チャンス一覧

【プロスピA】広澤 克巳(S)2018 Series2 OB[ヤクルトスワローズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。2018OB第一弾は弾道アーチストが多い中で、この人もアーチスト。しかも一塁手です。 ミートAでのアーチストは個人的に打てます。ヤクルトでいえば池山さんもアーチスト持ちなので、コンボ狙いでも広沢さんはアリですね。

【プロスピA】前田 智徳(S)2018 Series2 OB[広島東洋カープ]の評価・ステータス

俺的評価 10.0/10点。個人的には好きな選手歴代ベスト5に入る選手。当時は寡黙な印象でしたが2018の日本シリーズといい、解説で頑張っておられます。このアーチストでミートAが生み出すもの、それはもう果てしないバッティング能力ですよ。イチローも憧れた選手でありますが、広島のライトは鈴木誠也しかり、やばいですね。

【プロスピA】中村 紀洋(S)2018 Series2 OB[オリックス・バファローズ]の評価・ステータス

俺的評価 10.0/10点。あかん、欲しい。見てください、このバットどこいった!?くらいのフォロースルー。きっと写真の上くらいにあるんでしょう、投げたバットが。サードの守備よし、超アーチスト。現役では中々埋まらないサード枠。OBに頼ろうとした時に中村ノリは最有力じゃないでしょうか。ぜひ欲しいあたり選手ですね!

【プロスピA】伊藤 光(S)2018 Series2 [横浜DeNAベイスターズ]の評価・ステータス

俺的評価 7.5/10点。おいでやす、横浜。という感じで横浜では正捕手かという感じでしたがまだ争ってますね。 捕手に専念でもいいのでは?と思う選手でしたがサード、ファーストなどしてましたね。 ただクライマックス、今年も台風の目として横浜が行くならば陰にはこの人がいると思います。

【プロスピA】田村 龍弘(S)2018 Series2 [千葉ロッテマリーンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。きっちり掴もうとしている正捕手の座。井口監督にお叱りいただいてましたが、光星学院時代の阪神北条とのクリーンアップは魅力的でした。プロに行けば打力は物足りないものの、里崎以来の正捕手生まれるか。

【プロスピA】リー(S)2018 外国人OB セレクション[千葉ロッテ・マリーンズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.5/10点。たまに出てくる誰やねん!シリーズ。名前は聞いたことあってもよく知らない。でもごっつええやん。守備ごっつへたくそやけど、超アベレージヒッターとパワーヒッター・改を持ってしまうパワプロのサクセスで作った並みの強打者発見!

【プロスピA】柳田悠岐(S)2018 series1 セレクション [ソフトバンク]の評価・ステータス

俺的評価 10.0/10点。もう凄いの一言。トリプルスリーならぬ、トリプルエー。AAA。かつて小久保さんがこれから期待する選手に柳田選手を挙げてたのが懐かしい記憶。トリプルスリーだけではなく、タイトルも獲っちゃう球界最高峰選手。何より楽しそうにプレーをしてる姿にグッとくる。

【プロスピA】井口資仁(S)2018 Series1 TS[千葉ロッテマリーンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。なんであの井口がこんな感じ?? と思ったのも束の間。 そう、僕が思っていた井口はダイエー時代の井口選手だったのです。 今回の井口選手はメジャー帰りのロッテ時代。 なんかメジャーに行った内野手で唯一活躍したと言っても過言じゃない選手。

【プロスピA】藤井康雄(S)2018 Series1 TS[オリックス・バファローズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。イチローが登場する前のオリックスの選手って感じですが、アーチスト持ちの外野手(右翼手)ですね。 1990年当時の記憶はあまりないのですが、1995年「がんばろう神戸」の年に優勝の決まった試合でウィニングボールを捕球した事が印象的です。