NEW! 俺的 TS第2弾ランキング!

球団別

スポンサーリンク
2020 S1

【プロスピA】エスコバー (S) 2020 シリーズ1 [横浜DeNAベイスターズ] の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。ついに球威AとなりましたDeNAからドストレート、エスコバー投手!何と言っても160kmのストレート。豪華な投げっぷりも相まって超速い。
2020 S1

【プロスピA】中川 皓太 (S) 2020 シリーズ1 [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。巨人のポリバレント・クローザー中川投手。中継ぎでも抑えでもどちらでもOKです。球種は少ないものの、かなり磨かれた球種としての仕上がり。
2020 S1

【プロスピA】近藤 大亮 (S) 2020 シリーズ1 [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 8.6/10点。ナイス投げっぷり、まさに中継ぎ近藤投手。威力あるストレートを軸にオーソドックスな変化球と見せつつ、第二球種としてのラビットボール。打者の手元に沈んでいく遅い球。ぜひに使ってみたい。
2020 S1

【プロスピA】宮西 尚生 (S) 2020 シリーズ1 [北海道日本ハムファイターズ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。無敵感出てきました、宮西投手。球威は前シリーズもAに乗ってましたがついに制球も80A!圧倒的中継ぎが仕上がってます。
2020 S1

【プロスピA】ハーマン (S) 2020 シリーズ1 [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。楽天から加入のハーマン投手!ベテランと言っても良い年齢ながら、まだまだ投げまくる投手。代名詞のナックルカーブは正直年々変化量が落ちてはきていますが、打つのは容易ではない。
2020 S1

【プロスピA】森原 康平 (S) 2020 シリーズ1 [楽天イーグルス] の評価・称号

俺的評価 9.6/10点。変化球はシンプルながらも威力あるストレートに落差のあるフォークと守護神そのもの。抑え適性がBなので限界突破なしで抑えも可能。
2020 S1

【プロスピA】モイネロ (S) 2020 シリーズ1 [福岡ソフトバンクホークス] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。キューバの男、モイネロ投手。球威は益々アップで82Aへ。速い球とチェンジアップの組み合わせは個人的に大好物。しかも大きなカーブまであり〼。
2020 S1

【プロスピA】平井 克典 (S) 2020 シリーズ1 [西武ライオンズ] の評価・称号

俺的評価 9.3/10点。剛腕、投げまくりの平井投手。投げまくりの効果(?)もあり、中継ぎながらスタミナ72Bという無尽蔵。変化量が+1となったキレキレのスライダーは超魅力的。
2019 S2

【プロスピA】雄平 (S) 2020 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。年を重ねてもまだまだアップデート中の雄平選手。引っ張りの打球はさすがです。しかも代打の神様がついてます。これから大ベテランとなっても生き残る道しか残っていない素晴らしき選手。
2020 S1

【プロスピA】平田 良介 (S) 2020 シリーズ1 [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。おしりフリフリ打法こと平田選手。年齢こそ重ねられてますが、まだまだ躍動感あります。なんせ肩力89Aへアップデート。
2020 S1

【プロスピA】鈴木 誠也 (S) 2020 シリーズ1 [広島東洋カープ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。首位打者を獲得したジャパンの4番は、ミート強化で登場しました。その素晴らしさはもちろん、守備適性がBとなっている喜び。どんなチームでも外野陣に欲しい一人であることに違いなし。
2020 S1

【プロスピA】糸井 嘉男 (S) 2020 シリーズ1 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 9.4/10点。近年ガタイほど打球が飛んでいない感は正直いなめないのですが、その分打率かつ出塁率が高くなっています。守備なども年々変化はありますが、糸井選手はまだまだアップデート中。
2020 S1

【プロスピA】オースティン(S) 2020 シリーズ1 [横浜DeNAベイスターズ] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。オープン戦では打ちちまくっておりましたオースティン選手。筒香選手の穴を埋めるべくやってきましたが、オープン戦だけを見れば誰よりも打ってました。期待値大!
2020 S1

【プロスピA】パーラ (S) 2020 シリーズ1 [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 8.8/10点。特殊能力に人気を携えて監督感溢れる背番号88で登場です巨人からパーラ選手。MLBバリバリなところからやってくる時のワクワク感は半端なしです。
スポンサーリンク