NEW! 俺的ランキング 侍ジャパン全26選手!

野手

スポンサーリンク
2019 Series 2

【プロスピA】山田 哲人 (S) 2019 侍ジャパン [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。例え写真が欽ちゃん走りでも、やはりプレミア12でのホームランは忘れられません。本職の2塁手ではなく、1塁手で登場。オールAでの登場でより増す存在感。
2019 S2

【プロスピA】鈴木 誠也 (S) 2019 侍ジャパン [広島東洋カープ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。侍ジャパンの4番打者として圧巻の成績でした。鈴木誠也選手。もはや神ってた時代が懐かしいくらい、標準で神ってる男。成長にどのくらい能力の反映が追いついてくるか。
2019 S2

【プロスピA】菊池 涼介 (S) 2019 侍ジャパン [広島東洋カープ] の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。セカンドを守るニンジャこと菊池選手。守備力、そしてオールBの打力と申し分はなし。残留の来シーズン、アイデア光るあのセンスでより恐ろしい存在になること間違いなし。
2019 S2

【プロスピA】坂本 勇人 (S) 2019 侍ジャパン [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。圧倒的打者感が出てきました、ショートで40本打つ男、坂本選手。正直ミートよりパワーが上回る日がくるとは思わないスラッと体型!パワー84はやはり凄い。
2019 S2

【プロスピA】小林 誠司 (S) 2019 侍ジャパン [読売ジャイアンツ] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。世界のKOBAYASHI選手は、侍ジャパンでも5回以降の出番でパワーがA、弾道がパワーヒッターになる特殊能力サプライズをひっさげて登場です。
2019 S2

【プロスピA】近藤 健介 (S) 2019 侍ジャパン [北海道日本ハムファイターズ] の評価・称号

俺的評価 9.6/10点。様々なポジションを守りながら球界を代表するヒットメーカーとしてプレミア12でも輝いていました。やはり出塁率のタイトルはだてじゃない。塁上にいる回数が違う気がします。
2019 S2

【プロスピA】周東 佑京 (S) 2019 侍ジャパン [福岡ソフトバンクホークス] の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。ヘルメットがズレるほどのスピード感。プレミア12で沸かせまくった周東選手がついに圧巻の走力を携えて登場です。これぞ期待の周東(しゅうとう)くん。名前ももはやインパクト紅茶級。
2019 S2

【プロスピA】甲斐 拓也 (S) 2019 侍ジャパン [福岡ソフトバンクホークス] の評価・称号

俺的評価 9.2/10点。来シーズンから背番号19を背負う甲斐キャノンさん。ノムさんを継いでいくであろう名捕手感は出ております。肩力はもちろんのこと、次第にバッティングも良くなってきました。
2019 S2

【プロスピA】源田 壮亮 (S) 2019 侍ジャパン [西武ライオンズ] の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。韋駄天で守備職人でもある源田選手。次第に写真かっこいいランキング上位に入ってきました、絵になる男。改めてご結婚おめでとうございます。
2019 S2

【プロスピA】外崎 修汰 (S) 2019 侍ジャパン [西武ライオンズ] の評価・称号

俺的評価 9.7/10点。オールAも夢じゃない、外崎選手!年々着実に上がってきている能力は次第に申し分なし。何より足も早いし守備もいい。西武では見事浅村選手の穴を埋めましたが、侍ジャパンでは見事サードで貢献。
2019 S2

【プロスピA】會澤 翼 (S) 2019 侍ジャパン [広島東洋カープ] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。年々顔面と風格は前田智徳さん。やはり世界と闘うには強肩も必要ですが、リーダーシップも欲しい。そんな時には打てる捕手。
2019 S2

【プロスピA】吉田 正尚 (S) 2019 侍ジャパン [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。写真の風格半端ないMr.ロマン、アーチスト吉田正尚選手! フルスイングからの爆裂ホームランに目はいきがちですが、首位打者を狙えるミート力は圧巻。
2019 S2

【プロスピA】浅村 栄斗 (S) 2019 侍ジャパン [楽天イーグルス] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。右打ち光る浅村選手。できることなら一塁手で使いたい。そんな声が届きました、侍ジャパンで守った一塁手で登場!
2019 S2

【プロスピA】松田 宣浩 (S) 2019 侍ジャパン [福岡ソフトバンクホークス] の評価・称号

俺的評価 9.9/10点。久々に熱くない系写真の、プレミア12でも流石のガチ上げポンポーンのマッチさん。衰え知らずの熱い男は、ベンチでもさすがの存在感でした。
スポンサーリンク