NEW! 俺的 TS第2弾ランキング!

阪神

スポンサーリンク
2020 S1

【プロスピA】大和 (S) 2020 TS [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。どこでも守れる方、大和選手。このどこでも守れる素晴らしさゆえに、中々スタメン起用というよりは動かされがちな印象はありましたが、思い切った移籍で見事存在感を発揮されている今は社会人の鏡。
2020 S1

【プロスピA】マルテ (S) 2020 シリーズ1 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。得意の選球眼を武器に徐々に日本球界にコミットしてきた感じの昨シーズンでありましたマルテ選手。幻のセクシータイムのおかげ?もあり、当初より見違えるように明るくなったドミニカン。
2020 S1

【プロスピA】岩崎 優 (S) 2020 シリーズ1 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 9.4/10点。かなり低い重心でズバンっと投げ込む岩崎投手。ついにいらっしゃいませ、球威Aに御来店です。緩急を使いこなせるかが決め手。
2020 S1

【プロスピA】糸井 嘉男 (S) 2020 シリーズ1 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 9.4/10点。近年ガタイほど打球が飛んでいない感は正直いなめないのですが、その分打率かつ出塁率が高くなっています。守備なども年々変化はありますが、糸井選手はまだまだアップデート中。
2020 S1

【プロスピA】西 勇輝 (S) 2020 シリーズ1 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 9.9/10点。やはりコントロールは正義であります、阪神から西投手。もちろんオリックス時代からありましたが、阪神移籍後はバッターボックスでの姿勢含めてよりエース感を感じます。
ついに制球とともにスタミナもAにのりました。
2020 S1

【プロスピA】スアレス (S) 2020 新戦力 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 8.4/10点。豪速球かつ多彩な変化球の持ち主、スアレス投手。ホークスでは若干下降気味な印象が正直な所。しかし、速い球がより生きてきそうなセ・リーグへ。
2020 S1

【プロスピA】木浪 聖也 (S) 2020 シリーズ1 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。オープン戦最多安打に始まり、打てない日々、そして矢野監督からのお叱りからの涙など、様々なことがあった1年目。弾道は低弾道から中弾道へ。
2020 S1

【プロスピA】能見 篤史 (S) 2020 TS [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 9.6/10点。先発時代のノウミサンこと能見投手です。中継ぎではありますがいまだ現役、ストレートのノビはこの時代と変わらぬものがあります。
2020 S1

【プロスピA】エドワーズ (S) 2020 シリーズ1 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 8.9/10点。ストレートと縦スラで投げきるタイプ。近年ナックルカーブみたいなカーブ系が多い中で、THEシンプルな球種はTHE中継ぎ感と頼もしさも感じます。
2020 S1

【プロスピA】近本 光司 (S) 2020 シリーズ1 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 9.6/10点。新人としてのリーグ最多安打はもちろん、何と言っても盗塁王を獲りきったことに価値があるリードオフマン近本選手。守る方でもスローイングと肩が上がってます。
2020 S1

【プロスピA】藤川 球児 (S) 2020 シリーズ1 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 9.6/10点。この方に年齢は関係ないのか。また凄みを増している松坂世代、藤川投手。メジャーからの四国IL、そして阪神復帰と色々とあった中で、再びクローザーとして投げられてる姿、これを円熟味というのでしょうか。
2020 S1

【プロスピA】梅野 隆太郎 (S) 2020 シリーズ1 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 9.2/10点。ついに1億円プレーヤー、梅野選手。守備力はゴールデングラブ賞も板についてきた感じで申し分なし。特に体を張った捕球は素晴らしい。
2020 S1

【プロスピA】島本 浩也 (S) 2020 シリーズ1 [阪神タイガース] の評価・称号

俺的評価 9.4/10点。一年で人は良くも悪くも変わるものだと、急成長を見て改めて感じました。投げっぷりの良さは圧巻です。阪神に久々に現れた防御率1点台の若手左腕。
2020 S1

【プロスピA】青柳 晃洋 (S) 2020 シリーズ1 [阪神タイガース]の評価・称号

俺的評価 9.2/10点。阪神の全力少年こと(?)青柳投手。サイドからのスキマスイッチ、いや全力投球こその荒れ球が印象でしたが、意外と制球がいい。高速シュートに磨きがかかってきています。
スポンサーリンク