NEW! B9&TH 第1弾 俺的ランキング!

二塁手

スポンサーリンク
2019 S2

【プロスピA】外崎 修汰 (S) 2019 シリーズ2 [西武ライオンズ] の評価・称号

俺的評価 9.4/10点。外崎選手は年々着実にパワーも上がってきています。何より足も早いし守備も上手い西武には欠かせない選手から侍ジャパンでスタメンをはるまでに成長。
2019 S2

【プロスピA】牧原 大成 (S) 2019 シリーズ2 [福岡ソフトバンクホークス] の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。写真の通り小技から強打までまさに(?)ホークスが育てた代名詞的な選手。熾烈な争いはユーティリティを生み出します。セカンド固定となり、成績がついてくれば走力Aも近い。
2019 S2

【プロスピA】菊池 涼介 (S) 2019 アニバーサリー [広島東洋カープ] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。トップを走り続けた広島の選手たちの数年間の疲労は相当なものなのでしょう。選手としての素晴らしさはもちろん高いものの、菊池選手もついに守備適性がAからBへ。
2019 S1

【プロスピA】荒木 雅博 (S) 2019 TS [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。守備がうますぎるが故に置き所に迷いますが、代走要員として申し分ない能力。この当時、盗塁数60の赤星さんがいたので2位ですが42盗塁も相当です。
2019 S1

【プロスピA】高須 洋介 (S) 2019 TS [楽天イーグルス] の評価・称号

俺的評価 8.7/10点。やはり一番印象的なのはチャンスに強い男。当時のゲームでチャンス5みたいな感じを覚えてます。近年は強打者系のセカンドが多いですが、まさに昔ながらのセカンドという印象。
2019 S1

【プロスピA】柴田 竜拓 (S) 2019 シリーズ1 [横浜DeNAベイスターズ] の評価・称号

俺的評価 7.8/10点。なかなかスタメン奪取は難しいながらも、堅守は健在。チームには欠かせない守備の上手い選手。
2019 S1

【プロスピA】明石 健志 (S) 2019 シリーズ1 [福岡ソフトバンクホークス] の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。Mr.超絶ユーティリティー!限界突破は必要ですが、捕手以外全て守れる素晴らしさ。そして、何よりバク宙ホームインができる身体能力。髪はサラッとされてますが、粘り打ちも健在。
2019 S1

【プロスピA】浅村 栄斗(S)2019 セレクション [楽天イーグルス]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。楽天へ移籍の、浅村選手。存在感すごいです。昨年の打点127点分がきちんと楽天にのっかっているような得点力。まさにプロスピ映え。
2019 Series 1

【プロスピA】東出 輝裕 (S) 2019 TS [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。今も昔もカープのベンチにこの人がいる安心感。素晴らしいミート。だたし弾道はグラウンダー。つまり転がし系。そうなるともう少しだけ走力が欲しいのが正直なところ。
2019 Series 1

【プロスピA】辻 発彦 (S) 2019 TS [西武ライオンズ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。辻監督です。ベンチに座っている表情だけ見ると怖さがありますが、笑顔や涙を見るとこんなにも柔らかな方なのかと思います。ちなみに、ノムさんの選ぶベストメンバーのセカンドは辻さんでした。
2019 S1

【プロスピA】2019 S1 数値的ランキング ベスト10(セカンド・二塁手編)

二塁手の数値的ランキングを紹介!【 数値的ランキング 】打力編(ミート+パワー)、打者編(ミート+パワー+走力)、総合編(ミート+パワー+走力+捕球+スローイング+肩力)など、参考になれば!
2019 Series 1

【プロスピA】阿部 寿樹 (S) 2019 シリーズ1 [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 8.2/10点。今シーズン、活躍中の阿部選手。落合さんに認められた打撃センス。何よりも背番号は和田さんもつけていた「5」。今シーズンの飛躍・活躍でどこまで能力がプラスされるのか。
2019 Series 1

【プロスピA】山田 哲人 (S) 2019 セレクション [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。ヤクルト、そして球界のスターこと山田選手。結局皆さんこの人を狙っていると言っても過言ではない選手の一人だと思います。何よりオールAは魅力です。セカンドは名選手揃っていますが、やはり抜けている選手。
2019 Series 1

【プロスピA】山本 泰寛(S)2019 期待の若手 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 7.7/10点。ジワジワとスタメンを狙う慶應ボーイ。いずれ背番号24を背負う選手となるのか。ショートの穴を埋めた昨シーズン。掴みそうで誰もが掴み切らないセカンドにこの人ありとなるのか。
スポンサーリンク