巨人一覧

【プロスピA】中川 皓太 (S) 2019 セレクション [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 9.2/10点。ポリバレント・クローザーと呼ばれ今シーズン大活躍の中川投手、抑えで登場です。(ポリバレントは下記参照) シリーズ1での70B 75B 66Cより大幅アップです。 原監督には目力だけじゃなく、やはり采配能力もある。そんなことを思う7月中旬。

【プロスピA】ゲレーロ (S) 2019 シリーズ1 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。プロスピ能力は素晴らしいながらも、育てていくのには正直不安もつきまとうゲレーロ選手。 シーズン序盤は素晴らしい活躍でした。まさにドラゴンズ時代のゲロゲーロ。 しかしながら、チームの調子向上とともに再調整に入ったそんな印象です。 また後半戦、シーズン序盤のような活躍があるのか。

【プロスピA】山本 泰寛(S)2019 期待の若手 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 7.7/10点。ジワジワとスタメンを狙う慶應ボーイ。 いずれ背番号24を背負う選手となるのか。 ショートの穴を埋めた昨シーズン。掴みそうで誰もが掴み切らないセカンドにこの人ありとなるのか。 原監督になり、大補強があり、厳しい争いは続くでしょうがガッツある感じがジャイアンツの空気をより変えていきそうな選手。

【プロスピA】メルセデス(S)2019 シリーズ1 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。個人的な使用感として、とても投げやすいメルセデス投手。 リアル野球としては、勝ち負けトントンな感じです。 ただ話をゲームに戻せば、速いストレートとチェンジアップの組み合わせは抜群。 限界突破必要ですが、中継ぎでの起用も可能。

【プロスピA】阿部 慎之助(S)2019 TS [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 9.8/10点。プロスピでキャッチャーを探すとき、必ず上がってくるのこの選手。いまだ現役。もちろんキャッチャーではなくても勝負強い打撃は健在です。OBからは古田さん、城島さん、野村さん、田淵さんなどいらっしゃいますが、いまだ現役で限界突破のしやすさのあるハンパないキャッチャーはこの方くらいではないでしょうか。

【プロスピA】菅野 智之(S)2019 EX [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。球界ナンバーワン投手、菅野投手。 説明不要!!このままいけば全てオールSになるのではないかという、昨シーズンまでの記録。 入団を拒否した当時はまさかここまでの投手になるとは。コストも圧巻の29! 上原さんのまさかの引退で、背番号18がより印象的ですが変化球はスライダーが圧巻のS!!!

【プロスピA】ビヤヌエバ(S)2019 助っ人外国人 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。巨人の助っ人、ビヤヌエバ選手。 この選手もスピリッツ3100のシリーズ1で登場済みです。 なんて言いにくいんだ。ナカジを抑えしっかりとスタメン定着。 坂本、丸選手をビヤヌエバでホームへカエサネバ。 まだまだ甘めの査定ですが、伸びてきそうな予感はあります。いい所で打ち始めてます。

【プロスピA】小林 誠司(S)2019 EX [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。菅野投手とペアで出るエキサイティングプレーヤーにロマンがありますね。 ただ6/9 菅野投手復帰登板でマスクを被っていたのは炭谷選手でした。 世界のKOBAYASHIと言われたくらい勝負に強い打力はあります。 飛ぶときは悠々スタンドインする意外性。いつもどこか笑顔の男前フェイス。

【プロスピA】岡本 和真(S)2019 シリーズ1 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。どこか姪っ子に似ているからか、優しい目で応援してしまう巨人の4番。交流戦開始からは6番へ。いつ4番へ戻るのか、そして昨年の記録へと上げていくのか、そんな思いはありながらも忘れてはいけないのがまだ今年23歳。 大卒一年目でこんな感じなんですから素晴らしいですよね。

【プロスピA】ラミレス(S)2019 シリーズ1 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。ラミちゃんカチカチ! もう青いユニフォームがしっかり定着ですが、この頃のジャイアンツはペタジーニさんしかり、打ちまくる助っ人が印象的でした。 ヤクルト時代からジャイアンツへ移籍してからの圧巻の本塁打数!まさに助っ人。 圧巻の守備力(ある意味)とは真逆の本物の圧巻パワー。カチカチ!

【プロスピA】亀井 善行(S)2019 シリーズ1 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。ジャイアンツの長年外野を守っている選手、個人的堂々一位の亀井さん! サヨナラホームランでの涙など印象深いシーンもありながら、印象は代打でした。 しかし今シーズン、スタメンでも大活躍。ベテランの爆上げ状態はなぜ起こるのか。能力もオールB、能力だけ見るとベテラン感も感じない。守備のうまさも健在。

【プロスピA】丸 佳浩(S)2019 シリーズ1 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。ジャイアンツ愛がそうさせるのか、すでにチームに馴染みまくりすてぃー。2年連続MVPはチームが変わっても凄かった!丸選手の打順付近の選手には間違いなく何かしらの影響があるのだろうとしか思えない、今シーズンの坂本選手の記録。センターの守備適性が昨シーズンの84Aから78Bに大幅ダウン。

【プロスピA】中川 皓太(S)2019 シリーズ1 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。制球型の投手は今シーズン、中継ぎとしてフル回転。 どのくらいまで成績を伸ばすかはまだわかりませんが、期待値を込めて置いておくのも悪くない投手。 変化球種がスライダー系はなく、スラーブとシュートというのがポイントだと思います。 操作性がハマれば間違いなく強い中継ぎ。

【プロスピA】菅野 智之(S)2019 シリーズ1 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。説明不要!!このままいけば全てオールSになるのではないかという、着実な成長。 入団を拒否した当時はまさかここまでの投手になるとは。コストも圧巻の29! ギータもコスト29になるのでしょうか。当たったら当然オーダーに入る球界ナンバーワン投手!!

【プロスピA】丸 佳浩(S)2019 新戦力 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。スピリッツ2900ですが、能力は素晴らしい。手に入れるチャンスがあるなら入れるのもまる!! 坂本選手との驚異の1、2番コンビ。ONならぬ、まさにSM! 笑顔のマルポーズを見れば、ずっと前からいたような気がしちゃう不思議。 ジャイアンツに移籍しても能力は変わらず!

【プロスピA】ビヤヌエバ(S)2019 シリーズ1 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。なんて言いにくいんだ。しかし、ナカジを抑えしっかりとスタメン定着。 坂本、丸選手をビヤヌエバでホームへカエサネバ。 まだまだ甘めの査定ですが、伸びてきそうな予感はあります。 ただ外国人の2年目はどうなるかが不安なので、少し迷うところもあります。

【プロスピA】久保 裕也(S)2019 シリーズ1 TS [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。抑えもそうですが、中継ぎでも活躍の印象です。個人的にはジャイアンツ時代はもちろん、移籍後の楽天の印象も強い投手です。何と言ってもフォークでしょうか。 中継ぎ、抑えともにフォークのある投手は抑えれます。球威も称号次第でAに!

【プロスピA】炭谷 銀仁朗(S)2019 シリーズ1 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。ジャイアンツには何があるのか、それを知るためにやってきました炭谷選手。 銀仁朗時代の強肩も健在。下半身の太さは岡本選手と並ぶと圧巻。ジャイアンツから捕手として小林選手が1回目に登場しないのは久々でしょうか。原ジャイアンツの要となるか。

【プロスピA】クック(S)2019 シリーズ1 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。巨人からクック投手。いいピッチャーですね。ただプロスピの能力としては、まだ反映されていない感は満載です。今シーズン、セーブ状況での登板が多くなりそうなジャイアンツ的にもこの方のセーブ王があればリーグ優勝もありそうですね。ジャイアンツファンには必須になりそう。

【プロスピA】吉川 尚輝(S)2019 シリーズ1 [読売ジャイアンツ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。今シーズン始まってみれば、とんでもない打線。その1番に君臨しているのがこの吉川選手。 侍ジャパンでのショートの守備もお見事でしたが、セカンドの守備もお上手ですね。 あとは今シーズンの活躍で打力部分の能力が上がれば申し分なし。 キラリ光るスター感のある選手。すらっとしら坂本さんとの二遊間コンビはダブルGG賞もあるでしょう。