NEW! 俺的ランキング キャッチャー編!

超キレ◎

スポンサーリンク
2020 S1

【プロスピA】田口 麗斗 (S) 2020 シリーズ1 [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 8.6/10点。昨シーズン侍ジャパンにも選ばれた緩急抜群、低身長左腕田口投手。やはり田口投手といえば多彩な変化球で先発としてしっかり勝ち星を上げたことのある実績ある投手。
2020 S1

【プロスピA】高橋 純平 (S) 2020 シリーズ1 [福岡ソフトバンクホークス] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。今シーズンは先発となるのか、高橋純平投手。昨シーズンは中継ぎとして見事な働きっぷりでした。球威のある直球はもちろん、落差のあるSFFは魅力。
2020 S1

【プロスピA】小川 龍也 (S) 2020 シリーズ1 [西武ライオンズ] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。時折球界に登場する左×サイドスロー×中継ぎのコラボレーション。そこに球威もあればなおよし。小川投手にあるのは高速スクリュー。申し分なし。
2020 S1

【プロスピA】青柳 晃洋 (S) 2020 シリーズ1 [阪神タイガース]の評価・称号

俺的評価 9.2/10点。阪神の全力少年こと(?)青柳投手。サイドからのスキマスイッチ、いや全力投球こその荒れ球が印象でしたが、意外と制球がいい。高速シュートに磨きがかかってきています。
2020 S1

【プロスピA】山岡 泰輔 (S) 2020 シリーズ1 [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 9.8/10点。背番号19で登場しました山岡投手。昨シーズン最多勝率を獲得して1億円プレーヤーの仲間入り。キレッキレの縦スライダーはゲームでも打ちにくい球上位に食い込んでくるであろう打ちにくさ。
2020 S1

【プロスピA】上沢 直之 (S) 2020 シリーズ1 [北海道日本ハムファイターズ] の評価・称号

俺的評価 9.4/10点。バランス良き上沢投手。変化球、フォーム、フェイスとかなりのハイクオリティのバランスでございます。再びナイスな投球を見せるために戻ってきてくれること間違い無いでしょう。
2020 S1

【プロスピA】今井 達也 (S) 2020 シリーズ1 [西武ライオンズ] の評価・称号

俺的評価 8.4/10点。徐々に勝てる投手になってきている今井投手。キレで勝負をしていくことになりそうな多彩な変化球。高校時代から魅力的な縦スラが光ってます。
2020 S1

【プロスピA】森下 暢仁 (S) 2020 ルーキー [広島東洋カープ] の評価・称号

俺的評価 8.7/10点。1年目から背番号18を背負う逸材、プロでもなかなか打てていない様子が映っております。投手出身の佐々岡監督のもとでは、いい感じで育ちそう。
2019 S2

【プロスピA】山岡 泰輔 (S) 2019 侍ジャパン [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 9.8/10点。今シーズン最多勝率を獲得で1億円プレーヤーの仲間入りしました山岡投手。侍ジャパンでは中継ぎで登場!キレッキレの縦スライダーはゲームでも打ちにくい球上位に食い込んでくるであろう打ちにくさ。
2019 S2

【プロスピA】山崎 康晃 (S) 2019 侍ジャパン [横浜DeNAベイスターズ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。DeNAの守護神、ツーシームで世界を席巻しておりました。可愛い笑顔からの気迫満点の存在感。NPBにいてくれる間は圧倒的クローザー間違いなし!
2019 S2

【プロスピA】田口 麗斗 (S) 2019 侍ジャパン [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 8.4/10点。緩急抜群、低身長左腕田口投手。やはり田口投手といえば多彩な変化球。
中継ぎとしての登場ですが、先発適性Sでもあるので使い勝手は抜群。
2019 S2

【プロスピA】山岡 泰輔 (S) 2019 B9&TH [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 9.8/10点。来シーズンからは背番号19で、オシャレも含めて金子千尋選手の後任間違いなし。最多勝率を獲得で1億円プレーヤーの仲間入りしました。限界突破で中継ぎ起用も可能。
2019 S2

【プロスピA】山崎 康晃 (S) 2019 B9&TH [横浜DeNAベイスターズ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。DeNAの守護神は世界を相手にしても凄かった。プレミア12でのツーシーム、圧巻でした。笑顔は可愛いのになぜか半端ない気迫を感じちゃう存在感。
2019 S2

【プロスピA】高橋 光成 (S) 2019 シリーズ2 [西武ライオンズ] の評価・称号

俺的評価 8.1/10点。大きくなった、高橋こうな投手。松坂投手の加入もあり、夏の甲子園を制した男が揃いました。夏の甲子園、落ちる球で三振を奪っていた姿からはや約6年。
スポンサーリンク