二塁手一覧

【プロスピA】山田 哲人(S)2018 ベストナイン [ヤクルトスワローズ]の評価・ステータス

俺的評価 10.0/10点。2018 Series2 ベストナイン(最多盗塁も)から山田哲人選手です。 オールAで、しかもやばいぜ数字が。ギータもオールAでベストナインで登場予定ですが、山田くんのこのパワーと何より走力83Aはすごいですね。個人的にはセカンドは鉄板山田くん。みんなが欲しい山田くん。確定がないものの、当たれば歓喜間違いなし。

【プロスピA】大石 大二郎(S)2018 Series2 OB[オリックス・バファローズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。オリックスの監督もされてましたが、現役時代はバッチバチに足が速いイメージです。しかーし、なんとホームランもこんなに打ってたんですね(29本)。。韋駄天プラスパワーとかなんて夢があるんでしょう。強力な選手がそろうセカンドですが、特殊能力含めて控えに置いてたら間違いない選手ですね。

【プロスピA】亀澤 恭平(S)2018 Series2 [中日ドラゴンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。印象、ヘッドスライディング。そして足が速い印象でしたが、意外にも走力73B。周平選手との争いの最中、まさかの根尾7が入団。まだまだ高卒ルーキーには負けないでしょうが、あの頃の立浪再びなのか。アライバ以来のワクワク二遊間の誕生にこの人が待ったをかける!(そうなのか!?)

【プロスピA】倉本 寿彦(S)2018 Series2 [横浜DeNA]の評価・ステータス

俺的評価 7.5/10点。9番倉本が定着していましたが、柴田くんとか大和くんとか、そのあたりと争ったり争わなかったり。スマートなんで好きな選手ですが、個人的には弾道が低弾道なのが少し使いづらいのが残念。スピリッツも低めですが、横浜の飛躍にこの人は欠かせないんだよなあ。

【プロスピA】山田哲人(S)2018 Series2 [ヤクルトスワローズ]の評価・ステータス

俺的評価 10.0/10点。久々にきましたね、オールA。やばいぜ。しかも弾道パワーヒッター。ある意味、山田くんは鉄板的ですが昨年が少し下がっていたので、今年の跳ね上がりは嬉しいところ。個人的にはセカンドは鉄板山田くん。トルプルスリーを達成した来年こそ、もうひと伸びありそうで、そこも期待大ですね。

【プロスピA】糸原健斗(S)2018 Series2 [阪神タイガース]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。阪神では唯一くらいの全試合出場した選手。突出した能力はないですが、来年はもう少し上がるでしょう。弾道が中弾道ぐらいになればもう少し使いやすいところ。セカンド背番号33なので、期待しましょう。

【プロスピA】菊池涼介(S)2018 Series2 [広島カープ]の評価・ステータス

俺的評価 9.5/10点。実際のところミート、走力がもう少し欲しい。だって菊池くんだから。守備は間違いなしなので、あと少し(見た目的に)プラスされればセカンド菊池は固定なのに。浅村くんの能力が上がってきた今、山田哲人くんとの争いに少し遅れている気もするけど、広島づかいの人はいいなあ現役でこんな選手。守備職人ついてます。

【プロスピA】藤田一也(S)2018 Series2 [楽天ゴールデンイーグルス]の評価・ステータス

まーくんと日本一になった年の守備は半端なかったですね。年齢では考えられないほどの守備範囲。セカンドは名手が多いですね。どの能力もCなので見栄えはいまいちですが、守備を見ると超魅力的。ズバリ守備職人持ちです。

【プロスピA】浅村栄斗(S)2018 Series2 [西武ライオンズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.5/10点。今年の西武優勝の立役者。そしてFA。このFAでどこへ行くのか。それによってどこの自チームになるのか!?特に楽天あたりの方は今のうちに狙っておくのもアリですね。今年の活躍は凄まじいものがあったので、来年の能力はここから上がるでしょう。おそらくベストナインも来るでしょう。Aに乗るか。

【プロスピA】菊池涼介(S)2018 アニバーサリー [広島カープ]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。三連覇おめでとう。菊池選手、華麗な守備は健在。すこーし打撃の調子が悪いような感じでもありましたが、守備Aは見栄え的にもゲーム的にも優位です。現役最強セカンドは山田哲人VS菊池でしたが、そこに浅村くんが入ってきて、今回の菊池選手だと浅村くんに軍杯が上がる気もします。しかーし、守備Aはいいっすよね。

【プロスピA】浅村 栄斗(S)2018 アニバーサリー [西武ライオンズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.5/10点。近年のセカンドといえば山田VS菊池という印象でしたが、ついに爆発西武打線の浅村選手。セカンドでのパワーヒッター持ちという部分で言えば、山田哲人くん的なスタンスでもありますが、一塁手でも無問題な選手かと思います。欲しい!