NEW! 俺的ランキング 抑え編!

援護

スポンサーリンク
2020 S1

【プロスピA】マクガフ (S) 2020 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 9.3/10点。使ってみたらわかる使用感の高さ。豪速球+ノビの特殊能力がついた直球はもちろん、156kmの高速シュートはなかなか打てない。おまけにSFFの落差もオーイェス。
2020 S1

【プロスピA】近藤 一樹 (S) 2020 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 8.6/10点。タイトルを獲得して満足するのではなく、また登っていく。そんな強さを教えてくれるベテラン近藤投手。キレキレのスライダーとフォークは中継ぎ投手の代名詞そのもの。
2020 S1

【プロスピA】石田 健大 (S) 2020 シリーズ1 [横浜DeNAベイスターズ] の評価・称号

俺的評価 9.1/10点。間違いなくいい投手(になろうとしている)石田投手。球も速くて、変化球のバランスも良い。そして、見た目もいい。おまけに先発・中継ぎともに可能。
2020 S1

【プロスピA】石川 雅規 (S) 2020 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。小さな巨人、伸びてはいますが今シーズンの開幕内定投手です。年齢を重ねても、まだまだ伸びしろはあるのだと教えてくれる石川投手。
2020 S1

【プロスピA】桜井 俊貴 (S) 2020 シリーズ1 [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。なんか一人だけ写真のジャンルが違う気もしちゃうくらいの存在感で登場の桜井投手です。テレビで中継を見てるととんでもない迫力で投げられてますが、Dカーブが印象的です。
2020 S1

【プロスピA】山岡 泰輔 (S) 2020 シリーズ1 [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 9.8/10点。背番号19で登場しました山岡投手。昨シーズン最多勝率を獲得して1億円プレーヤーの仲間入り。キレッキレの縦スライダーはゲームでも打ちにくい球上位に食い込んでくるであろう打ちにくさ。
2020 S1

【プロスピA】今井 達也 (S) 2020 シリーズ1 [西武ライオンズ] の評価・称号

俺的評価 8.4/10点。徐々に勝てる投手になってきている今井投手。キレで勝負をしていくことになりそうな多彩な変化球。高校時代から魅力的な縦スラが光ってます。
2019 S2

【プロスピA】梅津 晃大 (S) 2019 シリーズ2 [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。今年の東洋大学→プロの選手たちは凄まじいものがありました。この梅津投手、Aランクでの使用感は落差あるフォークが抜群であります。やはり187cmある高身長は正義。
2019 S2

【プロスピA】柳 裕也 (S) 2019 シリーズ2 [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 9.6/10点。ついに中日の右のエースとなって登場、柳投手。今シーズンは大野投手の躍動もありましたが、こちらも初の二桁勝利から来年は頼もしさ満開でしょう。
2019 S2

【プロスピA】山田 大樹 (S) 2019 ローテーション [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 7.3/10点。球速こそないものの、ホークス時代からも印象的なDカーブは健在。あとゴーグルみたいなやつも。変化球も多彩で昔から打ちにくそうな投手。
2019 S2

【プロスピA】アドゥワ 誠 (S) 2019 ローテーション [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 8.4/10点。なんと言ってもはちゃめちゃに打ちにくいムービングファストの持ち主。昨シーズンまではスローカーブとサークルチェンジのみの球種でしたが、ついに縦と横のスライダーも解禁。
2019 S2

【プロスピA】竹安 大知 (S) 2019 ローテーション [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 7.4/10点。チームが変わればきっと何かが変わるはず(いい意味で)!山本投手に山岡投手と肩を並べる投球を期待される逸材。今シーズン移籍で完封も達成。
2019 S2

【プロスピA】弓削 隼人 (S) 2019 ローテーション [楽天イーグルス] の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。大きな体に威力あるストレート。緩急もあります。そして何よりも印象に残るのは読みにくい名字。熱々のピッチングが期待されるユゲ投手♨️
2019 Series 1

【プロスピA】床田 寛樹 (S) 2019 シリーズ1 [広島東洋カープ] の評価・称号

俺的評価 8.8/10点。期待の若手で登場した床田投手。今シーズンが大活躍への序章なのか。ケガから復帰して、早速勝ち星を重ねていきました。右の大瀬良投手とともに、左は床田投手という印象がオールスターまでにつきました。
スポンサーリンク