捕手一覧

【プロスピA】2019 S1 数値的ランキング ベスト10(キャッチャー・捕手編)

捕手の数値的ランキングを紹介!いままで俺的ランキングを作ってきましたが、あくまでも数値的な能力でのランキングが知りなくなり作ってみました!【 数値的ランキング 】打力編(ミート+パワー)、打者編(ミート+パワー+走力)、総合編(ミート+パワー+走力+捕球+スローイング+肩力)など、参考になれば!

【プロスピA】加藤 匠馬(S)2019 期待の若手 [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 7.8/10点。シーズン始まる前に谷繁さんが絶賛していた中日の加藤捕手。 何と言っても強肩。ついに90Sの捕手が出て来ました。 打力は中々上がってくるのは難しいかもですが、捕手としての能力はグングン上がってくるのでしょう(谷繁さんも仰ってましたし)。特殊能力に強肩あります。

【プロスピA】阿部 慎之助(S)2019 TS [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 9.8/10点。プロスピでキャッチャーを探すとき、必ず上がってくるのこの選手。いまだ現役。もちろんキャッチャーではなくても勝負強い打撃は健在です。OBからは古田さん、城島さん、野村さん、田淵さんなどいらっしゃいますが、いまだ現役で限界突破のしやすさのあるハンパないキャッチャーはこの方くらいではないでしょうか。

【プロスピA】小林 誠司(S)2019 EX [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。菅野投手とペアで出るエキサイティングプレーヤーにロマンがありますね。 ただ6/9 菅野投手復帰登板でマスクを被っていたのは炭谷選手でした。 世界のKOBAYASHIと言われたくらい勝負に強い打力はあります。 飛ぶときは悠々スタンドインする意外性。いつもどこか笑顔の男前フェイス。

【プロスピA】相川 亮二(S)2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。ヤクルト時代の相川選手。 現在はジャイアンツのベンチに君臨するイケメン捕手。 記憶を遡るとやはり、打てる捕手。リーダーシップ。イケメン。そんな感じ。 現在の現役で言えばなんとなく広島の會澤選手に近い感じでしょうか。 今回のTSでは西武の伊東選手も登場してます。

【プロスピA】伊東 勤(S)2019 シリーズ1 [西武ライオンズ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。最近は中日ベンチで顔を見る伊東コーチ。打撃の能力は捕手としては申し分なし。その中でも際立つのは捕手適性A!そしてもっと際立つのが捕球93S。古田さん、甲斐くんともに肩力が際立っていました。この捕球がどこまでプロスピ的に役割を果たしてくれるかは置いておいて、甲斐キャノンならむ伊東キャッチ(恥)。

【プロスピA】梅野 隆太郎(S)2019 シリーズ1 [阪神タイガース]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。昨シーズンはゴールデングラブ、そして今シーズンはサイクル安打と上昇気流真っ只中。 やはり元捕手の矢野監督の影響もあるのか(?)。能力も昨シーズンより大幅アップしています。何より守備適性がいいです。甲斐くんのような、ずば抜けた肩力94Sはないものの、安定した能力は嬉しい。

【プロスピA】松井 雅人(S)2019 シリーズ1 [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 7.0/10点。今シーズン残念ながら若手の台頭もあり2軍スタート。そしてプロスピでは登場!そんな若干のアンバランスさも感じながらですが、肩力は71Bでしっかりとあります。 ただし純正チームの方でないとオーダーに入るのは難しそうというのが正直なところかも。

【プロスピA】伊藤 光(S)2019 シリーズ1 [横浜DeNAベイスターズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。オリックスから移籍した昨年、こんなにできる選手だったのかという驚きもありました。 何と言っても捕手らしい選手(個人的に)。今シーズンも正捕手として君臨中。 プロスピ能力的には正直、捕手適性(スローイングと肩)がもう少し欲しいところ。

【プロスピA】炭谷 銀仁朗(S)2019 シリーズ1 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。ジャイアンツには何があるのか、それを知るためにやってきました炭谷選手。 銀仁朗時代の強肩も健在。下半身の太さは岡本選手と並ぶと圧巻。ジャイアンツから捕手として小林選手が1回目に登場しないのは久々でしょうか。原ジャイアンツの要となるか。

【プロスピA】中村 悠平(S)2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。捕手能力には申し分なし!!毎度ながら現役捕手にどこまで求めるか(求めたいけど)。やはりヤクルトの捕手で一番しっくり来るのは今年も来るでしょう、古田さん。しかしながら、歴史に名を連ねる人との比較は野暮なもの。今シーズンは松本選手の出場などもありつつ、まだ正捕手はこの方。

【プロスピA】會澤 翼(S)2019 シリーズ1 [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。まず、この打力!パ・リーグには西武森選手がいますが、セ・リーグで打てる捕手といえばこの方。 デッドボールの多さもありつつ、打つイメージは拭えない。肩力が58Dで若干物足りなさは感じつつも、打順8番に入れた會澤選手が打つって言う話はプロスピでもよくある話です。

【プロスピA】嶋 基宏(S)2019 シリーズ1 [楽天イーグルス]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。野球の底力、今も感じています。月日は流れましたが、また楽天の優勝が期待できそうな2019,4月現在。嶋選手のスローイングについて、大丈夫かと取り上げられたりしてますが、プロスピでは69C。 ベテラン枠へと足を踏み入れてるので、肩力など少しずつ落ちては来るでしょうが、やはり守備適性は高し!

【プロスピA】田村 龍弘(S)2019 シリーズ1 [千葉ロッテマリーンズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。まさに伸び盛りの選手!代表にも選ばれてます。打力は弾道が低弾道であったり、少し物足りなさはあるものの、安定した捕手能力です。今シーズンは好リードも光ってます。 西武森選手がある意味異常で、この選手もまだまだ若い。これからのより活躍に期待!

【プロスピA】若月 健矢(S)2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。印象としては毎度ですが、スローイングは怪しいが肩は強い。割とそんな能力になってます。 まだまだ若いのでこれからの伸びしろに期待の選手ですが、安定感増してきてる気はします!キャノン、バズーカなど様々ですが、若月選手にもそろそろ名前つくでしょうか。

【プロスピA】鶴岡 慎也(S)2019 シリーズ1 [北海道日本ハムファイターズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。ソフトバンクからのカムバック2年目。記憶はほぼダルビッシュ投手の恋女房。 ベテランがんばっておられます。ベテランなので、能力は少しむずかしいですが、いぶし銀は純正チームには欠かせない!

【プロスピA】甲斐 拓也(S)2019 シリーズ1 [福岡ソフトバンクホークス]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。そろそろ育成上がりではなく、日本シリーズMVPと語られる日が来るのでしょう。 その日本シリーズでも衝撃でしたが、何と言っても肩94S。圧巻。ちなみに2018S2古田さんが同じ94Sなのでそう言うことですね。昨シーズンは-4でしたが今シリーズから並びました!すごい!

【プロスピA】森 友哉(S)2019 シリーズ1 [西武ライオンズ]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。打撃能力は現役捕手最強です。そして、捕手能力もジワジワですが上がってきてます。ついに肩とスローイングがBになっています。若い選手が正捕手を掴みきるのは中々ないことですが、リーグ優勝までの経験は他の追跡を許さない存在に。 捕手はOB枠となりそうな近年でしたが、ついに現れたパワーヒッターな捕手!

【プロスピA】會澤 翼(S)2018 侍ジャパン [広島カープ]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。この方も捕手の打力としては申し分ないかも。前回アップデートでフォームも変わり、個人的には打ちやすいです。ただ肩力がもう少し欲しい。広島の優勝を支えたキャプテン。ちなみに後には坂倉、中村と控える広島のキャッチャー事情で欲張りはダメですが、もう少し守備適正があればもっといいのにと思ってしまう欲張りなココロ。