NEW! 外国人OB 俺的ランキング!

ヤクルト

スポンサーリンク
2019 S2

【プロスピA】ハウエル (S) 2019 外国人OB [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 9.7/10点。ハウエルと言えばマーガレットですが、ヤクルトで言えばこの方。サードの貴重な左打ち。ヤクルト時代は素晴らしい打撃でした。
2019 S2

【プロスピA】バレンティン (S) 2019 シリーズ2 [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 9.4/10点。今シーズンもちゃっかりと30本塁打超え!FAを取得して来シーズンはどこのチームにいるのか。ヤクルトかはたまた同じ都のチームだったりするのか。
2019 S2

【プロスピA】マクガフ (S) 2019 シリーズ2 [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。抑えもできるマクガフ投手。今シーズンはオールスターも経験。個人的に使いやすさは間違いなく上がってると思います!球威も73B→78Bへ。今シーズン完全にコミットしている助っ人。153kmの高速シュートって怖い。
2019 S2

【プロスピA】村上 宗隆 (S) 2019 シリーズ2 [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 9.8/10点。ついに来ました、令和の怪物村上選手!圧巻の打球と圧巻のフォロースルーはホームランバッター以外の何物でもない。しっかりとパワーも72B→80Aへ。
2019 S2

【プロスピA】原 樹理 (S) 2019 シリーズ2 [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 8.7/10点。今シーズン、ヤクルトを支える投手になりそうな序盤から、あともう少しな印象は拭えないのが正直な所。ただし見据えるのはエースの座。
2019 S2

【プロスピA】中山 翔太 (S) 2019 シリーズ2 [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 8.3/10点。ムキムキきんにくん。何より素晴らしい、それは背番号。右打者の8番、打ちそうな予感間違いなし。弾道も高弾道。
2019 S1

【プロスピA】高津 臣吾 (S) 2019 TS [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 9.2/10点。個人的に日本人抑えのBIG3。大魔神こと佐々木投手、そして昨年引退の岩瀬投手、そしてこの高津投手。ナイスシンカー。
2019 Series 1

【プロスピA】大引 啓次 (S) 2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。写真からは謎に左打者感が漂う大引選手。昨シーズンより全体的に微ダウンです。堅守はもちろん健在ですが、あとは打力がどうなっていくか。
2019 Series 1

【プロスピA】高梨 裕稔 (S) 2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。トレードで移籍した投手の活躍はやはり興味深いものがあります。ハム時代に新人王を獲った2016シーズンから、あと少しなシーズンを経て今シーズンからヤクルトの高梨投手。
2019 S1

【プロスピA】五十嵐 亮太 (S) 2019 セレクション [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 8.7/10点。往年の輝きを取り戻している五十嵐投手!往年の球威ではありませんが、独特のナックルカーブ。今中継ぎはカーブが熱い。
2019 Series 1

【プロスピA】館山 昌平 (S) 2019 TS [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。現在の現役バリバリ館山投手。何と言っても変幻自在の変化球。それぞれ変化は大きくはないものの、これだけ色々と投げられると的も絞れない。横から投げるストレートも圧巻の150km超え。
2019 Series 1

【プロスピA】マクガフ (S) 2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。ヤクルトから助っ人マクガフ投手。残念ながら適性は抑えで投げております。シュートとサークルチェンジという、右側への変化が個人的には苦手ですがきっちり抑えている感じを見ると、1年目から日本球界にコミットしている投手。
2019 Series 1

【プロスピA】石川 雅規 (S) 2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。小さな大ベテラン、そして小さな巨人、ヤクルト石川投手。代名詞のカツオカーブはもちろん、多彩な変化球は健在。2002年から17年、投げる姿を見せてくれている大投手。
2019 Series 1

【プロスピA】畠山 和洋 (S) 2019 TS [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。元々の印象として、打率を残すよりもチャンスに強いそんな印象。チャンスに畠山さんが立っていると、打ちそうな気しかしないそんなファーム。
スポンサーリンク