NEW! 俺的 抑えランキング!

2019 Series 2

スポンサーリンク
2019 S2

【プロスピA】掛布 雅之 (S) 2019 OB [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。やはり阪神のサードといえばこの方。もうご存知に近い素晴らしい能力。非常にですね、広角打法のアーチストなので、使用感も満点ですね。
2019 S2

【プロスピA】梅野 隆太郎 (S) 2019 B9&TH [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 9.2/10点。ついに1億円プレーヤーとなりましたキャッチャー梅野選手。守備力は安定の肩にキャッチングと文句なし。打撃面では奇跡のサイクル安打も達成。
2019 S2

【プロスピA】近本 光司 (S) 2019 B9&TH [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 9.3/10点。新人王こそ逃しましたが、ルーキーながら公言通り赤星さん以来の盗塁王を獲得。長嶋さんの記録を抜いたり、諸々あったオールスターでのサイクル安打など素晴らしい活躍でした。
2019 S2

【プロスピA】原口 文仁 (S) 2019 シリーズ2 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。まず復帰ありがとうございます。心底必死のパッチで戻ってきてくれました。劇的すぎた今シーズンでしたが、来シーズンに向けて春のキャンプを頑張られている姿を見ると本当に凄い事だと再確認。
2019 S2

【プロスピA】高橋 遥人 (S) 2019 シリーズ2 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 8.2/10点。若干自信なさげに見える表情から小さな巨人感を勝手に感じていましたが、181cmで驚き方改革。OBたちも絶賛のノビのあるストレート。
2019 S2

【プロスピA】下柳 剛 (S) 2019 OB [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。ベテランの投球術、円熟味というものを教えてくれた下柳投手。のらりくらりとの表現はまさにで、バランス良き変化球ではあるようなないような。
2019 S2

【プロスピA】西 勇輝 (S) 2019 B9&TH [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 9.8/10点。もはや阪神の顔、西投手です。打線の奮起が必要ですが、シーズンを通して、またできるだけ長いイニングを投げようとする姿は間違いなくエースです。全方向への変化球は超魅力。
2019 S2

【プロスピA】島本 浩也 (S) 2019 シリーズ2 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 9.2/10点。監督が変われば起用される選手も変わる。成長はもちろんあったのでしょうが、まるで水を得た魚のように1年間飛び回りました。俳優一家の柄本家の一族かと思うくらいのフェイス、島本投手。
2019 S2

【プロスピA】ガルシア (S) 2019 シリーズ2 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 8.8/10点。何が強みかと考えると間違いなく明るい心。中日時代の勝ち星には遠く及びませんでしたが、チームをCSへ導いた中継ぎピッチャーとしての活躍は素晴らしいものがありました。中継ぎ適性C追加。
2019 S2

【プロスピA】糸井 嘉男 (S) 2019 シリーズ2 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 9.4/10点。「ギータはバンクやろ」この言葉がきっとNPBの未来を救う名言になることでしょう。ミートAもあり見栄えは良いながら、今シーズンは怪我で離脱。そこから最後CSまで駆け上がったチーム状況の中で、来シーズンはどんな役割を見せてくれるのか。
2019 S2

【プロスピA】能見 篤史 (S) 2019 バトルスタジアム [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 8.8/10点。Mr.スマートフォーム、能見サン!年々変化するであろう身体の変化に合わせて、コミットしていくベテランはカッコいい。
2019 S2

【プロスピA】バース (S) 2019 OB [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。出会えて嬉しいロマン枠の最高峰、ただしくはバス選手。またの名をケンタッキーのおじさん。ミートをSに乗せることができるヤバースな能力。
2019 S2

【プロスピA】高山 俊 (S) 2019 シリーズ2 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 8.1/10点。苦労した年からようやく解放されつつある元新人王。誰もが期待するミート力はもちろん、使いづらい要因でもあった守備力(捕球)は努力が溢れて見れちゃうくらいの成長。
2019 S2

【プロスピA】近本 光司 (S) 2019 シリーズ2 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 9.3/10点。ルーキーながら今シーズンの阪神を支えた近本選手!公言通り赤星さん以来の盗塁王も獲得。長嶋さんの記録、オールスターでのサイクル安打など話題に困らない1年でした。
スポンサーリンク