭時代の同級生。今シーズンは昨シーズンの飛躍もあり多く出番をもらっている印象。2019S1に登場した5月現在では少し打ち込まれている姿もありましたが、まだまだ若い投手。山本、山岡、福田、西浦くんなど若手のホープ揃いのオリックス。数年後の胴上げ投手かも知れない。

【プロスピA】岸 孝之(S)2019 シリーズ1 [楽天イーグルス]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。セ・リーグは圧巻の菅野投手、そしてパ・リーグは何と言っても個人的ベストワン岸投手。 プロスピを初めてまだ一回も当たらないからこそより欲しくなる岸投手。 ただし、代名詞の変化球がスローカーブからカーブに変化!これがどう出るか。 まだ2019バージョンの岸投手をゲットできていないので不明ですが、より良いか若干?か。

【プロスピA】石山 泰稚(S)2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。ヤクルトから石山投手。打力はグイグイきてるヤクルト、大事なのは勝ちパターン。その最後に君臨するようになったこの石山投手。なんと言っても抑えっぽい顔してます(俺的視点)。もちろん、速くて威力のあるストレートと落ちる縦スラは素晴らしいのですが、あわせてフォークもあります。自チームにこんな抑えがいたら文句なし!

【プロスピA】近藤 一樹(S)2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。昨シーズンはタイトルホルダーでも登場したロマンあるピッチャー。今シーズンもまだ試合数は少ないですが、安定しているので活躍されるでしょう!活躍のすえ、背番号も変わり、強力打線を支えるセットアッパーとして今年も期待しましょう。

【プロスピA】ハーマン(S)2019 シリーズ1 [楽天イーグルス]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。今回感じたこと、それは単純に使ってみたい!ナックルカーブはクソほど打ちづらいですが、その中でも変化量マックス7きました。変化球種はシンプルながらも、待ってても打てないナックルカーブMAXの威力やいかほどに。

【プロスピA】益田 直也(S)2019 シリーズ1 [千葉ロッテマリーンズ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。中継ぎよりも守護神感ありますが、何よりシンカーに始まり変化球の豊富さ。投げてて、打たれる気がしないくらい狙いを外していけるカットとシンカーの組み合わせ。昨シーズンの益田さんよりは1ランクアップした気がする今シーズンの益田さん。

【プロスピA】吉田 一将(S)2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。昨シーズンのフル回転もありましたが、能力的に大きな変化はなし。しかし、ノビのある速球は威力あります。ちなみに西武キラーあり。自チーム操作ではあまり球団キラーの恩恵は受けにくいですが、リアル感あっていいっすよね。

【プロスピA】ハフ(S)2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。先発も適正Sながら、球種はカットとチェンジアップのみ!イッツシンプル!この球種くらいで打ち取れたらそれは素敵なことなんですけど、いくらストレートとチェンジアップの組み合わせがプロスピでは高い効果を発揮すると言ってもちょっと厳しいかもしれない。そんな感じ!

【プロスピA】石川 柊太(S)2019 シリーズ1 [福岡ソフトバンクホークス]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。ポストシーズンでもシーズン中でも先発中継ぎと大活躍でした。 球威・制球・スタミナの数値よりも、ストレートとパワーカーブに惚れます。昨シーズン後半にAランク登場ということもあり、育てきれていない方も多いのではないでしょうか。つまり、2019からしっかりと使い込める予感。個人的には中継ぎにめっちゃ欲しいです。

【プロスピA】アルバース(S)2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。昨シーズン怪我までは素晴らしい投球でした。ロッテのボルシンガー投手と争うほどの活躍。制球が最初から80Aというのは魅力ですね。球は速くないものの、球威もあるのでいい投手です。今シーズン、タイトル争いに入ってくる可能性ありそうです。

【プロスピA】岡田 明丈(S)2018 侍ジャパン[広島東洋カープ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。正直2017シーズンの活躍から2018シーズンは少し物足りなかった印象です。そんな中でも優勝しちゃう広島は強いですね。終盤は中継ぎもしてたので適正ついてますが、来シーズンは先発で勝負でしょうか。ゲーム的には変化球の少なさが厳しいですが、中継ぎで穴を埋めるにはいいかと思います!すみません!

【プロスピA】岸 孝之(S)2018 侍ジャパン[楽天ゴールデンイーグルス]の評価・ステータス

俺的評価 10.0/10点。まず最初に言いたい。また獲得できるチャンスをいただきありがとうございます。 個人的にはずっと欲しいのに、ずっとゲットできてない投手。いつ手に入るんだ。 今回ももちろんオールA。 なんといっても、フォームがきれい。

【プロスピA】成田 翔(S)2018 侍ジャパン[千葉ロッテマリーンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。圧倒的なのはチョコの数。ロッテといえば、楽しみな若手陣。何より井口監督の笑顔が素敵。この成田くん、まだ成長株なので能力は他の侍ジャパンの選手たちに比べて物足りないのは正直なところ。中継ぎに加え、先発も適性はS。この写真も少し似て見えますが、高校時代は松井裕樹くんのような奪三振ぷりでした。まだ21歳、これからでございます。

【プロスピA】高橋 礼(S)2018 侍ジャパン[福岡ソフトバンクホークス]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。2018シーズンではカードの登場がなかったので、侍ジャパンのみ登場です。代表ではDeNA東投手の辞退での追加招集でしたが、代表でもNPBでもサブマリンの投手は貴重。個人的に牧田投手でサブマリンでの投球が苦手だったのですが、得意な方にはとてつもない戦力だと思います。

【プロスピA】澤田 圭佑(S)2018 Series2[オリックス・バファローズ]の評価・ステータス

俺的評価 7.5/10点。阪神藤浪くんと大阪桐蔭時代の同級生。ちなみに藤浪くん2018シリーズ2では登場なしでした。。この澤田投手、2018シーズンは飛躍の年でした。まだまだ若い投手なので、来年から期待です!金子、西投手が抜けた穴を埋めるのは山本、山岡投手だけではなく、この澤田投手かもしれない。

【プロスピA】石川 柊太(S)2018 Series2[福岡ソフトバンクホークス]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。シンプルにいい投手。先発でもリリーフでも勝ち星をあげて13勝。勝ち星だけで見ると千賀くんクラス。印象的なカーブはもちろん、ロングリリーフでも武田くん同様話題をかっさらってました。中継ぎSに加えて先発Sというのも超魅力ですね。シーズン1ではセレクションで登場したものの、通常ではSもAランクの登場もなかったので、ついに登場してきた感じです。