先発一覧

【プロスピA】岩貞 祐太(S)2018 侍ジャパン[阪神タイガース]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。日米野球ではかなり打ち込まれておりましたが、もともとストレートの決まり方はズバン!と良い球入ってます。なかなか矢野新監督の口から名前は出てこない印象ですが、中継ぎ適正もSなのでそこは魅力ではないでしょうか。なんせ左腕のストレートとチェンジアップは奪三振率が高い気がします。個人的にはカーブがもう少し良くなれば魅力的!

【プロスピA】笠原 祥太郎(S)2018 侍ジャパン[中日ドラゴンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。個人的にはいい投手になりそうな予感で終わった2018シーズン。DeNA後藤選手の最後の打席で投げたチェンジアップがある意味印象的でした。まだまだこれからに期待の能力ではありますがプロスピではチェンジアップがかなり効くので楽しみですね!

【プロスピA】岡田 明丈(S)2018 侍ジャパン[広島東洋カープ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。正直2017シーズンの活躍から2018シーズンは少し物足りなかった印象です。そんな中でも優勝しちゃう広島は強いですね。終盤は中継ぎもしてたので適正ついてますが、来シーズンは先発で勝負でしょうか。ゲーム的には変化球の少なさが厳しいですが、中継ぎで穴を埋めるにはいいかと思います!すみません!

【プロスピA】大瀬良 大地(S)2018 侍ジャパン[広島東洋カープ]の評価・ステータス

俺的評価 9.5/10点。2018シリーズのタイトルホルダー(最多勝/最高勝率)の大瀬良投手です。 本人はテレビで否定してましたが、ついにカープのエースといっても過言ではないでしょう。 なんせオールBですが、全て79。背番号14が似合う男。2018シーズンは菅野投手と同じ15勝で最多勝取りました。飛躍の年。

【プロスピA】岸 孝之(S)2018 侍ジャパン[楽天ゴールデンイーグルス]の評価・ステータス

俺的評価 10.0/10点。まず最初に言いたい。また獲得できるチャンスをいただきありがとうございます。 個人的にはずっと欲しいのに、ずっとゲットできてない投手。いつ手に入るんだ。 今回ももちろんオールA。 なんといっても、フォームがきれい。

【プロスピA】上沢 直之(S)2018 侍ジャパン[北海道日本ハムファイターズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.5/10点。エースが抜けたらエース級が出てくる、まさに日本ハムを象徴する投手の誕生。あと、なんかチャラい髪型にはかつてのパ・リーグのエース級のチャラさを感じました。金子投手とともに先発陣を引っ張るか。2019開幕投手予定です。見た目的にはオールBになってますが、球威スタミナともに79Bはすごい数値的。

【プロスピA】東浜 巨(S)2018 侍ジャパン[福岡ソフトバンクホークス]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。2018シーズン中ではDランクの登場しかなかったので、嬉しいですね。2018シーズンは途中離脱もありましたが、ゲーム的には球威とスタミナが同値です。リアル対戦での印象としてですが、左右に落ちながら曲がる変化球があり、イマイチ捉えきれない印象です。ストレートも早いし。

【プロスピA】多和田 真三郎(S)2018 侍ジャパン[埼玉西武ライオンズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。獲得しました、最多勝のタイトル。今年の活躍は申し分なしでしたね。山川君同様、沖縄出身の選手が熱い西武。個人的にはみた感じAがないので、見栄え的に少し物足りない気がしちゃうのですが、大きな変化球があります。ただ球種は少ない。。タイトルホルダーの活躍でしたが、チーム状況次第では難しい選手です。

【プロスピA】井川 慶(S)2018 Series2 OB[阪神タイガース]の評価・ステータス

俺的評価 9.5/10点。この方を見ると星野監督を思い出します。しかし、球威とスタミナは素晴らしい。そしてストレートとチェンジアップも。ただ気になる所、それは変化球の少なさ。ストレート、スライダー、サークルチェンジの3つです。ばったばったと三振とってましたが、果たしてゲームでもそれが可能なのか。使ってみないとわからない。ただ個人的には使いこなし欲がハンパないので、狙います!

【プロスピA】桑田 真澄(S)2018 Series2 OB[読売ジャイアンツ]の評価・ステータス

俺的評価 10.0/10点。息子さんはどエライことになってますが、文句なしの能力。オールAも狙えますね。ボールに向かってブツブツ言ってるのは当時衝撃でした。それにしても、ストレートにDカーブはバランス的にも素晴らしい。現役オールAの菅野投手といい、きっと歴代の巨人軍の投手が並ぶ純正に夢はあり過ぎますね。

【プロスピA】野田 浩司(S)2018 Series2 OB[オリックス・バファローズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。山本くん、山岡くんと続き、なんだかオリックスの投手陣が熱い気がします。この野田投手、懐かしいです。フォークが何より素晴らしい。ただゲームで使った感じはどうなのか、と少し気になります。個人的には落ちすぎるフォークには、落ちない下への変化球も見せ球として欲しくなります。ただ野田投手は落ちるフォーク一本。

【プロスピA】東 克樹(S)2018 新人王[横浜DeNAベイスターズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.5/10点。本当に新人王なのかと疑うくらい素晴らしい能力です、東くん。DeNA、今永、濱口、そしてこの東くんと左の先発三本柱は必ず立つでしょう。線を引くようなストレートが印象に残ります。ルーキーイヤーでこの能力ですから、これからに期待できるでしょう!ちなみに中継ぎもできるので、先発枠が埋まっている方も重宝します。いいですね。

【プロスピA】則本 昴大(S)2018 タイトルホルダー[東北楽天ゴールデンイーグルス]の評価・ステータス

俺的評価 10.0/10点。この球威とスタミナは脅威ですね。やはり、数値がAに乗った時の蛍光ピンクみたいな色は映えますね。印象としては速いストレートと落ちるフォークとSFFで三振の山って感じですね。 岸投手も魅力的でしたが、則本さんもすげーっす。ちなみにこの第三弾では投手がDeNA東投手とこの則本投手のみ。楽天純正の方以外でも超欲しい投手ですね。

【プロスピA】菅野 智之(S)2018 ベストナイン[読売ジャイアンツ]の評価・ステータス

俺的評価 10.0/10点。文句なしのオールA。NPBのナンバーワンの投手ですね。文句なし。コストも28。大量の変化球にこの制球力。これは打てません。大当たり間違いなし。もはや言うことなし。欲しい、ただそれだけ。相手投手にこの方が出てきたら、ゲームでも少しやる気が失せる逸材。きてください、我がチームに!!

【プロスピA】ボルシンガー(S)2018 タイトルホルダー[千葉ロッテマリーンズ]の評価・ステータス

俺的評価 10.0/10点。久々に現れたナイスな右腕。1年目から素晴らしい活躍でした。なんとなく名前に引っ張られてる感否めないですが、グライシンガーを彷彿とさせる勝ち方ですよね。写真と印象は変わり髪型を短くしてキャンプインでした。ちなみにロッテは期待の若手が多いですが、正直成長待ちな部分もあるので、この能力の投手は12球団のロッテ枠としてもかなり貴重かと思います!

【プロスピA】多和田 真三郎(S)2018 タイトルホルダー[埼玉西武ライオンズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。獲得しました、最多勝のタイトル。今年の活躍は申し分なしでしたね。山川君同様、沖縄出身の選手が熱い西武。個人的にはみた感じAがないので、見栄え的に少し物足りない気がしちゃうのですが、大きな変化球があります。ただ球種は少ない。。タイトルホルダーなので、できれば置いておきたい所ですが、チーム状況次第では難しいかも。。

【プロスピA】2018 Series2 Sランク 先発4人目登場!各球団の12選手を紹介

今回は先発4人目です! おそらく、中継ぎと合わせて、2018シーズン最後の選手追加ですね。 なので正直純正のチーム作りをされている方以外は、ベストナイン&タイトルホルダー第二弾、OB第五弾などが控えている今、エナジー消費をして獲りに行きたい選手たちではないかもですが見ていきましょう!!

【プロスピA】才木 浩人(S)2018 Series2[阪神タイガース]の評価・ステータス

俺的評価 7.5/10点。若手が伸びない球団と言われ、金本さんの熱指導も賛否を生み、そして矢野さんにバトンが渡りました。金本イズムは引き継ぎながらも、ノビノビ野球は功を奏すのか。藤浪投手とともに、躍動系の先発投手として期待値は高い。ですがまだ能力的にはBに乗っていないので、もう何声も欲しいのが正直な所です。

【プロスピA】吉見 一起(S)2018 Series2[中日ドラゴンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。昨年の松坂投手、レジェンドたちの引退、そして今年の根尾くんと話題が尽きない中日ですが、そのレジェンドたちと妙に強い中日を作っていたのがこの吉見投手。今でも精密機械、制球ナンバーワンで名前が上がるほどの投手。制球78Bに称号をつけてAにしたい。意地でも。

【プロスピA】濱口 遥大(S)2018 Series2[横浜DeNAベイスターズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。個人的には2017の日本シリーズでの素晴らしいピッチングが印象的すぎてAランクの濱口投手を溜め込んでます。2018シーズンでは残念ながら成績落としてましたが、横浜の若手左腕の切磋琢磨で伸びないのは考えずらい。あの投球を再び!!