先発一覧

【プロスピA】今永 昇太 (S) 2019 セレクション [横浜DeNAベイスターズ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。 まだまだ今シーズンを見ると物足りない。でも、そうなんです。そもそもシリーズ1ではとても能力が落ちたんです。シリーズ1登場時では 71B 65C 71Bでした。そこから見ると大幅アップです。 もちろんまだまだ物足りないのですが、本来の姿を取り戻したピッチングを見ると胸が高鳴りますね。

【プロスピA】有原 航平 (S) 2019 セレクション[北海道日本ハムファイターズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.8/10点。シリーズ1ではまだ登場してなかったので、セレクションで初登場。Mr.コンスタントな印象から、今シーズンはエース級の働き。 残念ながら上沢投手がいなくなってしまったこれから、まさにエースとしての力量が試されます。ズバッと決まる速球を見てたら中々打てないのがわかります。

【プロスピA】大貫 晋一(S)2019 期待の若手 [横浜DeNAベイスターズ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。横浜の即戦力投手ならではという感じですが、ドラ1の上茶谷投手と同じくいい投手です。今シーズンもしっかりと投げているので、もちろん期待大ですが、これから投手王国になろうとしている横浜投手陣の中心に入ってくるであろう投手です。

【プロスピA】床田 寛樹(S)2019 期待の若手 [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。今シーズンが大活躍への序章なのか。ケガから復帰して、早速勝ち星を重ねていきました。 右の大瀬良投手とともに、左は床田投手という印象がオールスターまでにつきました。 オールスターにもしっかり登場。床田物語、始まっています。

【プロスピA】安楽 智大(S)2019 期待の若手 [楽天イーグルス]の評価・称号

俺的評価 7.0/10点。高校時代の剛腕から、脱力投法な感じの安楽投手。 まだまだ試行錯誤もあると思いますが、中継ぎで投げたりしっかりと育成中です。 やはりまだまだ若い平石監督・石井GMのもと、どんどん期待要素が膨らんでいく楽天。 岸・則本の両エースのあと、背負うのは安楽投手でしょうか。

【プロスピA】岩下 大輝(S)2019 期待の若手 [千葉ロッテマリーンズ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。個人的に劇団エグザイルの人に見える岩下投手。 球種は多くないですが、迫力のある投手です。 今シーズン先発で頑張っていますが、中継ぎも限界突破なしで可能です。 ストレートと落ちる球の組み合わせが好きな方には、これぞまさにの投手。

【プロスピA】Kー鈴木(S)2019 期待の若手 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。シーズン序盤は好投するもなかなか援護に恵まれないそんな印象。 徐々に打ち込まれているのを見るようにはなってきましたが、オリックスの熱い20代中盤の投手陣の一人。何より威力のあるストレート。先発で頑張っていますが中継ぎもできるので、重宝すると思います。

【プロスピA】秋山 拓巳(S)2019 シリーズ1 [阪神タイガース]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。次シリーズで大きめなダウンがあるかもしれませんが、ここでの能力は申し分なし。 制球は、TSで登場したあのミスターコントロールこと吉見(中)の86Aに1と迫る制球力。 今シーズン、中々上での登板はありません。やはり継続した活躍はむずかしいのか。 しかし、秋山投手には制球力があります。

【プロスピA】大野 雄大(S)2019シリーズ1 [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。口から生まれたサウスポーこと大野投手。中継など見てるととても良い球。でもなぜか打たれるそんな印象。 実際に抑えている時は凄まじい球いってます。あれよあれよで気づけば30歳越え。 中日はベテラン投手陣が活躍する球団なので、年齢は問題ないでしょうがそろそろ勝ち星が上回る投球を見たい。

【プロスピA】濱口 遥大(S)2019 シリーズ1 [横浜DeNAベイスターズ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。DeNAから大仁田厚!ファイヤー! 今永投手の復活から、よりDeNA左腕たちに注目が集まっていますが、威力あるストレートとチェンジアップは超魅力。今シーズン濱口投手も、しっかりと投げてます。 まだまだ球威、制球など上がってはきませんが限界突破なしで中継ぎも可能な投手。

【プロスピA】メルセデス(S)2019 シリーズ1 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。個人的な使用感として、とても投げやすいメルセデス投手。 リアル野球としては、勝ち負けトントンな感じです。 ただ話をゲームに戻せば、速いストレートとチェンジアップの組み合わせは抜群。 限界突破必要ですが、中継ぎでの起用も可能。

【プロスピA】原 樹理(S)2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。エキサイティングでの登場から早速登場です。今シーズンヤクルトを支える投手になりそうな序盤から、あともう少しな印象は拭えないのが正直な所。中継を見る限りですが、良い球もありながら、何故か打ち込まれているそんな印象です。ただし、彼を見つめるのは久慈アナ。名実ともにヤクルトの顔となる日は近いはず!

【プロスピA】野村 祐輔(S)2019 シリーズ1 [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。打ち込まれてしまい、現在二軍調整中です。 無双状態だったコントロールもあったはずですが、パワーのある打線に打ち込まれる傾向があるような気もします。ゲームでも、僕の配球の悪さからか中々打ち取りにくい印象。 このあたり、制球型の難しさかもしれないです(個人的感想)。

【プロスピA】辛島 航(S)2019 シリーズ1 [楽天イーグルス]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。今シーズンしっかり投げられております、辛島投手。 何と言ってもチェンジアップ。それと帽子のツバの裏が見えそうな着こなし。 今シーズンの楽天の飛躍を支える投手の一人です。 個人的な使用感としても球速はないものの、変化球を使いながら打ち取りやすい投手。 シーズン終了時に二桁勝っているでしょうか。

【プロスピA】涌井 秀章(S)2019 シリーズ1 [千葉ロッテマリーンズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。海の向こうのダルビッシュくんと、今はオリックスの成瀬さん、そしてこの涌井投手と、パ・リーグの投手部門を争っていた頃が本当に懐かしい。ただ、まだまだこうやってスタミナ満開で頑張っておられるんです。変化球の変化などが若干物足りなさはあるものの、球威・制球・スタミナ・捕球・スローイング・肩力は本当に申し分なし!

【プロスピA】山本 由伸(S)2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。エキサイティングに登場して、早速の登場です。 その際にも書きましたが、好投するもなかなか援護に恵まれないそんな印象。 ついには完封で勝ち星を挙げてました。たしかにそうだ!援護がないなた0に抑えればいい。 能力は大谷サンも球界のレジェンドたちも口を揃えて認める逸材。

【プロスピA】金子 弌大(S)2019 シリーズ1 [北海道日本ハムファイターズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。移籍の金子投手。新天地でめざましい活躍!となる予感は満々でしたが、中々厳しめの戦いが続いております。中継ぎをしたり、チームの事情や挑戦もありながら投げるベテランの姿は眩しい。

【プロスピA】高橋 礼(S)2019 シリーズ1 [福岡ソフトバンクホークス]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。今シーズン、ソフトバンクの勝ち頭、アンダースロー高橋投手。 前シーズンで侍ジャパンで登場して以来の登場。それから言えることは間違いなく今シーズンの飛躍。 やっぱりアンダースローは打ちにくいんですね。個人的にゲームだと投げづらいですが(涙)。

【プロスピA】十亀 剣(S)2019 シリーズ1 [西武ライオンズ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。入団当初の活躍から、近年は正直これといった成績ではない十亀投手。ただ中継ぎ適正Sで限界突破なしでも中継ぎができる、まだ先発だけではなく中継ぎも足りていない方には重宝する投手です。 西武の投手陣、ゲーム内でも中々厳しい中で全方向に変化球のある十亀投手は良い気もします。

【プロスピA】吉見 一起(S)2019 TS [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。落合ドラゴンズの象徴でもある吉見投手の登場。 やはり何と言っても制球力。ズバッと決まって打てない、そんなシーンが記憶にあります。 もちろん今も現役続行中。当時の印象ママでもありますが、これといった速い球や代名詞的な変化球はない模様。