NEW! 俺的先発ランキング12はこちら

走塁

スポンサーリンク
2020 S2

【プロスピA】稲葉 篤紀 (S) 2020 OB [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 9.7/10点。ヤクルト、日本ハム、そしてヤクルトと安定して登場してくれます稲葉選手。もはや監督の印象もかなり強くなってきましたが、グローブを頭に乗せてセンターに集っていた頃も懐かしい。
2020 S2

【プロスピA】大谷 翔平 打者 (S) 2020 WS [北海道日本ハムファイターズ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。NPBでは漫画級の活躍でメジャーへと渡った大谷選手。レフト方向にぶち込む打球はまさに広角打法。弾道もアーチストで最強。
2020 S2

【プロスピA】高橋 周平 (S) 2020 シリーズ2 [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 9.6/10点。劇的なサヨナラホームランなどありましたが、やっと脂が乗りベストナインとゴールデングラブ賞も獲得した昨年。今シーズン更なるアップをしてくれるに違いなし!
2020 S2

【プロスピA】宗 佑磨 (S) 2020 シリーズ2 [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 8.6/10点。何よりビジュアル面の変化にも目がいく宗選手。ヒゲってメジャー感あるなと改めて実感。外野手ながらサードでの出場されてます。
2020 S2

【プロスピA】平田 良介 (S) 2020 シリーズ2 [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。印象派バッティングフォームの平田選手。一昨年のシーズンは高い打率を残されましたが、残念ながら前シリーズからパワーがCになっています。
2020 S2

【プロスピA】アルモンテ (S) 2020 シリーズ2 [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。早くも3年目のアルモンテ選手。数値的には2020シーズンから下がっているものの、特殊能力にアベレージヒッターがついているスイッチヒッター。
2020 S2

【プロスピA】ジョーンズ (S) 2020 シリーズ2 [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 8.8/10点。ついに一旦2軍で調整となったジョーンズ選手。やはり飛んだ打球はメジャー級ですが、高い期待値と比較しちゃうとアダムです。
2020 S2

【プロスピA】外崎 修汰 (S) 2020 シリーズ2 [西武ライオンズ] の評価・称号

俺的評価 9.6/10点。少しづつですがオールAへの階段を登られています、外崎選手!源田選手との二遊間は鉄壁ディッフェーンス!であります。
2020 S2

【プロスピA】小島 脩平 (S) 2020 代打の切り札 [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。限界突破4以上必要いっちゃえれば、捕手以外全て守れるまさにユーティリティープレーヤー。圧倒的なパワーなどなくても、プロの世界でこれだけ守れるのはスゴい。
2020 S1

【プロスピA】荒木 雅博 (S) 2020 TS [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 9.7/10点。荒木さんの印象といえばアライバはもちろんですが守備、盗塁、ヘッドスライディング、練習の鬼とさまざまです。映像として覚えている印象的なプレーを数多く残してくれた選手。
2020 S1

【プロスピA】金城 龍彦 (S) 2020 TS [横浜DeNAベイスターズ] の評価・称号

俺的評価 9.7/10点。思い返せば新人王で(2年目)圧倒的な打率で首位打者、しかも両打ちってどれだけのロマンが詰まっていたのか、金城選手です。背番号1の印象が強いですが当時はまだ37。
2020 S1

【プロスピA】遠藤 一星 (S) 2020 シリーズ1 [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 7.9/10点。綺麗なスイングが印象的な遠藤選手。まだまだベテランが輝く中日外野陣ではありますが、その中でもまだまだ足で魅せてくれる30オーバー。
2020 S1

【プロスピA】上本 博紀 (S) 2020 シリーズ1 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。年齢を重ねても積極プレーは健在。打力は間違いなく良いものの、ケガなど色々あります。鳥谷さん、大和さんという移籍組の活躍に負けじと躍動を期待!
2020 S1

【プロスピA】増田 大輝 (S) 2020 シリーズ1 [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 8.4/10点。名投手として物議を醸した増田選手。中々に良い球いってました。持ち前の走力では次の塁に進んだ後の半笑いが印象的。走力でのかき乱しっぷりはエグい。
スポンサーリンク