NEW! 俺的ランキング 抑え編!

超チャンス◎

スポンサーリンク
2020 S1

【プロスピA】森 友哉 (S) 2020 シリーズ1 [西武ライオンズ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。昨シーズン、パ・リーグMVPのキャッチャー森選手。昨シーズンまでも素晴らしい能力でしたが首位打者獲得もありミート・パワー・走力と全てで+1きてます。もう打撃部門では歴史者です。
2020 S1

【プロスピA】大山 悠輔 (S) 2020 シリーズ1 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。昨シーズンはホットスポットだったサードも、今シーズンは競い合ってます。4番と期待されることは、喜びなのか辛さなのか。今シーズンは笑顔がたくさん見れますように。
2020 S1

【プロスピA】中川 圭太 (S) 2020 シリーズ1 [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 9.3/10点。交流戦で首位打者を獲得したり、オリックスを代表する右打者となっていきそうな雰囲気ムンムンです。チャンスメーカーとしてヒットを量産できるのか。
2020 S1

【プロスピA】福田 永将 (S) 2020 シリーズ1 [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。昨シーズン、月間MVPも獲得した福田選手。20本には届きませんでしたが、やはり和製大砲パワーあります。スタンドへ向かう打球はやはりパワーヒッターの打球。
2020 S1

【プロスピA】佐野 恵太 (S) 2020 シリーズ1 [横浜DeNAベイスターズ] の評価・称号

俺的評価 8.7/10点。大きく振れる男。筒香選手の抜けた穴を、大きな放物線を描くのはこの人に違いなし。4番を担えばきっと似合う男になるでしょう。ラミちゃんが期待する打者が輝かないはずがない。
2020 S1

【プロスピA】島内 宏明 (S) 2020 シリーズ1 [楽天イーグルス] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。2019S2よりもパワーは-1下りCとなったものの、ミートは+4で75Bまで上がりました。1億円プレーヤー、今年はより飛躍がありそうです。
2019 S2

【プロスピA】初芝 清 (S) 2019 OB [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 9.2/10点。久々にお見かけしたバラエティーでは、地下のお部屋でドラクエ延々ぶちかまされてました。やはりトレーニングのように打ち込むものには耐性が凄いダンディでした。
2019 S2

【プロスピA】菊池 涼介 (S) 2019 侍ジャパン [広島東洋カープ] の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。セカンドを守るニンジャこと菊池選手。守備力、そしてオールBの打力と申し分はなし。残留の来シーズン、アイデア光るあのセンスでより恐ろしい存在になること間違いなし。
2019 S2

【プロスピA】會澤 翼 (S) 2019 侍ジャパン [広島東洋カープ] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。年々顔面と風格は前田智徳さん。やはり世界と闘うには強肩も必要ですが、リーダーシップも欲しい。そんな時には打てる捕手。
2019 S2

【プロスピA】菊池 涼介 (S) 2019 B9&TH [広島東洋カープ] の評価・称号

俺的評価 9.3/10点。来シーズンも残留を表明してくれました頼もしい忍者。この数年打率こそ残ってませんが、スッキリとした来シーズンからノビノビ野球で率も上がってくる予感。
2019 S2

【プロスピA】森 友哉 (S) 2019 B9&TH [西武ライオンズ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。パ・リーグMVPのキャッチャー森選手。藤浪選手とともに甲子園を沸かせた男がついにここまでの選手になりました。打てる捕手は時折出てきますが、歴代名前が上がる名捕手たちと同じタイトルを獲得。
2019 S2

【プロスピA】重信 慎之介 (S) 2019 シリーズ2 [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 8.2/10点。昨シーズン公開説教が流行った(?)NPBでありましたが、原監督から公開説教いかれました重信選手。それはもちろん輝きを放つ走力のことでありました。来シーズン走りまくりの予感。
2019 S2

【プロスピA】小田 裕也 (S) 2019 シリーズ2 [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。強肩光る小田選手。昨シーズンから上がってきたバッティングもあり、走力もA間近。守備・走塁・盗塁と全て積極の新婚さん。
2019 S2

【プロスピA】大島 洋平 (S) 2019 B9&TH [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 9.7/10点。年を重ねて、再び熱いアベレージヒッター感が漂っています、ベテラン大島選手。合わせてゴールデングラブ賞も獲得して、大きいのを打つ外野陣たちとはまた違った異彩を放つセンター。
スポンサーリンク