NEW! 俺的 アニバーサリー第一弾ランキング!

球団別

スポンサーリンク
2019 S2

【プロスピA】ハフ (S) 2019 シリーズ2 [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。なんだかんだで投げまくったハフ投手。圧巻の伸びっぷりといっても過言ではない。球種は少ないもののストレートとカットボールの質が大幅アップは大きい。
2019 S2

【プロスピA】一岡 竜司 (S) 2019 シリーズ2 [広島東洋カープ] の評価・称号

俺的評価 8.4/10点。広島の中継ぎ(日本人)といえば一岡投手、と言うくらいの存在に。ただ近年の投げまくりが原因なのか、少しバテた様子の今シーズン。佐々岡新監督のもと、飛躍はあるのか。
2019 S2

【プロスピA】ハーマン (S) 2019 シリーズ2 [楽天イーグルス] の評価・称号

俺的評価 8.8/10点。シリーズ1みたいな変化量マックスのナックルカーブではなくなったこと、そして球威も残念ながら80Aから76Bにダウンしてしまったのが残念。
2019 S2

【プロスピA】唐川 侑己 (S) 2019 シリーズ2 [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 8.6/10点。久々に登場の唐川投手。中継ぎとしての登場。唐川投手といえば、高い制球力とゆったりしたフォーム。多彩な変化球も健在。
2019 S2

【プロスピA】近藤 大亮 (S) 2019 シリーズ2 [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 8.6/10点。ナイス投げっぷり、これぞオリックス的な?近藤投手。シンプルな変化球ですが、やはり気になるのはあの江川投手も投げていたというラビットボール。
2019 Series 1

【プロスピA】石川 直也 (S) 2019 シリーズ2 [北海道日本ハムファイターズ] の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。日ハムから石川投手。高い身長から投げ下ろす変化量たっぷりのSFFは魅力。抑えも適性Bなので、限界突破なしで可能。
2019 S2

【プロスピA】モイネロ (S) 2019 シリーズ2 [福岡ソフトバンクホークス] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。球威は79Bから81Aへと大幅アップ。速い球とチェンジアップの組み合わせはやはり秀逸。何より今回から圧巻は縦スライダー。
2019 S2

【プロスピA】マーティン (S) 2019 シリーズ2 [西武ライオンズ] の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。球界でも随一の高身長に違いなし2mmマーティンです。リアルで見てると打ちにくそうですが、プロスピでいうとすこーし特徴が難しいかも。。
2019 S2

【プロスピA】大山 悠輔 (S) 2019 シリーズ2 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。今シーズン、4番に座っていたからか色々と言われました。右打ちがどーの、言われても自分自身を貫いて笑顔を見せて欲しい!
2019 S2

【プロスピA】高橋 周平 (S) 2019 シリーズ2 [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 9.3/10点。中日から、ついに開花との声が聞こえる高橋周平選手。今か今かと待ちわびていた高橋くんの覚醒。どっしりと構えているフォームたるや、強打者のあれ!
2019 S2

【プロスピA】宮崎 敏郎 (S) 2019 シリーズ2 [横浜DeNAベイスターズ] の評価・称号

俺的評価 9.1/10点。今シーズン序盤は苦戦ながらも最終的にはやっぱり宮崎さんでした。残念ながらマイナス部分が目立ってはいます。打率3割が続いてたので、仕方ないですが残念感はあり。
2019 S2

【プロスピA】ビヤヌエバ (S) 2019 シリーズ2 [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。巨人の助っ人、ビヤヌエバ選手。なぜビヤヌエバ。ナカジとの争いに買って序盤は活躍。枠の問題など色々とありますが、まだ飛躍があるのか。
2019 S2

【プロスピA】太田 賢吾 (S) 2019 シリーズ2 [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 8.4/10点。パ・リーグ出身ならでは(偏見)のセンスが溢れてました。ハムの目利きが獲得しただけある(妄想)素晴らしい選手。1番を打っていた姿には未来のヒットメーカーを感じました。
2019 S2

【プロスピA】安部 友裕 (S) 2019 シリーズ2 [広島東洋カープ] の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。ヒットメーカーとして素晴らしい活躍だった2017年から徐々にミートも下がってしまい、ついに70Bから68Cとなってしまいました。躍動しまくってたタナキクマルと同世代。
スポンサーリンク