コスト26一覧

【プロスピA】佐藤 優(S)2018 侍ジャパン[中日ドラゴンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。JAPANでの登場ですが、岩瀬、浅尾の中継ぎ抑え投手が引退した中日枠としても期待大の選手です。ゲームとしてみると、この球種の場合、もう少し球威が欲しいところ。しかし、2018 シーズン中盤からの活躍を見るとまだまだ伸びしろはあります。まだまだ楽しみな若手枠なので、成長枠として置いておきたい選手ではあります!

【プロスピA】笠原 祥太郎(S)2018 侍ジャパン[中日ドラゴンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。個人的にはいい投手になりそうな予感で終わった2018シーズン。DeNA後藤選手の最後の打席で投げたチェンジアップがある意味印象的でした。まだまだこれからに期待の能力ではありますがプロスピではチェンジアップがかなり効くので楽しみですね!

【プロスピA】田中 広輔(S)2018 侍ジャパン[広島カープ]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。広島のリードオフマンも2018シーズンは下位打線に回ったりと支えておりました。まだまだこの方にはかなわないでしょうが、新人小園君の活躍してます。ただこういう注目のルーキーが入団した年は、そのポジションの方が活躍する印象。つまり、2019年、田中広輔選手大活躍するでしょう。

【プロスピA】會澤 翼(S)2018 侍ジャパン [広島カープ]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。この方も捕手の打力としては申し分ないかも。前回アップデートでフォームも変わり、個人的には打ちやすいです。ただ肩力がもう少し欲しい。広島の優勝を支えたキャプテン。ちなみに後には坂倉、中村と控える広島のキャッチャー事情で欲張りはダメですが、もう少し守備適正があればもっといいのにと思ってしまう欲張りなココロ。

【プロスピA】岡田 明丈(S)2018 侍ジャパン[広島東洋カープ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。正直2017シーズンの活躍から2018シーズンは少し物足りなかった印象です。そんな中でも優勝しちゃう広島は強いですね。終盤は中継ぎもしてたので適正ついてますが、来シーズンは先発で勝負でしょうか。ゲーム的には変化球の少なさが厳しいですが、中継ぎで穴を埋めるにはいいかと思います!すみません!

【プロスピA】田中 和基(S)2018 侍ジャパン [楽天ゴールデンイーグルス]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。残念ながら2019VSメキシコ戦はケガで辞退ですが、楽天田中の新時代。両打ちの選手っていうのはロマンがあります。大きいのも打てて、盗塁も今年28。トリプルスリーも期待される選手。両打ちのトリプルスリー、リトル松井を彷彿とさせます。まだまだ伸び代があり、そのあたり反映はされてない部分もある気はしますが将来性も込みでのこの評価です。走力ももうすぐA。期待大!!

【プロスピA】松井 裕樹(S)2018 侍ジャパン[楽天イーグルス]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。先発もしてましたが今回は中継ぎと抑え適性のみで登場です。結婚おめでとう。 しかし、改めてめっちゃ空振りを取るスラープの軌道はゲームとは違う気がするほどの軌道。できればあの落ちるような曲がってるような球、再現してほしいぜコナミさん。 ゲームでは球威81Aとチャンジアップが超効果的。抑えは色々な投手がいますが、中継ぎとして僕は優秀だと思います!

【プロスピA】上林 誠知(S)2018 侍ジャパン[福岡ソフトバンクホークス]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。強力打線の一員。次世代枠での活躍間違いなしですが、まだゲーム上の能力では少し物足りないのが正直なところ。個人的にはフォームも稲葉監督のような印象だからか、ずば抜けた何かというより、オールBで全てにおいて高い数値になりそうな選手だと思ってます。しかし、まだまだ若いのに柳田、中村晃、デスパイーネ選手たちと肩を並べている。それだけでもすごい22歳です。

【プロスピA】高橋 礼(S)2018 侍ジャパン[福岡ソフトバンクホークス]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。2018シーズンではカードの登場がなかったので、侍ジャパンのみ登場です。代表ではDeNA東投手の辞退での追加招集でしたが、代表でもNPBでもサブマリンの投手は貴重。個人的に牧田投手でサブマリンでの投球が苦手だったのですが、得意な方にはとてつもない戦力だと思います。

【プロスピA】源田 壮亮(S)2018 侍ジャパン [西武ライオンズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。この足はやばいですね。もちろん守備も。現役ショートは巨人坂本選手が抜けてますが、この足に勝る足はハム西川選手くらい。ゲームとして低弾道の選手は少し使いづらいのが正直なところですが、代走要因として考えれば評価は果てしなく高くなる!盗塁積極の超盗塁◎の走力86A。盗塁王西川くんと争う『いだてん』間違いなしだしん!

【プロスピA】井川 慶(S)2018 Series2 OB[阪神タイガース]の評価・ステータス

俺的評価 9.5/10点。この方を見ると星野監督を思い出します。しかし、球威とスタミナは素晴らしい。そしてストレートとチェンジアップも。ただ気になる所、それは変化球の少なさ。ストレート、スライダー、サークルチェンジの3つです。ばったばったと三振とってましたが、果たしてゲームでもそれが可能なのか。使ってみないとわからない。ただ個人的には使いこなし欲がハンパないので、狙います!

【プロスピA】田尾 安志(S)2018 Series2 OB[中日ドラゴンズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。田尾といえば土屋でもありますが安志の素晴らしいところは何よりミート。アベレージヒッター付きです。楽天の監督時代から、個人的にはどこの球団にいた人なのかわからなくなってましたが、中日→西武→阪神でした。アベレージヒッターはあるのですが、外野は現役でもかなりの豊作。アベレージヒッター狙いの方以外には少し弱いかもです。

【プロスピA】高木 豊(S)2018 Series2 OB [横浜DeNAベイスターズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。個人的にはすぽると!って感じなのですが、例えば桑田選手との息子対決があれば、高木さんの息子さんはアスリート枠ですね(なんの話)。お父さんも足速いので受け継いでますね。すごい。走力だけで見れば、走力ランキングでも上位なので、代走要員としては文句なしですね。盗塁も積極で、特殊能力もあるのでどこまで限界突破がいけるかでしょうか。

【プロスピA】古田 敦也(S)2018 Series2 OB [ヤクルトスワローズ]の評価・ステータス

俺的評価 10.0/10点。ついに登場というのがいいと思います。待ち焦がれた方も多いはず。能力については説明不要。何故にコストが26なのか、それしか疑問はございません。パワーも称号でA可能、ミートとパワーの同値も可能。ノムさん、ジョージ・マッケンジー、捕手復活の阿部さんなどいらっしゃいますが、守備力では抜けてると思います。

【プロスピA】高沢 秀昭(S)2018 Series2 OB [千葉ロッテマリーンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。名前はまるでタッキー。正直選手時代を知らないので、能力を見ただけですが、なんとなくロッテっぽい選手ですね。ミートが高くて足も速い、そして守備うまい。ただ2018シリーズ2は特にでしたが外野陣の豊富さ。そのほかの選手たちに比べると、決め手に欠ける選手ではあるかなと思いました。もちろんロッテ純正の方には超補強だと思います!

【プロスピA】和田 一浩(S)2018 Series2 OB [西武ライオンズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。2018 OB第五弾から和田選手です。 振り切るベンさんのフォームは美しい。そして自ら見せていく頭のフォルムも美しい。中日ではなく西武で登場です。阪神コーチの噂も、金本さんの退団と共になくなったとの記事がありましたが、凄まじい理論派。レフトの守備もいいです。2018シリーズ2は外野陣が豊富でしたが、パワーヒッターのレフトなので和田さんもいいですね。

【プロスピA】近藤 一樹(S)2018 タイトルホルダー[ヤクルトスワローズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。ついに来ました、待ち望んでいた方も多いはず。昨年の阪神桑原投手同様、球団が変わればこんなにも変わるプロの凄さと、ある種のロマン。転職は悪じゃない、ステップアップだ!と無理やり自分に当てはめちゃいそうな教訓をいただいてます(なんの話)。実際の使用感としては、スライダーでしょうか。

【プロスピA】中村奨吾(S)2018 タイトルホルダー [千葉ロッテ]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。ついに来ましたゴールデングラブ賞。そしてミートと走力の77B。何より、守備適正の多さ。限界突破できる方にとっては、こんなに重宝する選手はいないのではないでしょうか。ロッテはここ一、二年で確実に来るチームですが、この方も盗塁王いくんじゃないでしょうか。ロッテ若手が話題ですが、この方もまだまだ若い。

【プロスピA】松田 宣浩(S)2018 ベストナイン [福岡ソフトバンクホークス]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。サムライジャパンのサードが若手(巨人岡本選手など)で盛り上がっていますが、まだまだ現役サードといえばのDeNA宮崎選手か松田選手でしょうか。ミートタイプかパワータイプか。サードはOB選手が強力なので、現役にこだわる必要もない気がしてしまうポジションではありますが、この打った後にベンチを見る写真は格好いいですね。熱男ー!!

【プロスピA】田中 広輔(S)2018 タイトルホルダー [広島カープ]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。広島のリードオフマンも今シーズンは下位打線に回ったりと支えておりました。先年ほどの安定性はないものの、まだまだチャンスメーカーとしての力はあります。広島純正には間違いない選手。まだまだこの方にはかなわないでしょうが、新人小園君の入団がありました。こういう注目のルーキーが入団した年は、そのポジションの方が活躍する印象があります。4連覇なるか!