コスト25一覧

【プロスピA】濱口 遥大(S)2018 侍ジャパン[横浜DeNAベイスターズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。個人的には2017の日本シリーズでの素晴らしいピッチングが印象的すぎてAランクの濱口投手を溜め込んでます。2018シーズンでは残念ながら成績落としてましたが、横浜の若手左腕の切磋琢磨で伸びないのは考えずらい。あの投球を再び!!

【プロスピA】高梨 雄平(S)2018 侍ジャパン[楽天ゴールデンイーグルス]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。左腕のスライダー使いなので、個人的には配球の組み立てが苦手な投手でもあります。ただ球威は78BなのでAに乗せるのも可能。左腕で中継ぎ、そして球威Aは魅力的です。球威だけでいうとハムの宮西投手も同じ78B。楽天には松井裕樹くんという左腕もいますが、この方は圧巻の70試合登板をクリアしました。

【プロスピA】成田 翔(S)2018 侍ジャパン[千葉ロッテマリーンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。圧倒的なのはチョコの数。ロッテといえば、楽しみな若手陣。何より井口監督の笑顔が素敵。この成田くん、まだ成長株なので能力は他の侍ジャパンの選手たちに比べて物足りないのは正直なところ。中継ぎに加え、先発も適性はS。この写真も少し似て見えますが、高校時代は松井裕樹くんのような奪三振ぷりでした。まだ21歳、これからでございます。

【プロスピA】甲斐 拓也(S)2018 侍ジャパン [福岡ソフトバンクホークス]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。2018ゴールデングラブ賞の侍JAPAN甲斐選手です。 日本シリーズでの活躍も凄まじかったですが、育成上がりでGGまで上り詰めました。ホークスの捕手はOB含めれば城島さん、ノムさんなど豊富ですが現役での捕手にこだわりのある方は甲斐キャノンSにかけてみるのもいいですね!

【プロスピA】福盛 和男(S)2018 Series2 OB[東北楽天ゴールデンイーグルス]の評価・ステータス

俺的評価 7.5/10点。確かに楽天の抑えといえば、この方という印象もあります。中日から登場の田尾監督時代も懐かしいです。メジャーにも挑戦されたこの方ですが、抑えはもちろん中継ぎ起用も可能です。シュートが一番強い球になると思うのですが、プロスピでシュートを投げると何故か激しく打ち込まれる個人的な感想が大いに入りのこの点数です。

【プロスピA】梅野 隆太郎(S)2018 タイトルホルダー [阪神タイガース]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。阪神からは唯一の選手。能力は意外にも?走力型です。2019年シーズンは、甲斐キャノンならぬ梅ちゃんバズーカを見て欲しいと本人もテレビで言ってましたので期待しましょう。捕手枠では、第一弾で會澤選手、甲斐選手、第二弾で森選手、そのあたりと比較すると多少弱いですが、スピリッツ3000は魅力でしょう。

【プロスピA】岩崎 優(S)2018 Series2[阪神タイガース]の評価・ステータス

俺的評価 7.5/10点。登板数はしっかりと投げてましたが、ちょっと打たれているシーンが記憶に残っています。近年はどの球団でもですが、中継ぎが登板過多になりがちなので、中々何年も通しての活躍は難しいかもですが、低い姿勢からのストレートの威力は本物です。

【プロスピA】岡田 俊哉(S)2018 Series2[中日ドラゴンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。智弁和歌山での高校野球時代からテレビで見ているから、何歳なのかいまいちパッと出てこない投手。そして、WBCでのストライクが入らないあの姿。そして血行障害がありながらも、2018シーズン中継ぎ左腕として投げました。レジェンドたちの引退。個人的には最後も投げてほしい。中日といえば、今中、岩瀬さんおような体の細い左腕。2019シーズンよろしくお願いします。

【プロスピA】三嶋 一輝(S)2018 Series2[横浜DeNAベイスターズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。毎年次第に強くなってきている横浜。その中で働きまくった三嶋投手。2018シリーズ2で最後に登場した選手ですが、来年の期待が込められている気がします。期待しましょう、桑原、近藤の流れで、最優秀中継ぎのタイトル獲得の可能性は大いにあります。

【プロスピA】中澤 雅人(S)2018 Series2[ヤクルトスワローズ]の評価・ステータス

俺的評価 7.5/10点。もはやベテラン左腕。記憶では背番号14を背負ってましたが、今は54番。変化量は大きくないものの、球種はあります。ただ、純正以外の方でオーダーに入るかというと、今回の能力では正直少し物足りない気もします。

【プロスピA】今村 猛(S)2018 Series2[広島東洋カープ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。個人的に清峰高校時代、投げる姿に重ねたのは斉藤和巳投手でした。あれから月日は流れ、中継ぎに定着。残念ながら2018シーズンは安定感がなかったものの、2019シーズンは期待します。同期入団の堂林くんも。

【プロスピA】澤田 圭佑(S)2018 Series2[オリックス・バファローズ]の評価・ステータス

俺的評価 7.5/10点。阪神藤浪くんと大阪桐蔭時代の同級生。ちなみに藤浪くん2018シリーズ2では登場なしでした。。この澤田投手、2018シーズンは飛躍の年でした。まだまだ若い投手なので、来年から期待です!金子、西投手が抜けた穴を埋めるのは山本、山岡投手だけではなく、この澤田投手かもしれない。

【プロスピA】小川 龍也(S)2018 Series2[西武ライオンズ]の評価・ステータス

俺的評価 7.5/10点。チームが変われば何かが変わる。プロの世界にもある、移籍で飛躍する人。中日では苦労されてたようですが、西武に移籍でリーグ優勝チームの中継ぎとして登場するわけなので、チーム、首脳陣はとてつもなく影響がありますね。まだ能力は高くはないですが、来年以降の成績次第ですね。写真かっこいい。

【プロスピA】才木 浩人(S)2018 Series2[阪神タイガース]の評価・ステータス

俺的評価 7.5/10点。若手が伸びない球団と言われ、金本さんの熱指導も賛否を生み、そして矢野さんにバトンが渡りました。金本イズムは引き継ぎながらも、ノビノビ野球は功を奏すのか。藤浪投手とともに、躍動系の先発投手として期待値は高い。ですがまだ能力的にはBに乗っていないので、もう何声も欲しいのが正直な所です。

【プロスピA】濱口 遥大(S)2018 Series2[横浜DeNAベイスターズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。個人的には2017の日本シリーズでの素晴らしいピッチングが印象的すぎてAランクの濱口投手を溜め込んでます。2018シーズンでは残念ながら成績落としてましたが、横浜の若手左腕の切磋琢磨で伸びないのは考えずらい。あの投球を再び!!

【プロスピA】石川 雅規(S)2018 Series2[ヤクルトスワローズ]の評価・ステータス

俺的評価 7.5/10点。ベテラン。こちらずっと昔から見てる気がする投手です。小さな巨人。速い球は投げれなくても、小柄でもこんな風にプロでもやっていけるのだ、ということを体現されている方ですね。正直、ゲームでは割と打ちやすかったりしちゃうのですが、投げる方からすれば緩急をつければ打ち取れます。ヤクルト純正の方にとってはレジェンド。それ以外の方にとってももはやレジェンドです。

【プロスピA】岡田 明丈(S)2018 Series2[広島東洋カープ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。2017シーズンの活躍からしたら2018シーズンは少し物足りなかった印象です。そんな中でも優勝しちゃう広島は強いですね。終盤は中継ぎもしてたので適正ついてますが、来シーズンは先発で勝負でしょうか。丸さんが抜け、長野さんが入り、よりニュースで見る機会も多いですが、明るいムードの広島はやはり生え抜きが頑張ってこそ。ただゲーム的には変化球の少なさが厳しい。。

【プロスピA】古川 侑利(S)2018 Series2[楽天ゴールデンイーグルス]の評価・ステータス

俺的評価 7.5/10点。2018シーズンで見事初勝利してます。正直あまり知らないのでペラペラになっちゃいますが、中継ぎ適正もSなのは見落としたくない所ですね。先発が難しくても中継ぎで跳ねる場合多々あります。

【プロスピA】ミランダ(S)2018 Series2[福岡ソフトバンクホークス]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。シーズン途中からの登場ながらも、さすがソフトバンクといった所でしょうか。今シーズン終了時点ではこの能力なのであまり強さは出ていないものの、きっと2019シーズンでは強力な投手になるはずです(多分)。個人的には当たれば限界突破用に置いておくのもいいかと思います。