2019 Series 1一覧

【プロスピA】レグナルト(S)2019 助っ人外国人 [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。広島のまじ助っ人レグナルト投手。 スピリッツ2900の覚醒可能選手なので、まだ本気モードじゃないと捉えていますがリアルでは本物の活躍してます。 このカード登場時の6月13日現在27試合登板で未だ自責点1の防御率0.30。 思わず個人的に禁じ手の数字を並べてしまうくらいの活躍。

【プロスピA】一岡 竜司(S)2019 EX[広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。広島の中継ぎ(日本人)といえば一岡投手、と言うくらいの存在に。なぜかジャイアンツの印象が強い。でもすでにジャイアンツよりも広島への所属期間の方が圧倒的に長い。球威がもう少し上がってくるとより重宝かと思いますが、ストレートとフォークの組み合わせが好きな方にはいいかも。

【プロスピA】松山 竜平(S)2019 シリーズ1 [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。今シーズン大暴れのバティスタ選手の存在もあり、一塁での登場はなかなかないかもですが、なんと言っても打っている印象しかないくらい打っている(気がする)。 背番号55、つまり赤ゴジラ。指名打者のある交流戦でどのくらい打ち始めるのかそこが欲しくなる勝負の分かれ目な気もする。

【プロスピA】佐々岡 真司(S)2019 シリーズ1 [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。圧巻の球威とスタミナ、まだまだ記憶に新しいカープのエース。 あとはスライダーとDカーブのみの変化球を使いこなせるかどうか。 このスタミナながら抑え適性がSでもあります。 個人的にはリアル対戦で全く打てなかったこともあるので、スライダーとDカーブでも打ち取れる(打ち取られる)ものだと思います。

【プロスピA】バティスタ(S)2019 シリーズ1 [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。得点圏打率のせいかとんでもなく打っている印象の強いドレッド・バティスタ。 昨シーズンの2018S2から残念ながら、ミート-3と走力-2です。ヘルメットが浮いてるからか。 特殊能力に代打もありますが、今シーズンはスタメンでチャンス◎がついてもおかしくない活躍。

【プロスピA】野間 峻祥(S)2019 シリーズ1 [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。シーズン開始前より丸選手の移籍によりフューチャーされてましたが、お見事です野間選手。ガラ空きになったセンターに強肩を引っさげて君臨。 やはりポジションがあけば必ず登場してくるプロの世界は厳しい。肩は昨シーズン同様90S。ちなみに昨シーズンよりもミートとパワーが少しアップ。

【プロスピA】一岡 竜司(S)2019 シリーズ1 [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。やはり威力のあるストレートと2種のフォークでしょう。中々調子の上がらないカープも、やはり昨年までは守りきる強さがありました。カピバラトリオの中の一人。 球威が称号次第でAになるナイス中継ぎです。

【プロスピA】大瀬良 大地(S)2019 シリーズ1 [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。そろりそろりとエースの座まで歩んでこられてましたが、今シーズンついに大エースの座に着座! 昨シーズンまでとは変化球も雲底の差!少し言い過ぎましたが、圧倒的に良くなっています。 全体的な広島枠を考えても、この方はどの球団にもベストマッチングー!になるのではないでしょうか。

【プロスピA】長野 久義(S)2019 新戦力 [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。まず、ヒゲとユニフォーム似合ってますね(惚)!衝撃の人的補償からシーズンは始まり、広島の不調もありながら、やはりベテランはカッコいい、そんなナウです(謎)。 長野選手といえば、圧倒的なファンサービス、そして天才型でそしてあまり練習しないなど噂はありましたが、カープへの馴染み方半端じゃないです。

【プロスピA】安部 友裕(S)2019 シリーズ1 [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。ミートがより高い年もありましたが、今年度は足がより効いてきそうです。 内野が全て適正Cなので超3以上でどこでも守れます。 弾道が低弾道なので、すこーし渋いですが純正の方には欠かせない存在でしょう!

【プロスピA】栗原 健太(S)2019 シリーズ1 TS [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。新井さんの抜けた後、広島の4番といえばこの方!パワー型ではなくミート型ですが、弾道は超パワーヒッター。個人的にプロスピではミートが高い選手は大きいのも打てる印象。 つまり、ミートがここまで高いパワーヒッターは大きいのも打てる期待値大!!

【プロスピA】會澤 翼(S)2019 シリーズ1 [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。まず、この打力!パ・リーグには西武森選手がいますが、セ・リーグで打てる捕手といえばこの方。 デッドボールの多さもありつつ、打つイメージは拭えない。肩力が58Dで若干物足りなさは感じつつも、打順8番に入れた會澤選手が打つって言う話はプロスピでもよくある話です。

【プロスピA】中崎 翔太(S)2019 シリーズ1 [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。広島からヒゲ男子中崎投手。この数年の登板疲れからか、個人的には少し捕まる印象も。そして残念ながら球威もAから79Bへと下がってます。ただし寸評でもいじられているサインを確認する時のあの顔、威圧感への期待は高まるばかり。しかし、中崎投手登場の2019.4現在、どこかで上昇気流には乗るでしょうが、どうした広島状態。歓喜の輪の中心にいた投手、がんばってほしい!

【プロスピA】菊池 涼介(S)2019 シリーズ1 [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。圧倒的守備力!ミート、パワー、走力も申し分なし。しかしながら、Aにのっていた素晴らしい能力を知っている方々としては物足りなく感じるのも正直なところ。だって菊池選手ですもの。 今シーズンは活躍して能力アップしてくれるでしょう!海を渡っちゃうかもですが。 守備力まで含めると圧倒的な存在感ですね。

【プロスピA】フランスア(S)2019 シリーズ1 [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。昨シーズン登場してからここまで我が球団でも使用してきました。ストレート、スライダー、チェンジアップのシンプル球種ながら素晴らしい。それにも増して、今シーズンではストレート、スライダー共に威力を増しております。今シーズンでは広島でもしっかりと投げているので、これから爆上がりは間違いないでしょう。

【プロスピA】アドゥワ 誠(S)2019 シリーズ1 [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。ムービングファストとスローカーブとチェンジアップというゲームでは使いづらさ満載の球種ですが、球威は上がってきてます。このまま球威が上がれば使いやすくなるのか?そうなのか!?実際阪神の桑原投手もムービングファストとスライダーだけなので、いけるのでしょう。それにしても迫力出てきましたね写真も。

【プロスピA】ジョンソン(S)2019 シリーズ1 [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。個人的に顔も好きだが投げ方も好き。あとスパイクカーブで三振も気持ちいい。昨シーズンの活躍もあり、もう少し能力アップあるかと思いましたが渋かった!しかし、カーブの威力はアップ!個人的には左腕ではトップクラスの先発投手だと思います。

【プロスピA】田中 広輔(S)2019 シリーズ1 [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。そうです、小園くんにはもちろん期待でワクワクしますが、現ショートはこの方。昨シーズン少し打順が落ちたりあったのでミートは-3になってるものの、走力は+2で80Aに乗っております。走力型に変わりはなくてもこの打力と守備力で、この足があるとなれば、坂本選手や源田選手とはまた違った使い方になると思います。

【プロスピA】小園 海斗(S)2019 シリーズ1 ルーキー [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。正直、甲子園を見ていた印象としてはここまでできる人だとは思ってませんでした(恥)。ただ当時から解説者のおもしろおじさん金村さんも高評価してました。つまり、プロから見ると光るものがあるんだろうと思います。実際4連覇を目指すチームで一軍にいますもんね。

【プロスピA】鈴木 誠也(S)2019 シリーズ1 [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。同値ではありませんが、ついにミートもAに乗りました!パワーもう少しあっても良さげですが、昨シーズンからはミート・パワーともに+1ですね。ついでに背番号も1。オープン戦で見ても、ガタイがどんどん大きくなってますね。今年あたりタイトル争いに加わってくれるでしょう。