ヤクルト一覧

【プロスピA】青木 宣親(S)2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。いつまで(失礼)打ち続けるのか。阪神鳥谷選手や田中浩康さんなど早稲田時代の同世代にも着実に立ち位置の変化がある中、この人だけは絶え間ない、まさにハウエバー。 昨シーズンは生粋のヒットメーカーも年齢を勝手に加味してメジャー帰りでどこまでできるのかなーくらいに思ってましたが、ジャパニーズ土下座。

【プロスピA】中尾 輝(S)2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。とても球種の少ない投手で、ゲーム的に使い勝手が中々難しのが正直なところ。 実際の試合でもこの球種で乗り切ってるということは、それぞれの球種の質が高いのでしょう。 左腕を補強したい方にはいいかもです。

【プロスピA】小川 泰弘(S)2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。入団直後の素晴らしい活躍から近年は8勝くらいの安定した勝ち星。 変化球として、鋭いカットと右投手には珍しい気のするチェンジアップ。 実際にとても使いやすい投手。称号まで進めるなら全同値も制球とスタミナの同値も可能!

【プロスピA】五十嵐 亮太(S)2019 新戦力 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。このスピリッツ2900では物足りない、往年の輝きを取り戻している五十嵐投手! 今シーズン中継ぎで既に5勝。正直、SカードではなくAカードを集めておく方がいいと断言できるほどの活躍。正直、この能力では物足りなさ満開ですが、この活躍が反映されれば面白いことになりそうです。 ベテランの活躍は何より新戦力!

【プロスピA】村上 宗隆(S)2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。余裕があればにはなりますが、是非ともストックしておきたい期待しかない選手。 まだまだプロスピ見栄えのない能力なのが正直なところですが、ここから必ず伸びてくるでしょう! 代表にも選ばれる逸材、当たりといっても過言ではない!(たぶん)

【プロスピA】バレンティン(S)2019 シリーズ1 TS [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。ついに、そして久々に来ました!このワクワク系の能力。つまりパワー89A! ちなみに世界の王さんも89A!シーズンではバレンティンが上回っているので、この能力も申し分なし。 しかし、写真やばいですね。確信歩き。確信ウォーク。なんとかゲットして、称号にのせてパワーSにしたい!いや、パワーSに俺はする!

【プロスピA】中村 悠平(S)2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。捕手能力には申し分なし!!毎度ながら現役捕手にどこまで求めるか(求めたいけど)。やはりヤクルトの捕手で一番しっくり来るのは今年も来るでしょう、古田さん。しかしながら、歴史に名を連ねる人との比較は野暮なもの。今シーズンは松本選手の出場などもありつつ、まだ正捕手はこの方。

【プロスピA】石山 泰稚(S)2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。ヤクルトから石山投手。打力はグイグイきてるヤクルト、大事なのは勝ちパターン。その最後に君臨するようになったこの石山投手。なんと言っても抑えっぽい顔してます(俺的視点)。もちろん、速くて威力のあるストレートと落ちる縦スラは素晴らしいのですが、あわせてフォークもあります。自チームにこんな抑えがいたら文句なし!

【プロスピA】山田 哲人(S)2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。実際みなさんこの方を狙っているといっても過言ではないかと思います。トリプルスリーのトリプルエー。まさにAAA。ロマンしかないですね。 プレステ時代のパワプロでもオールAと言えば松井稼頭央さんでしたが、もはやギータとともにオールAのバッター二人が見れる現在はまさに歴史を見ているといっても過言ではないかと思います。

【プロスピA】近藤 一樹(S)2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。昨シーズンはタイトルホルダーでも登場したロマンあるピッチャー。今シーズンもまだ試合数は少ないですが、安定しているので活躍されるでしょう!活躍のすえ、背番号も変わり、強力打線を支えるセットアッパーとして今年も期待しましょう。

【プロスピA】ハフ(S)2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。先発も適正Sながら、球種はカットとチェンジアップのみ!イッツシンプル!この球種くらいで打ち取れたらそれは素敵なことなんですけど、いくらストレートとチェンジアップの組み合わせがプロスピでは高い効果を発揮すると言ってもちょっと厳しいかもしれない。そんな感じ!

【プロスピA】ブキャナン(S)2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。スタミナ型のカットボールとサークルチェンジ使い。ストレートがEっていうのが少し残念ながら、カットとサークルチェンジの組み合わせでCPUは打ち取れます。ただリア対になると少し怪しいところ。

【プロスピA】西浦 直亨(S)2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。宮本コーチのもと、きっと定着する選手が現れそうな予感はみなさんあったかと思いますが、その中の1人、それが西浦選手でした。打撃能力に大きな変化はないものの、守備は安定感が増しております。適正Bは変わってないですが、捕球、スローイングがアップ。まさにコーチの尽力!

【プロスピA】清水 昇(S)2019 シリーズ1 ルーキー[ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。先発適正ながら中継ぎ適正もSあります。シンカーが特徴の投手ですが、ヤクルトでシンカーといえば高津投手。まだ能力的にCのみなので見栄えはルーキー感あります。大卒ルーキー、どこまでくるか。

【プロスピA】山田 哲人(S)2018 侍ジャパン [ヤクルトスワローズ]の評価・ステータス

俺的評価 10.0/10点。2018ベストナイン(最多盗塁も)で獲得できなかった方には超朗報ですね。 今年もトリプルスリーなるか。山田哲人選手です。 オールAで、しかもやばいぜ数字が。パ・リーグのオールAギータも侍JAPANでも登場予定ですが、山田くんのこのパワーと何より走力83Aも、もちろんすごいですね。

【プロスピA】古田 敦也(S)2018 Series2 OB [ヤクルトスワローズ]の評価・ステータス

俺的評価 10.0/10点。ついに登場というのがいいと思います。待ち焦がれた方も多いはず。能力については説明不要。何故にコストが26なのか、それしか疑問はございません。パワーも称号でA可能、ミートとパワーの同値も可能。ノムさん、ジョージ・マッケンジー、捕手復活の阿部さんなどいらっしゃいますが、守備力では抜けてると思います。

【プロスピA】近藤 一樹(S)2018 タイトルホルダー[ヤクルトスワローズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。ついに来ました、待ち望んでいた方も多いはず。昨年の阪神桑原投手同様、球団が変わればこんなにも変わるプロの凄さと、ある種のロマン。転職は悪じゃない、ステップアップだ!と無理やり自分に当てはめちゃいそうな教訓をいただいてます(なんの話)。実際の使用感としては、スライダーでしょうか。

【プロスピA】中澤 雅人(S)2018 Series2[ヤクルトスワローズ]の評価・ステータス

俺的評価 7.5/10点。もはやベテラン左腕。記憶では背番号14を背負ってましたが、今は54番。変化量は大きくないものの、球種はあります。ただ、純正以外の方でオーダーに入るかというと、今回の能力では正直少し物足りない気もします。

【プロスピA】石川 雅規(S)2018 Series2[ヤクルトスワローズ]の評価・ステータス

俺的評価 7.5/10点。ベテラン。こちらずっと昔から見てる気がする投手です。小さな巨人。速い球は投げれなくても、小柄でもこんな風にプロでもやっていけるのだ、ということを体現されている方ですね。正直、ゲームでは割と打ちやすかったりしちゃうのですが、投げる方からすれば緩急をつければ打ち取れます。ヤクルト純正の方にとってはレジェンド。それ以外の方にとってももはやレジェンドです。