NEW! 俺的 抑えランキング!

満塁男

スポンサーリンク
2020 S2

【プロスピA】阿部 寿樹 (S) 2020 シリーズ2 [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。やはり落合さんに認められた打撃センスというものに期待しちゃう阿部さん。前シリーズからミート大幅アップしましたが、ここでもうひと伸びさせて欲しい。
2020 S2

【プロスピA】長野 久義 (S) 2020 シリーズ2 [広島東洋カープ] の評価・称号

俺的評価 8.4/10点。巨人時代がもはや懐かしいくらい赤が似合う長野選手。やはり天性の牽引力は素晴らしき。スタメンに定着したらナイスな打撃で魅せてくれています。
2020 S1

【プロスピA】今岡 誠 (S) 2020 TS [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 9.4/10点。阪神→ロッテのマジかよ枠のお一人、今岡選手。この年のチャンスでの打撃は凄まじいものがありました。その証拠の147打点。ざっくり2人分を稼いでます。
2020 S1

【プロスピA】西浦 直亨 (S) 2020 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。今シーズン、大きいのを打つ印象の強い西浦選手。助っ人エスコバー選手の加入もあり、ポジションを変えての出場となったりではありますが、パンチ力あります。
2020 S1

【プロスピA】鳥谷 敬 (S) 2020 セレクション [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 9.8/10点。まだまだ記録はもちろん、記憶にもくっきり残っている阪神史上最強ショート鳥谷選手。あんな笑顔が阪神時代にももっと見たかったなあと率直に思う今日この頃。
2020 S1

【プロスピA】高橋 信二 (S) 2020 TS [日本ハムファイターズ] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。強打者捕手の1人、高橋信選手。本拠地が北海道に渡った年なこともあり、この方が札幌ドームで打ちまくっている印象は濃すぎるくらいにあります。打って勝つチームには是非欲しい捕手。
2020 S1

【プロスピA】ソト (S) 2020 セレクション [横浜DeNAベイスターズ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。ポジション右翼手で登場のソト選手。弾道もこれまでのパワーヒッターからアーチストへと変更となってます。2年連続ホームランキングは2020シーズンでもパワーを見せてくれてます。
2020 S1

【プロスピA】高山 俊 (S) 2020 シリーズ1 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。昨シーズンは、ようやく苦労した年から解放されつつあった高山選手。この方がベテランを押しのけていかない限り得点力不足は続くのではないかという阪神打線。
2020 S1

【プロスピA】モヤ (S) 2020 シリーズ1 [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 8.7/10点。昨シーズンの途中加入から楽しみな存在ではありましたが、今シーズンは棒立ち三振のような打席があったり、どんな状況なのかよくわからないナウであります。
2020 S1

【プロスピA】中田 翔 (S) 2020 シリーズ1 [北海道日本ハムファイターズ] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。ショータイムでチームを支える中田さん。随分と前から見ているプラス貫禄かつ存在感からベテラン感を勝手に感じていますが、やっと30オーバー。伸びしろあります。
2020 S1

【プロスピA】サンズ (S) 2020 助っ人外国人 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。韓国リーグでの活躍とNPBでの活躍は少し違うのかなと近年思ったりもしますが、そんな豪快な振り方ではなくても、ホームランが打ててるサンズ選手。つまりパワーあります。
2020 S1

【プロスピA】阿部 寿樹 (S) 2020 シリーズ1 [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。やはり落合さんに認められた打撃センスというものに期待しかない阿部さん。昨シーズンの活躍でミートはもちろんパワーも上昇気流であります。
2020 S1

【プロスピA】鉄平 (S) 2020 TS [楽天イーグルス] の評価・称号

俺的評価 9.4/10点。楽天のヒットメーカーといえばまだまだこの方、鉄平さん。登録名が名前だからヒットメーカーになるのか、ヒットメーカーだから名前が登録名になるのか。
2020 S1

【プロスピA】清田 育宏 (S) 2020 シリーズ1 [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。まだまだ衰えるわけがない、チャンスに強い男清田選手。昨シーズンは、4試合連続ホームランがあったり話題性もたっぷりでした。期待の若手がいるものの外野陣まだまだ君臨しそうな予感。
スポンサーリンク