NEW! 俺的 アニバーサリー第一弾ランキング!

打たれ強さ

スポンサーリンク
2019 S2

【プロスピA】メルセデス (S) 2019 シリーズ2 [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。昨シーズンほどの安定性ではなかったものの、バランスのいい変化球は健在。良いか悪いかは別として、普通に使えるそんな投手。中継ぎ適正がなくなってるのが残念。
2019 S2

【プロスピA】床田 寛樹 (S) 2019 シリーズ2 [広島東洋カープ] の評価・称号

俺的評価 8.7/10点。シーズン序盤の勢いは残念ながら落ちてしまいましたが、投げればいい投手だという印象は頂きました。床田投手はどんな成長曲線を描いてくれるのか。
2019 S2

【プロスピA】岩下 大輝 (S) 2019 シリーズ2 [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 8.8/10点。球種は多くないですが、個人的に投げる姿に惚れ惚れした迫力のある投手。今シーズン先発で頑張っていますが、中継ぎも限界突破なしで可能です。
2019 S2

【プロスピA】大野 雄大 (S) 2019 シリーズ2 [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 9.1/10点。口から生まれたサウスポーこと大野投手。大幅に能力上がってきています。ツーシームの威力抜群。
2019 S1

【プロスピA】高津 臣吾 (S) 2019 TS [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 9.2/10点。個人的に日本人抑えのBIG3。大魔神こと佐々木投手、そして昨年引退の岩瀬投手、そしてこの高津投手。ナイスシンカー。
2019 Series 1

【プロスピA】岩下 大輝 (S) 2019 シリーズ1 [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 8.8/10点。期待の若手で登場していた岩下投手。個人的に劇団エグザイルの人に見える。球種は多くないですが、迫力のある投手です。今シーズン先発で頑張っていますが、中継ぎも限界突破なしで可能です。
2019 S1

【プロスピA】大野 雄大 (S) 2019 セレクション [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。口から生まれたサウスポーこと大野投手。いつも思います。とても良い球。実際に抑えている時は凄まじい球いってます。今シーズン、これぞ大野投手!
2019 Series 1

【プロスピA】福原 忍 (S) 2019 TS [阪神タイガース]の評価・称号

俺的評価 8.8/10点。阪神コーチの福原投手。代名詞はやはりスローカーブ。先発時代ももちろんいい投手でしたが、ベテラン枠となりながらの中継ぎでの復活劇は眩しかったです。
2019 Series 1

【プロスピA】館山 昌平 (S) 2019 TS [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。現在の現役バリバリ館山投手。何と言っても変幻自在の変化球。それぞれ変化は大きくはないものの、これだけ色々と投げられると的も絞れない。横から投げるストレートも圧巻の150km超え。
2019 Series 1

【プロスピA】清水 直行 (S) 2019 TS [千葉ロッテマリーンズ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。清水投手と言えばスライダーとSFF。個人的にパワプロ時代からの代名詞はSFF。当時の記憶ではあまりSFFを持っている投手は多くなかったのでは?と適当なことを言ってみる。
2019 Series 1

【プロスピA】マクガフ (S) 2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。ヤクルトから助っ人マクガフ投手。残念ながら適性は抑えで投げております。シュートとサークルチェンジという、右側への変化が個人的には苦手ですがきっちり抑えている感じを見ると、1年目から日本球界にコミットしている投手。
2019 Series 1

【プロスピA】ヤングマン (S) 2019 シリーズ1 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 7.8/10点。さあ立ち上がれよと聞こえてきそうなヤングマン。昨シーズンの良い感じから、今シーズンはまだ助っ人感を感じない投球。球種はいたってシンプル。これから巨人はおそらくCSへと進むでしょう。
2019 Series 1

【プロスピA】九里 亜蓮 (S) 2019 シリーズ1 [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。先発、中継ぎとチーム状況や調子により配置が変わっていましたが、今シーズンはしっかりと先発で投げられてます。もちろん中継ぎ適正もSなので、限界突破なしで中継ぎも可能。
2019 Series 1

【プロスピA】高橋 光成 (S) 2019 シリーズ1 [西武ライオンズ]の評価・称号

俺的評価 8.1/10点。西武の背番号13を背負う男、高橋こうな君。大きくなった体は努力の証。やはり彼を見ると甲子園を思い出す。落ちる球で三振を奪っていた姿はプロ間違いなしの逸材でした。
スポンサーリンク