チャンス一覧

【プロスピA】バレンティン(S)2018 タイトルホルダー [ヤクルトスワローズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。2018 Series2 タイトルホルダー(最多打点)のバレチン選手です。 ヤクルト飛躍の一年、この人の打点にあったと言っても過言ではないですね。パワーは圧巻ですが、打率はボチボチなんでミートはBですが、個人的にはフォームが打ちやすいです。使ってみるとわかるかも。ただアニバーサリーとか何やらでよく出るのですが守備の兼ね合いもあり、何となく外しちゃう選手。個人的に気持ちすぎますが、イベントでのSカード、バレンティン選手ではありませんように(欲しい方すみません。。)

【プロスピA】落合 博満(S)2018 Series2 OB [千葉ロッテマリーンズ]の評価・ステータス

俺的評価 10.0/10点。三冠王。オレ流。オレ竜。しかし、ミート86A、パワー86Aのコンビはプロスピ史上最強間違いないと思います。弾道はもちろんアーチスト。ミートとパワーで言えば現役でいう、ギータ、OBでいう中村紀よりも上きました。OBでいってもこの打力以上はあまり思い浮かばない名選手。サード、DH、ファーストと強打者多いですが、群を抜いてますね。

【プロスピA】張本 勲(S)2018 Series2 OB [日本ハムファイターズ]の評価・ステータス

俺的評価 10.0/10点。尾崎投手に続いてのモノクロ1970です。まだまだテレビでも目にする機会の多い喝おじさんですね。日頃のご意見に関しては思うことは多々ございますが、能力は申し分なしです。見てくださいこのミート88A。シリーズ2に関してはナンバーワンです。現役では秋山、柳田、近藤の3選手が85Aなので抜けてます。とてつもないアベレージヒッターですね。ただし守備力には喝!

【プロスピA】バレンティン(S)2018 Series2 [ヤクルトスワローズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。ヤクルト飛躍の一年、この人の打点にあったと言っても過言ではないですね。打点王獲得です。打率はボチボチなんでミートはギリBですが、個人的には打ちやすいフォームです。使ってみるとわかるかも。TH(タイトルホルダー)での登場もあると思うので、パワーも上乗せありで現役ではパワートップクラスですね。超パワーヒッターもありーので、この方もDH候補ですね。あと代打。

【プロスピA】野間 峻祥(S)2018 Series2 [広島カープ]の評価・ステータス

俺的評価 9.5/10点。何を求めるかにもよりますが、個人的に足の速く守備のうまい選手が欲しいこともありときめいてます。シリーズ1のミート69Cからミート71Bになったことで見栄えも良くなってますね。そして何より、肩90S。もはや野間キャノン。序盤のブレイクから最終的に少し打率は落ちたものの、それでも文句なしでしょう。何より来シーズンはセンターガラ空き。飛躍の年になること間違いなし。今のうちに育てておきたい。

【プロスピA】田中 和基(S)2018 Series2 [楽天ゴールデンイーグルス]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。楽天田中の新時代。両打ちの選手っていうのはロマンがありますが、なんせ今年の新人王。大きいのも打てて、盗塁も今年28。トリプルスリーも期待される選手ですね。両打ちのトリプルスリー、リトル松井を彷彿とさせます。まだまだ伸び代があり、そのあたり反映はされてない部分もある気はしますが将来性も込みでのこの評価です。

【プロスピA】西川 遥輝(S)2018 Series2 [日本ハムファイターズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.5/10点。プロ選手が選ぶ走塁No.1にも選ばれてました。走力86A。球界では最高峰の韋駄天です。個人的に絶対的な代走要因として使いたいのですが、なかなか手に入れれてない選手。今年も最多盗塁を獲得してます。ちなみにGG賞も。日本ハム枠を西川選手で埋めたい個人的プラス点もありますが、プロの一芸は間違いなく魅力的だと教えてくれる選手です。

【プロスピA】柳田 悠岐(S)2018 Series2 [福岡ソフトバンクホークス]の評価・ステータス

俺的評価 10.0/10点。きました、誰もが狙うこの選手。コストも堂々28です。シーズン2ではミートが一番高い85A。ゴールデングラブ賞獲ってるので、守備もDではなくなると予想しますがそれは持ち越し。ただ打力は申し分なし!弾道アーチストなんで、ホームランもめっちゃ打てます。大当たりのギータ、欲しい。。

【プロスピA】広澤 克巳(S)2018 Series2 OB[ヤクルトスワローズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。2018OB第一弾は弾道アーチストが多い中で、この人もアーチスト。しかも一塁手です。 ミートAでのアーチストは個人的に打てます。ヤクルトでいえば池山さんもアーチスト持ちなので、コンボ狙いでも広沢さんはアリですね。

【プロスピA】前田 智徳(S)2018 Series2 OB[広島東洋カープ]の評価・ステータス

俺的評価 10.0/10点。個人的には好きな選手歴代ベスト5に入る選手。当時は寡黙な印象でしたが2018の日本シリーズといい、解説で頑張っておられます。このアーチストでミートAが生み出すもの、それはもう果てしないバッティング能力ですよ。イチローも憧れた選手でありますが、広島のライトは鈴木誠也しかり、やばいですね。

【プロスピA】中村 紀洋(S)2018 Series2 OB[オリックス・バファローズ]の評価・ステータス

俺的評価 10.0/10点。あかん、欲しい。見てください、このバットどこいった!?くらいのフォロースルー。きっと写真の上くらいにあるんでしょう、投げたバットが。サードの守備よし、超アーチスト。現役では中々埋まらないサード枠。OBに頼ろうとした時に中村ノリは最有力じゃないでしょうか。ぜひ欲しいあたり選手ですね!

【プロスピA】伊藤 光(S)2018 Series2 [横浜DeNAベイスターズ]の評価・ステータス

俺的評価 7.5/10点。おいでやす、横浜。という感じで横浜では正捕手かという感じでしたがまだ争ってますね。 捕手に専念でもいいのでは?と思う選手でしたがサード、ファーストなどしてましたね。 ただクライマックス、今年も台風の目として横浜が行くならば陰にはこの人がいると思います。

【プロスピA】田村 龍弘(S)2018 Series2 [千葉ロッテマリーンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。きっちり掴もうとしている正捕手の座。井口監督にお叱りいただいてましたが、光星学院時代の阪神北条とのクリーンアップは魅力的でした。プロに行けば打力は物足りないものの、里崎以来の正捕手生まれるか。

【プロスピA】リー(S)2018 外国人OB セレクション[千葉ロッテ・マリーンズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.5/10点。たまに出てくる誰やねん!シリーズ。名前は聞いたことあってもよく知らない。でもごっつええやん。守備ごっつへたくそやけど、超アベレージヒッターとパワーヒッター・改を持ってしまうパワプロのサクセスで作った並みの強打者発見!