NEW! 外国人OB 俺的ランキング!

ロッテ

スポンサーリンク
2019 S2

【プロスピA】レオン (S) 2019 外国人OB [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 9.9/10点。レオンと言えばもちろんマチルダですが、ロッテに限ればやはりリーとの兄弟。ちなみに兄のリー選手は昨年登場。弟のレオンくんは、ズバリバランス良し
2019 S2

【プロスピA】角中 勝也 (S) 2019 シリーズ2 [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。シーズン序盤、ケガなどもあり調子を落としていた角中選手。戻ってきてからは速攻活躍。本来の安打製造機感、ベテランとなってきても健在です。
2019 S2

【プロスピA】石川 歩 (S) 2019 シリーズ2 [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。芸術的なヒゲとシンカー。なんと中継ぎで登場です。今シーズン開幕投手ながら中々勝ち星なしが続きました。残念ながら制球は80A→78Bへ。ただ、この能力で中継ぎが可能なのは魅力あります。
2019 S2

【プロスピA】鈴木 大地 (S) 2019 シリーズ2 [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。シリーズ1よりミートとパワーの大幅アップ。そして、圧巻のリーダーシップ。人間力。僕も一塁に出塁して笑顔で挨拶したい(願)。
2019 S2

【プロスピA】二木 康太 (S) 2019 シリーズ2 [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。ロッテの高身長投手、二木投手。球威・制球・スタミナは素晴らしい能力ながらも変化球は物足りず。なかなか使いこなすには絶妙な配球が必要そう。
2019 S2

【プロスピA】山口 航輝 (S) 2019 シリーズ2 [千葉ロッテマリーンズ] の評価・ステータス

俺的評価 7.8/10点。大阪から秋田へ。そして日本ハムの吉田輝星くんのライバル。まだ投手としての挑戦はするのか。
2019 S1

【プロスピA】今江 敏晃 (S) 2019 TS [千葉ロッテマリーンズ] の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。現楽天の今江選手の登場時も、やはりこのロッテ時代の今江選手を懐かしんでしまうくらいのお祭り男感。何と言ってもチャンスに強い男。
2019 S1

【プロスピA】井上 晴哉 (S) 2019 シリーズ1 [千葉ロッテマリーンズ] の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。チャンスに強い、個人的に顔がロッテ顔(里崎選手のイメージ)の井上選手。弾道が高弾道ですが、特殊能力のパワーヒッターで解消です。
2019 Series 1

【プロスピA】岩下 大輝 (S) 2019 シリーズ1 [千葉ロッテマリーンズ] の評価・称号

俺的評価 8.8/10点。期待の若手で登場していた岩下投手。個人的に劇団エグザイルの人に見える。球種は多くないですが、迫力のある投手です。今シーズン先発で頑張っていますが、中継ぎも限界突破なしで可能です。
2019 S1

【プロスピA】レアード (S) 2019 セレクション [千葉ロッテマリーンズ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。ロッテのスシボーイ、レアード選手。日ハムでも食べてましたが、今シーズンは釣って捌いて食べてます。そして、何と言っても今シーズン絶好調!どのくらい寿司を握るのか。
2019 Series 1

【プロスピA】清水 直行 (S) 2019 TS [千葉ロッテマリーンズ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。清水投手と言えばスライダーとSFF。個人的にパワプロ時代からの代名詞はSFF。当時の記憶ではあまりSFFを持っている投手は多くなかったのでは?と適当なことを言ってみる。
2019 Series 1

【プロスピA】酒居 知史 (S) 2019 シリーズ1 [千葉ロッテマリーンズ]の評価・称号

俺的評価 7.8/10点。今シーズン、プロ野球史上初となる1球勝利を開幕戦でおさめたことで話題になりました。投球はというと、先発も可能。標準的な変化球と速い直球・ツーシームという感じです。
2019 Series 1

【プロスピA】二木 康太 (S) 2019 シリーズ1 [千葉ロッテマリーンズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。ロッテのエース候補、二木投手。個人的にシルエットがまさに現在のロッテの投手の象徴。フォームも何となく石川歩投手の雰囲気もムンムン。高角度から投げる球こそ唯一無二のボール。
2019 Series 1

【プロスピA】西野 勇士 (S) 2019 TS [千葉ロッテマリーンズ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。速いストレートに落差のあるフォーク。まさに抑えという感じの西野投手。個人的に12球団のロッテ枠の補強目的で、毎度ロッテ枠には注目しているのですが、この球威のある抑えは魅力です。
スポンサーリンク