2019 Series 1一覧

【プロスピA】中村 悠平(S)2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。捕手能力には申し分なし!!毎度ながら現役捕手にどこまで求めるか(求めたいけど)。やはりヤクルトの捕手で一番しっくり来るのは今年も来るでしょう、古田さん。しかしながら、歴史に名を連ねる人との比較は野暮なもの。今シーズンは松本選手の出場などもありつつ、まだ正捕手はこの方。

【プロスピA】石山 泰稚(S)2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。ヤクルトから石山投手。打力はグイグイきてるヤクルト、大事なのは勝ちパターン。その最後に君臨するようになったこの石山投手。なんと言っても抑えっぽい顔してます(俺的視点)。もちろん、速くて威力のあるストレートと落ちる縦スラは素晴らしいのですが、あわせてフォークもあります。自チームにこんな抑えがいたら文句なし!

【プロスピA】山田 哲人(S)2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。実際みなさんこの方を狙っているといっても過言ではないかと思います。トリプルスリーのトリプルエー。まさにAAA。ロマンしかないですね。 プレステ時代のパワプロでもオールAと言えば松井稼頭央さんでしたが、もはやギータとともにオールAのバッター二人が見れる現在はまさに歴史を見ているといっても過言ではないかと思います。

【プロスピA】近藤 一樹(S)2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。昨シーズンはタイトルホルダーでも登場したロマンあるピッチャー。今シーズンもまだ試合数は少ないですが、安定しているので活躍されるでしょう!活躍のすえ、背番号も変わり、強力打線を支えるセットアッパーとして今年も期待しましょう。

【プロスピA】ハフ(S)2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。先発も適正Sながら、球種はカットとチェンジアップのみ!イッツシンプル!この球種くらいで打ち取れたらそれは素敵なことなんですけど、いくらストレートとチェンジアップの組み合わせがプロスピでは高い効果を発揮すると言ってもちょっと厳しいかもしれない。そんな感じ!

【プロスピA】ブキャナン(S)2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。スタミナ型のカットボールとサークルチェンジ使い。ストレートがEっていうのが少し残念ながら、カットとサークルチェンジの組み合わせでCPUは打ち取れます。ただリア対になると少し怪しいところ。

【プロスピA】西浦 直亨(S)2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。宮本コーチのもと、きっと定着する選手が現れそうな予感はみなさんあったかと思いますが、その中の1人、それが西浦選手でした。打撃能力に大きな変化はないものの、守備は安定感が増しております。適正Bは変わってないですが、捕球、スローイングがアップ。まさにコーチの尽力!

【プロスピA】清水 昇(S)2019 シリーズ1 ルーキー[ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。先発適正ながら中継ぎ適正もSあります。シンカーが特徴の投手ですが、ヤクルトでシンカーといえば高津投手。まだ能力的にCのみなので見栄えはルーキー感あります。大卒ルーキー、どこまでくるか。