NEW! 外国人OB 俺的ランキング!

阪神

スポンサーリンク
2019 S2

【プロスピA】リベラ (S) 2019 外国人OB [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。リベラと言えば森進一ですが(冬のリヴィエラ)、阪神で言えばこの方。ストレートで押しまくっていた時代なのか、変化球の変化量は少なめ!
2019 S2

【プロスピA】福留 孝介 (S) 2019 シリーズ2 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。個人的に尊敬の域に入ってきたドメさん。ミート-3パワー-4というマイナスはあります。守備力は適性が残念ながらDですが、捕球・スローイングは申し分なし!
2019 S2

【プロスピA】ジョンソン (S) 2019 シリーズ2 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。シーズンも終盤へときましたが未だ恐るべきは防御率とパワーカーブ。セレクションの登場でも能力アップしてましたが、そこからさらにアップ。球威80A→83Aへ。何より代名詞パワーカーブの威力もアップ。
2019 S2

【プロスピA】マルテ (S) 2019 シリーズ2 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。外国人らしからぬ選球眼を持ったマルテ選手。徐々に日本球界にコミット中??セクシータイムことソラーテ選手の加入から見違えるように明るくなったドミニカン。
2019 S2

【プロスピA】青柳 晃洋 (S) 2019 シリーズ2 [阪神タイガース]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。阪神のスキマスイッチこと(?)青柳投手。サイドからの全力少年、いや全力投球こその荒れ球が印象でしたが、意外と制球がいい。
2019 S2

【プロスピA】島田 海吏 (S) 2019 シリーズ2 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 8.3/10点。一芸を持った選手の魅力は間違いない。スピードスターと期待されるこの島田選手。それを物語る背番号53。抜群の走力に期待大!
2019 S1

【プロスピA】坪井 智哉 (S) 2019 TS [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。阪神のヒットメーカー。振り子打法も印象でしたが、注目はやはりバットコントロール。そして意外と短い阪神時代。
2019 S1

【プロスピA】高山 俊 (S) 2019 シリーズ1 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 7.9/10点。新人王を獲った当時から思い切りの良さは健在。昨シーズンまでとは何かが違うと信じたい高山選手。足も速いのは素晴らしいながらも、ミートが高くないと物足りない。
2019 S1

【プロスピA】岩田 稔 (S) 2019 シリーズ1 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 8.7/10点。オールドスタイルで登場岩田投手。ゲームでは前々から使用感抜群です。何と言っても変化球の豊富さ。中でもスラーブとカーブの組み合わせはカウント取るのにも持ってこいです。
2019 S1

【プロスピA】近本 光司 (S) 2019 セレクション [阪神タイガース]の評価・称号

俺的評価 9.3/10点。ついに阪神にも走力Aの選手が登場です。ルーキーながら走力83Aは、素晴らしい。ここから再び笑顔のあるチームへ返り咲くには君の存在が不可欠だ。
2019 Series 1

【プロスピA】福原 忍 (S) 2019 TS [阪神タイガース]の評価・称号

俺的評価 8.8/10点。阪神コーチの福原投手。代名詞はやはりスローカーブ。先発時代ももちろんいい投手でしたが、ベテラン枠となりながらの中継ぎでの復活劇は眩しかったです。
2019 Series 1

【プロスピA】守屋 功輝 (S) 2019 シリーズ1 [阪神タイガース]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。じわじわと存在感を見せている守屋投手。阪神の中継ぎ陣といえば盤石な印象。しかし、年齢を重ねている投手も多く、次世代待ちな部分は大きい。その中で、少しずつでも経験を経て頼もしくなってきた投手の一人。突き抜けるためにはやはりムービングファストか。
2019 Series 1

【プロスピA】青柳 晃洋 (S) 2019 シリーズ1 [阪神タイガース]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。個人的にはコントロールが悪そうな印象でしたが、意外と制球が良かった投手。いい意味の荒れ球が的を絞らせない、そんな時はナイスピッチング。サイドから投げる鋭いスライダーは魅力そのもの。
2019 Series 1

【プロスピA】矢野 輝弘 (S) 2019 TS [阪神タイガース]の評価・称号

俺的評価 9.5/10点。矢野ガッツ監督。現役時代から勝利の後、マウンドに向かう笑顔はS級。捕手に求めるもの、もちろん肩。アンド打ってくれればもっといい。まさにズバリ。
笑顔だけじゃない叱咤もありました。そこの根底には超積極的。
誰がやるか?俺でしょ!
スポンサーリンク