中弾道一覧

【プロスピA】大島 洋平(S)2019 シリーズ1 [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。昨シーズンは少しベテラン感を感じたのですが、まだまだ成長中です(スミマセン)。 昨シーズンより打力はミートが77B→75Bになっているのですが、何よりセンターの守備適性が75B→80Aへとアゲミザワ。やはりAは見栄えが違う。 ライトの平田選手とともにナイスプレー連発しております。

【プロスピA】神里 和毅(S)2019 シリーズ1 [横浜DeNAベイスターズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。最近のプロ野球は沖縄が熱い!まだまだ本数は多くないものの、印象的なホームランを打つ選手。つまり記録よりも記憶系の選手。走力の78Bは素晴らしいものの、そのほかの能力はまぁほどほどが正直なところ。でも、こんな数値の感じがしないのが不思議なところ。

【プロスピA】青木 宣親(S)2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。いつまで(失礼)打ち続けるのか。阪神鳥谷選手や田中浩康さんなど早稲田時代の同世代にも着実に立ち位置の変化がある中、この人だけは絶え間ない、まさにハウエバー。 昨シーズンは生粋のヒットメーカーも年齢を勝手に加味してメジャー帰りでどこまでできるのかなーくらいに思ってましたが、ジャパニーズ土下座。

【プロスピA】野間 峻祥(S)2019 シリーズ1 [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。シーズン開始前より丸選手の移籍によりフューチャーされてましたが、お見事です野間選手。ガラ空きになったセンターに強肩を引っさげて君臨。 やはりポジションがあけば必ず登場してくるプロの世界は厳しい。肩は昨シーズン同様90S。ちなみに昨シーズンよりもミートとパワーが少しアップ。

【プロスピA】加藤 翔平(S)2019 シリーズ1 [千葉ロッテマリーンズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。背番号10といえば大松選手でしたが、これからは加藤選手! 今シーズン序盤のホームランが印象的で、パワーもありそうな感じですが何より足が速い。 個人的に小さな驚き、体は大きくて183cm。つまり足が速くて大きいロッテ感。 今シーズン、どこまで飛躍するか期待しましょう!!

【プロスピA】中井 大介(S)2019 新戦力 [横浜DeNAベイスターズ]の評価・称号

俺的評価 7.0/10点。ジャイアンツ時代から名前はよく見るのに、年間通しての活躍は見れなかった選手でもあります。 DeNAの凄さはそんな選手を獲得して試合で輝かせることでしょうか。今シーズン、1軍で頑張っておられます。セカンドは激戦区でもありますが、この方のユーティリティーさはまさにDeNA。掴め定位置!

【プロスピA】長野 久義(S)2019 新戦力 [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。まず、ヒゲとユニフォーム似合ってますね(惚)!衝撃の人的補償からシーズンは始まり、広島の不調もありながら、やはりベテランはカッコいい、そんなナウです(謎)。 長野選手といえば、圧倒的なファンサービス、そして天才型でそしてあまり練習しないなど噂はありましたが、カープへの馴染み方半端じゃないです。

【プロスピA】梅野 隆太郎(S)2019 シリーズ1 [阪神タイガース]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。昨シーズンはゴールデングラブ、そして今シーズンはサイクル安打と上昇気流真っ只中。 やはり元捕手の矢野監督の影響もあるのか(?)。能力も昨シーズンより大幅アップしています。何より守備適性がいいです。甲斐くんのような、ずば抜けた肩力94Sはないものの、安定した能力は嬉しい。

【プロスピA】炭谷 銀仁朗(S)2019 シリーズ1 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。ジャイアンツには何があるのか、それを知るためにやってきました炭谷選手。 銀仁朗時代の強肩も健在。下半身の太さは岡本選手と並ぶと圧巻。ジャイアンツから捕手として小林選手が1回目に登場しないのは久々でしょうか。原ジャイアンツの要となるか。

【プロスピA】甲斐 拓也(S)2019 シリーズ1 [福岡ソフトバンクホークス]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。そろそろ育成上がりではなく、日本シリーズMVPと語られる日が来るのでしょう。 その日本シリーズでも衝撃でしたが、何と言っても肩94S。圧巻。ちなみに2018S2古田さんが同じ94Sなのでそう言うことですね。昨シーズンは-4でしたが今シリーズから並びました!すごい!

【プロスピA】菊池 涼介(S)2019 シリーズ1 [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。圧倒的守備力!ミート、パワー、走力も申し分なし。しかしながら、Aにのっていた素晴らしい能力を知っている方々としては物足りなく感じるのも正直なところ。だって菊池選手ですもの。 今シーズンは活躍して能力アップしてくれるでしょう!海を渡っちゃうかもですが。 守備力まで含めると圧倒的な存在感ですね。

【プロスピA】中村 奨吾(S)2019 シリーズ1 [千葉ロッテマリーンズ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。ついに走力Aにのりました。盗塁王も狙える走力は魅力です。話題になりがちな若手選手も楽しみですが、この方もまだ若い。 昨シーズンからの活躍は続いてるので、このまま伸びていくでしょう。ミートもAに乗るような事になれば魅力マシマシですね。いい選手になってきました!

【プロスピA】牧原 大成(S)2019 シリーズ1 [福岡ソフトバンクホークス]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。ソフトバンクのニュースター候補。何と言っても顔や表情がソフトバンクっぽい選手です。どことなく溢れ出るギータや今宮くん感。2019シーズンしっかり出場してます。 いい選手はいますが、現一塁コーチの本多選手以来にきてる感じのセカンド。順調にいけば走力もAに乗ってくるでしょう。

【プロスピA】北條 史也(S)2019 シリーズ1 [阪神タイガース]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。開幕でのショートの座は、新人木浪くんに決まり、残念ながら2軍スタート。昨シーズンは怪我までの活躍もあり、期待も膨らんでいましたが残念。。しかし、長いシーズンまだまだわかりません。二遊間+三塁の争いはいつまで続くか。矢野新監督の笑顔をただただ見たいのだ。ぶち破れ!

【プロスピA】西浦 直亨(S)2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。宮本コーチのもと、きっと定着する選手が現れそうな予感はみなさんあったかと思いますが、その中の1人、それが西浦選手でした。打撃能力に大きな変化はないものの、守備は安定感が増しております。適正Bは変わってないですが、捕球、スローイングがアップ。まさにコーチの尽力!

【プロスピA】田中 広輔(S)2019 シリーズ1 [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。そうです、小園くんにはもちろん期待でワクワクしますが、現ショートはこの方。昨シーズン少し打順が落ちたりあったのでミートは-3になってるものの、走力は+2で80Aに乗っております。走力型に変わりはなくてもこの打力と守備力で、この足があるとなれば、坂本選手や源田選手とはまた違った使い方になると思います。

【プロスピA】藤岡 裕大(S)2019 シリーズ1 [千葉ロッテマリーンズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。昨年は全試合にでてました。体もしっかり大きくて、期待できそうな雰囲気ムンムンです。もっとパワーで持っていけそうな雰囲気もありますが、パワー59Dの走塁型ですね。今年のルーキー藤原くんも走攻守揃ってますが、期待できる選手です。

【プロスピA】今宮 健太(S)2019 シリーズ1 [福岡ソフトバンクホークス]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。昨シーズンからパワー+2と走力-2で微変更です。そして何より残念なことに、守備能力が下がっております。怪我もあったので仕方ないかとは思いますが、名手の能力が下がるのは悲しい。背番号も6になり、まさにショートな活躍を!

【プロスピA】近本 光司(S)2019 シリーズ1 ルーキー[阪神タイガース]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。ついに阪神にも走力Aの選手が登場です。まだ赤星さんを彷彿とさせるかまではわかりませんが、2番スタメンは確定。育成ではなく自力で登っていく、そんな選手にも見えます。ルーキーながら走力82Aは、西武金子選手に並ぶ走力。あとは実績だけ。追いかけます、今シーズン。笑顔のあるチームへお願いします。

【プロスピA】根尾 昂(S)2019 シリーズ1 ルーキー [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。競合の末、ジモティー球団への入団は心がトキメキましたね。騒がれる日々には慣れてると思いますが、二軍でじっくりと育成良いのではないでしょうか。荒木コーチに指導を受けている姿を見ると、こうして技術は継承されていくのだなと思いますね。アライバコンビのような二遊間をまた見たいですね。