NEW! OB第1弾俺的ランキング

ロッテ

スポンサーリンク
2019 S2

【プロスピA】小林 雅英 (S) 2019 OB [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。日本を代表するクローザーの一人、小林雅さん。やはり抜群の制球力にシュート。そして落ちる球。どのチームにもクローザーは必要ですが、できればこんな圧倒的な存在がいい。
2019 S2

【プロスピA】清田 育宏 (S) 2019 シリーズ2 [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。4試合連続ホームランがあったり、勝負どころのシーンでも打っていた印象の清田選手。今シーズンは同い年の荻野選手の成績としての活躍もあり、より期待が高まる選手。
2019 S2

【プロスピA】荻野 貴司 (S) 2019 アニバーサリー [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。今シーズンついにきました大幅アップ!今シーズン誰もが待っていた躍動!走り抜きました。もともと素晴らしい走力に、ヒット量産。まだまだ若いプレースタイル。ファンです。
2019 S2

【プロスピA】鈴木 大地 (S) 2019 アニバーサリー [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。素敵なバランス、ロッテの窓口、鈴木大地選手。圧巻のリーダーシップ。人間力。僕も一塁に出塁して笑顔で挨拶したい(願)。限界突破4まで行ければ内野はどこでも守れて必ず重宝します。チームに一人ロッテ枠ならずばり。
2019 S2

【プロスピA】藤岡 裕大 (S) 2019 シリーズ2 [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 7.6/10点。体もしっかり大きくて、期待できそうな雰囲気ムンムンですが、中々伸び悩んでいる印象の選手。もしも来シーズン鳥谷選手の加入などあれば、ライバルになりますが教科書にもなりそう。
2019 S2

【プロスピA】唐川 侑己 (S) 2019 シリーズ2 [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 8.6/10点。久々に登場の唐川投手。中継ぎとしての登場。唐川投手といえば、高い制球力とゆったりしたフォーム。多彩な変化球も健在。
2019 S2

【プロスピA】レアード (S) 2019 シリーズ2 [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。ロッテのスシボーイ、レアード選手。シーズン序盤、どこまで量産するのかと言う活躍でしたが、着地的には安定の?32本。
2019 S2

【プロスピA】岩下 大輝 (S) 2019 シリーズ2 [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 8.8/10点。球種は多くないですが、個人的に投げる姿に惚れ惚れした迫力のある投手。今シーズン先発で頑張っていますが、中継ぎも限界突破なしで可能です。
2019 S2

【プロスピA】田村 龍弘 (S) 2019 シリーズ2 [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 8.1/10点。ロッテの22、田村選手。まさに伸び盛りの選手!代表を特集したテレビでの牽引力に目を奪われました。まさに捕手らしい捕手。
2019 S2

【プロスピA】レオン (S) 2019 外国人OB [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 9.9/10点。レオンと言えばもちろんマチルダですが、ロッテに限ればやはりリーとの兄弟。ちなみに兄のリー選手は昨年登場。弟のレオンくんは、ズバリバランス良し
2019 S2

【プロスピA】角中 勝也 (S) 2019 シリーズ2 [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。シーズン序盤、ケガなどもあり調子を落としていた角中選手。戻ってきてからは速攻活躍。本来の安打製造機感、ベテランとなってきても健在です。
2019 S2

【プロスピA】石川 歩 (S) 2019 シリーズ2 [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。芸術的なヒゲとシンカー。なんと中継ぎで登場です。今シーズン開幕投手ながら中々勝ち星なしが続きました。残念ながら制球は80A→78Bへ。ただ、この能力で中継ぎが可能なのは魅力あります。
2019 S2

【プロスピA】鈴木 大地 (S) 2019 シリーズ2 [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。シリーズ1よりミートとパワーの大幅アップ。そして、圧巻のリーダーシップ。人間力。僕も一塁に出塁して笑顔で挨拶したい(願)。
2019 S2

【プロスピA】二木 康太 (S) 2019 シリーズ2 [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。ロッテの高身長投手、二木投手。球威・制球・スタミナは素晴らしい能力ながらも変化球は物足りず。なかなか使いこなすには絶妙な配球が必要そう。
スポンサーリンク