NEW! B9&TH 第1弾 俺的ランキング!

先発

スポンサーリンク
2019 S2

【プロスピA】西 勇輝 (S) 2019 B9&TH [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 9.8/10点。もはや阪神の顔、西投手です。打線の奮起が必要ですが、シーズンを通して、またできるだけ長いイニングを投げようとする姿は間違いなくエースです。全方向への変化球は超魅力。
2019 S2

【プロスピA】山本 由伸 (S) 2019 B9&TH [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。プレミア12でも圧巻でした山本投手。中継ぎではありましたが、見事な投球。1年目、そして2年目の経験が間違いなく活かされています。来シーズンは打線次第でとんでもない数字が残りそうです。
2019 S2

【プロスピA】高橋 礼 (S) 2019 B9&TH [福岡ソフトバンクホークス] の評価・称号

俺的評価 9.4/10点。今シーズン、ソフトバンクの勝ち頭となった笑顔が素敵な高橋投手。見事な活躍で新人王です。アンダースローはゲームでも意外と使いやすい。プレミア12でも証明した世界基準。
ランキング

【プロスピA】2019 シリーズ2 俺的 先発ピッチャーランキング 第4弾 !

ベテラン投手たちはもちろん、期待の若手も登場。チームの顔となる活躍を期待枠!

2019 S2

【プロスピA】石田 健大 (S) 2019 シリーズ2 [横浜DeNAベイスターズ] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。間違いなくいい投手(になろうとしている)の石田投手。変化球のバランスも良くて、見た目もいい。おまけに先発・中継ぎともに可能。担う存在になって欲しい。
2019 S2

【プロスピA】高橋 奎二 (S) 2019 シリーズ2 [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 7.8/10点。ヤクルトには右のライアンもいれば左もいる。つまり、足上げる系フォームの高橋投手。投球フォームも印象に残りますが、ナイスなフェイスも魅力の一つ。
2019 S2

【プロスピA】小笠原 慎之介 (S) 2019 シリーズ2 [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 8.6/10点。ケガに悩まされるも、下半身の太さはエース級。こちら側としては、やはり高校時代の投球が忘れられないまだまだ若い22歳。ここからです。正直投げづらい。でも、なぜか相手にすると打ちにくい。
2019 S2

【プロスピA】野村 祐輔 (S) 2019 シリーズ2 [広島東洋カープ] の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。マエケンこと前田投手が抜けたシーズン、カープの三連覇の初年度の優勝を支えたのは間違いなく野村投手でした。誰もが忘れられない佐賀北にホームランを打たれた時のあの表情。
2019 S2

【プロスピA】ガルシア (S) 2019 シリーズ2 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 8.8/10点。何が強みかと考えると間違いなく明るい心。中日時代の勝ち星には遠く及びませんでしたが、チームをCSへ導いた中継ぎピッチャーとしての活躍は素晴らしいものがありました。中継ぎ適性C追加。
2019 S2

【プロスピA】平良 拳太郎 (S) 2019 シリーズ2 [横浜DeNAベイスターズ] の評価・称号

俺的評価 8.4/10点。メジャー移籍の山口投手の人的補償でDeNAへ移籍してはや3年。そんな世界だとは知りながらどこか不思議なものを感じるオフシーズン。今シーズンナイスピッチングでした。
2019 S2

【プロスピA】桜井 俊貴 (S) 2019 シリーズ2 [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。フェイスの迫力半端ないっすの桜井投手。苦戦系のドラ1かと思っていましたが、今シーズン新キャラ感で登場してからの躍動は素晴らしいものがありました。ゲーム的には中継ぎも可能なのでいいです。
2019 S2

【プロスピA】Kー鈴木 (S) 2019 シリーズ2 [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 8.6/10点。今シーズン、序盤はいい投球ながら勝ち星に恵まれない印象でしたが、明らかに感じさせるいい投手感。いや、いい投手になるに違いない感。シリーズ1から球種は明らかによくなっています。
2019 S2

【プロスピA】佐々木 千隼 (S) 2019 シリーズ2 [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。今か今かと活躍を待たれるドラ1佐々木投手。サイドに近いフォーム、それプラス背番号11、それにシンカー使いと魅力たっぷりの逸材に違いなし!
2019 S2

【プロスピA】加藤 貴之 (S) 2019 シリーズ2 [北海道日本ハムファイターズ] の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。今シーズン、オープナーもあり色々な場面で投げまくった加藤投手。結果的なものだけではなくて、今後語られる中でこの方を目にする機会は多いくらいの変革期を支えた投手に違いなし。変化球は多彩。
スポンサーリンク