NEW! 俺的ランキング アニバーサリー第1弾!

中継ぎ

スポンサーリンク
2020 S2

【プロスピA】石川 歩 (S) 2020 アニバーサリー [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 9.2/10点。投球の感じもヒゲの感じもパワーアップしてきました石川投手。やはりバランス良く高い能力は魅力的。芸術的なヒゲとシンカーはやはりさすが。
2020 S2

【プロスピA】平野 佳寿 (S) 2020 WS [オリックス・バファローズ] の評価・称号

俺的評価 9.8/10点。背番号6というNPBでは珍しい背番号で投げられてました平野投手。NPB時代といえば、やはりかなり高い威力あるストレートとフォークの組み合わせ。
2020 S2

【プロスピA】岩貞 祐太 (S) 2020 シリーズ2 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 8.8/10点。今シーズン途中から中継ぎ転換となりましたが、中継ぎ適性を持っての登場です。躍動感あるフォームからノビある直球をしっかりと投げ込めば中々打てないはず。
2020 S2

【プロスピA】河野 竜生 (S) 2020 シリーズ2 [北海道日本ハムファイターズ] の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。1年目から先発も中継ぎもこなしている河野投手。タイミングの取りにくそうなフォームで、速いストレートと抜いた変化球でお洒落なピッチング。
2020 S2

【プロスピA】石川 柊太 (S) 2020 シリーズ2 [福岡ソフトバンクホークス] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。ダルビッシュさん選出によりセレクションでも登場してました、石川投手。代名詞でもあるパワーカーブは惚れ惚れするキレ具合。この方のパワーカーブはなんか軌道が違います。
2020 S2

【プロスピA】吉田 大喜 (S) 2020 ローテーションチャレンジャー [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。球威・制球・スタミナはもうひと頑張り欲しいものの、球種たちは期待高まる球を持ってます。ルーキーながらしっかりと経験は積んでいるであろう今シーズン。良い球もいってます。
2020 S2

【プロスピA】薮田 和樹 (S) 2020 ローテーションチャレンジャー [広島東洋カープ] の評価・称号

俺的評価 7.6/10点。15勝をあげたシーズンもあるので、期待値が上がってしまう薮田投手。まだまだ衰える年齢でもないので、再び返り咲いてくれるはず。
2020 S2

【プロスピA】加藤 貴之 (S) 2020 ローテーションチャレンジャー [北海道日本ハムファイターズ] の評価・ステータス

俺的評価 8.4/10点。昨シーズン、オープナーもありショートスターターとして色々な場面で投げまくった加藤投手。結果的なものだけではなくて、新しい試みの中で貴重過ぎる存在感でした。
2020 S2

【プロスピA】有吉 優樹 (S) 2020 ローテーションチャレンジャー [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 7.6/10点。怪我からの見事な復活で今シーズン勝利をあげられています有吉投手。先発、中継ぎともに可能な有吉選手のこれからはいかに。
2020 S2

【プロスピA】笠谷 俊介 (S) 2020 ローテーションチャレンジャー [福岡ソフトバンクホークス] の評価・称号

俺的評価 8.2/10点。工藤監督のもとでは投手が育たないわけがないと思ってしまいますが、ましてや左腕はきっと超チャンス。そんな中で笠谷投手です。
2020 S2

【プロスピA】伊藤 翔 (S) 2020 ローテーションチャレンジャー [西武ライオンズ] の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。お名前だけ見ると、サッカー界の伊藤翔くんこと和製アンリを思い出しますが、独立リーグから加入した西武の伊藤投手です。
2020 S2

【プロスピA】梅野 雄吾 (S) 2020 シリーズ2 [ヤクルトスワローズ] の評価・称号

俺的評価 9.1/10点。まだまだ若いながら、年々成長して早くも存在感は抜群。威力ある速球、そしてフォークと年齢を感じさせない迫力満点のピッチングの梅野投手。
2020 S2

【プロスピA】福 敬登 (S) 2020 シリーズ2 [中日ドラゴンズ] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。山本昌さんを彷彿とさせる、福投手。あのフォームからナイスなストレートがズバンと決まるので、あのスクリューがなくても思い出すのはに違いなし。
2020 S2

【プロスピA】菊池 保則 (S) 2020 シリーズ2 [広島東洋カープ] の評価・称号

俺的評価 8.6/10点。昨シーズン、トレードで広島へやってきた菊池投手。今シーズンはプロ初セーブも記録。後ろがなかなか決まらない中で、しっかりした投球。やはり落差のあるフォークを持つ投手はリリーフで活躍できるのか。
スポンサーリンク