久々更新! 俺的ランキング TS 第1弾!

アベレージヒッター

スポンサーリンク
2020 S2

【プロスピA】井端弘和 (S) 2020 OB [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 9.3/10点。強き中日ドラゴンズの象徴、井端選手。守る二遊間の鉄壁ディフェンスは圧巻でした。
2020 S2

【プロスピA】清水 隆行 (S) 2020 OB [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。近年、2番に強打者を置いているチームも多いですが、1番か2番の変動ありつつも清水選手こそ最強の2番打者だった記憶がある幼少期。
2020 S1

【プロスピA】阿部 慎之助 (S) 2020 TS [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。可愛いエクボとは裏腹に激こわ二軍監督、阿部さんです。プロスピでキャッチャーを探すとき、必ず上がってくるのこの選手。歴代の捕手の中でもやはり強打者の印象が強い阿部選手。
2020 S1

【プロスピA】堀 幸一 (S) 2020 TS [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 9.4/10点。やはり様々なポジションの適性を持っている選手は貴重。二塁も三塁も守れる堀選手はアベレージヒッターを持つ選手。
2020 S1

【プロスピA】矢野 輝弘 (S) 2020 TS [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 9.6/10点。矢野ガッツ前の矢野さん。やはりイケメン。チャンスに強いバッティングかつ捕手能力も安定的なものがありながら、やはり魅力溢れるのはアベレージヒッターでもあること。
2020 S1

【プロスピA】大島 洋平 (S) 2020 シリーズ1 [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 9.8/10点。衰えを知らないミスタードラゴンズに登り詰めていきそうな大島選手。年齢を重ねてもずっと足も速いし守備も上手い。何ならチャンスにも強い。
2019 S2

【プロスピA】バース (S) 2019 OB [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。出会えて嬉しいロマン枠の最高峰、ただしくはバス選手。またの名をケンタッキーのおじさん。ミートをSに乗せることができるヤバースな能力。
2019 S2

【プロスピA】角中 勝也 (S) 2019 シリーズ2 [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。シーズン序盤、ケガなどもあり調子を落としていた角中選手。戻ってきてからは速攻活躍。本来の安打製造機感、ベテランとなってきても健在です。
2019 S2

【プロスピA】王 柏融 ワン ボーロン (S) 2019 シリーズ2 [北海道日本ハムファイターズ] の評価・称号

俺的評価 8.6/10点。助っ人ワン・ボーロン選手!次第に日本球界にコミットしてる感じはありますが、現状のミートは他のミート型の選手と比較しても物足りないのが正直な所。
2019 Series 1

【プロスピA】矢野 輝弘 (S) 2019 TS [阪神タイガース]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。矢野ガッツ監督。現役時代から勝利の後、マウンドに向かう笑顔はS級。捕手に求めるもの、もちろん肩。アンド打ってくれればもっといい。まさにズバリ。
笑顔だけじゃない叱咤もありました。そこの根底には超積極的。
誰がやるか?俺でしょ!
2019 Series 1

【プロスピA】嶋 重宣 (S) 2019 TS [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 9.2/10点。赤ゴジラこと嶋さん。嶋さんと言えば、やはり圧巻のミート力。ヒット量産のイメージはとても強し。昔ながらのヒット量産のカープの左打者という印象あります。DHで起用したいところ。
2019 Series 1

【プロスピA】角中 勝也 (S) 2019 シリーズ1 [千葉ロッテマリーンズ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。シーズン序盤、ケガなどもあり調子を落としていましたが、7月頭戻ってきて速攻活躍。やはり元々はかなりの安打製造機。ミートの高さと変態打法(悪球打ち)は思わず笑ってしまうレベル。天性のミート力でこそなせる技。
2019 Series 1

【プロスピA】阿部 慎之助(S)2019 TS [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 9.8/10点。プロスピでキャッチャーを探すとき、必ず上がってくるのこの選手。OBからは古田さん、城島さん、野村さん、田淵さんなどいらっしゃいますが、いまだ現役で限界突破のしやすさのあるハンパないキャッチャーはこの方くらいではないでしょうか。
2019 Series 1

【プロスピA】井口 資仁(S)2019 TS [福岡ソフトバンクホークス]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。正直現役のセカンドも豊富すぎて迷いどころ満載ですが、ここまで来ると万歳しますね。圧巻の能力。NPB歴代最強セカンドで言えば、現在を生きている僕たちにとっては山田哲人選手でしょうか。
スポンサーリンク