NEW! OB第1弾 俺的ランキングはこちら

超選球眼◎

スポンサーリンク
2020 S2

【プロスピA】鳥谷 敬 (S) 2020 アニバーサリー [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。阪神からロッテへ。またそこで雄叫びを上げたり、満面の笑みだったり、観ているこちらも嬉しくなる胸アツシーンを提供してくれている鳥谷選手。
2020 S2

【プロスピA】宮崎 敏郎 (S) 2020 アニバーサリー [横浜DeNAベイスターズ] の評価・称号

俺的評価 9.2/10点。やはりこの方には3割が似合います、宮崎選手。柔らかいフォームから鋭い打球。3割30本を期待される力があるので、まだまだもう一声感はあるのが正直なところではあります。
2020 S2

【プロスピA】宮崎 敏郎 (S) 2020 シリーズ2 [横浜DeNAベイスターズ] の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。やはりこの方には3割が似合います、宮崎選手。柔らかいフォームから鋭い打球。3割30本を期待される力があるので、まだまだもう一声感はあるのが正直なところではあります。
2020 S2

【プロスピA】宗 佑磨 (S) 2020 シリーズ2 [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 8.6/10点。何よりビジュアル面の変化にも目がいく宗選手。ヒゲってメジャー感あるなと改めて実感。外野手ながらサードでの出場されてます。
2020 S2

【プロスピA】安田 尚憲 (S) 2020 シリーズ2 [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。もちろんまだまだ成長過程ではありますが、誰もが期待する何かを持つ選手。存在感あります。
2020 S2

【プロスピA】鈴木 大地 (S) 2020 シリーズ2 [楽天イーグルス] の評価・称号

俺的評価 9.7/10点。チームが変わっても選手の持つ本質は変わらない。まさにそんな素敵な姿を実践してくれている鈴木大地選手。プロ初の3割越えも見えているシーズン終盤であります。
2020 S2

【プロスピA】坂口 智隆(S)2020 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 8.6/10点。昨シーズンこそ怪我での離脱がありましたが、ヤクルトに移籍してからは安定的な成績を残している坂口選手。怪我の影響もあり2019S1以来の登場です。
2020 S2

【プロスピA】銀次 (S) 2020 シリーズ2 [楽天イーグルス] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。昨シーズンは久々に打率を3割にのせて、ミートも大幅アップしてました銀次選手。あといくつかの順位を上げていくためには欠かせない存在。
2020 S2

【プロスピA】栗山 巧 (S) 2020 シリーズ2 [西武ライオンズ] の評価・称号

俺的評価 8.4/10点。風格男気◎の栗山選手です。衰え知らずで今シーズンナイスバッティングです。何よりホームランを打った時のフォロースルーの美しさ◎。
2020 S2

【プロスピA】糸原 健斗 (S) 2020 シリーズ2 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 8.4/10点。シーズン序盤の好調から、怪我もあり調整中に突如現れた新星小幡選手。しかし、プロでしっかり全試合出ていた選球眼とスタミナの持ち主、糸原選手も負けてはいない。
2020 S2

【プロスピA】明石 健志 (S) 2020 代打の切り札 [福岡ソフトバンクホークス] の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。ホークスの代打と考えれば、数々の選手たちが浮かぶものの今回は超絶ユーティリティーサラサラヘアーの明石選手です!限界突破は必要ですが、捕手以外全て守れる素晴らしさ。
2020 S1

【プロスピA】石井 一成 (S) 2020 シリーズ1 [北海道日本ハムファイターズ] の評価・称号

俺的評価 7.9/10点。なかなかバッティング的なものは上がってはこないものの、守備は安定感あります。大事なのは守備力か意外性のある打力か。なんとなくフェイスよりも身長が大きく感じる選手の1人。
2020 S1

【プロスピA】銀次 (S) 2020 シリーズ1 [楽天イーグルス] の評価・称号

俺的評価 9.2/10点。2019S2ではパワーが59Dで若干の見栄えの悪さがあったものの、再び60Cに復活。そしてミートは79Bの2アップ。3割にのせた打率で再びミートAも近づいてきました。そして適性で捕手Fあります。
2020 S1

【プロスピA】福留 孝介 (S) 2020 エキサイティング [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 8.7/10点。もはや能力だけでは計り知れない存在感。能力的には残念ながら年齢ととともに数値は下がってきている現実ですが、勝負強さとリーダーシップという、数値だけで測れない部分はさすがの一言です。
スポンサーリンク