チャンス・改一覧

【プロスピA】菊池涼介(S)2018 侍ジャパン [広島カープ]の評価・ステータス

俺的評価 9.5/10点。WBCと日米野球でメジャーへの熱い気持ちが湧き上がったとおっしゃっていましたが、ジャパンのセカンドとして凄まじい守備が多数でした。2018シーズンは打撃が少し不調でしたが、メジャー挑戦の表明もあり、このジャパンの時のような輝きが楽しみです!明るい広島、素敵!!

【プロスピA】源田 壮亮(S)2018 侍ジャパン [西武ライオンズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。この足はやばいですね。もちろん守備も。現役ショートは巨人坂本選手が抜けてますが、この足に勝る足はハム西川選手くらい。ゲームとして低弾道の選手は少し使いづらいのが正直なところですが、代走要因として考えれば評価は果てしなく高くなる!盗塁積極の超盗塁◎の走力86A。盗塁王西川くんと争う『いだてん』間違いなしだしん!

【プロスピA】古田 敦也(S)2018 Series2 OB [ヤクルトスワローズ]の評価・ステータス

俺的評価 10.0/10点。ついに登場というのがいいと思います。待ち焦がれた方も多いはず。能力については説明不要。何故にコストが26なのか、それしか疑問はございません。パワーも称号でA可能、ミートとパワーの同値も可能。ノムさん、ジョージ・マッケンジー、捕手復活の阿部さんなどいらっしゃいますが、守備力では抜けてると思います。

【プロスピA】大杉 勝男(S)2018 Series2 OB [日本ハムファイターズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.5/10点。出ました、白黒選手。日本ハムでは喝!張本さん、尾崎投手に続いて3人目です。やはり、ハムは自由だ!現役時代は知らないので、あくまでも能力ベースになりますが凄まじいですね。パワーヒッターでチャンスに強くて、存在感がある。間違いなく当たりだと思います!

【プロスピA】ロペス(S)2018 タイトルホルダー [横浜DeNAベイスターズ]の評価・ステータス

俺的評価 10.0/10点。グッドプレーヤー!ゴールデングラブでの登場なので、もちろん守備もうまい。ただみて欲しいのがこの打力。もちろんご存知でしょうが、改めて見ると凄い。第三弾ではベストナインでビシエド選手出てますが、個人的にはロペスの方が欲しいかも。現役のファーストでは、山川選手もいますが、守備Bは超魅力ですね。

【プロスピA】坂本勇人(S)2018 ベストナイン[読売ジャイアンツ]の評価・ステータス

俺的評価 10.0/10点。源田、京田と新たな顔の登場もありますが、まだまだ日本のショートといえばこの方。坂本選手に総合力で勝る選手は現状いないと思います。ちなみに、弾道高弾道は、意外と本塁打も多く出ます。ミートが高いと余計にですね。そして、守備もうまい。現役なので限界突破も狙いやすい。そうなってくると坂本選手はより偉大な選手になる。

【プロスピA】菊池涼介(S)2018 タイトルホルダー [広島カープ]の評価・ステータス

俺的評価 9.5/10点。ご存知の通り守備は逆にコメントなし!実際のところミートがもう少し欲しい。だって菊池くんだから。セカンドはベストナインの山田くんが凄まじかったですが、守備・走塁・盗塁全て積極のこの人は、憧れを抱くぐらいカッコイイ。広島純正の人はいいなあ、現役でこんな選手。もちろん守備職人ついてます。

【プロスピA】鈴木 尚典(S)2018 Series2 OB[横浜DeNA]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。マシンガン打線の象徴。首位打者。この方は顔もフォームもちゃんと似てます。何よりミートの高さ。ただ守備が残念なのと、DeNA的には筒香選手との被りがあったり、使い方がちょっと難しいかも。。でもアベレージヒッター持ちは貴重です!

【プロスピA】仁志 敏久(S)2018 Series2 OB [読売ジャイアンツ]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。名手。巨人のセカンドはこの方からポッカリ空いてるしまったような気がするくらい、巨人の顔でした。一番仁志。何より捕球が90Sです。Sに乗ってるのをみると圧巻ですね。ジャイアンツ愛の方々は間違いなく欲しい選手だと思います。

【プロスピA】石嶺 和彦(S)2018 Series2 OB [オリックス・バファローズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。個人的にはなんとなく阪神の印象が残ってるのですが、綺麗な放物線の印象です。弾道はその通りでアーチスト。ホームランの出やすいアーチストで、このミートとパワーは魅力的。守備と足があまり数字は高くないのですが、特殊能力に代打があるので、起用方法は決まり!

【プロスピA】源田 壮亮(S)2018 ベストナイン [西武ライオンズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。2018 Series2 ベストナイン(ゴールデングラブ賞)から源田選手です。 昨年の新人王も今年は間違いなく強力打線に必要な選手。間違いないのは走力と守備力。ただゲームとして低弾道の選手は少し使いづらいのが正直なところ。。しかし、代走要因として考えれば評価は変わる!そのための評価9.0なのですが、超盗塁◎の走力86Aは現役トップクラス。盗塁王西川くんと争う『いだてん』間違いなしだしん!

【プロスピA】神里 和毅(S)2018 Series2 [横浜DeNA]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。イケメンはイケメンでも色気のあるイケメン。ルーキイヤーは残念ながら怪我で終わってしまいましたが、ソト選手もいますが、開幕一軍も話題になりました。2年目の2019、ラミちゃんの元で野手が育たないわけがないという期待も込めての先物買いかがでしょう。

【プロスピA】岡島 豪郎(S)2018 Series2 [楽天ゴールデンイーグルス]の評価・ステータス

俺的評価 7.5/10点。外野手も2018新人王田中くんが大きくなり、2019からは捕手へ復帰です。この決断よ如何に。何にしても変える決断をできる方はすごいっす。もともと足は早いので、本来とは少し違った印象の捕手で期待しましょう。まだ捕手適正低いので、2019シーズン1に期待しましょう。

【プロスピA】鶴岡 慎也(S)2018 Series2 [日本ハムファイターズ]の評価・ステータス

俺的評価 7.5/10点。個人的にはダルの恋女房という印象。あともう一つ個人的に古巣に戻る方、好きです。そこに色々な感情があると思いますが、海外にしても他球団にしても、最後は古巣に戻る。いいと思います。ベテランですが、日本ハムでのTSなどでも登場の可能性が高い選手ですね。

【プロスピA】谷 佳知(S)2018 Series2 OB [オリックス・バファローズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。谷選手といえばオリックス時代、イチロー選手、田口選手との半端ない外野陣が印象的ですが、この2003年はオリックスの暗黒時代。。でも、そんな時代でも活躍した谷さん。打率350です。ちなみにこの年の打率1位は360で小笠原(日)さん(ヒゲ)。 巨人時代の木村拓也選手へのホームランといい伝説の選手ですね。

【プロスピA】畠山 和洋(S)2018 Series2 [ヤクルトスワローズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。独特のフォームからのライナー性のホームランという絵面もここ最近は中々見れていない。青木選手が素晴らしい成績を残しているので、まだまだ畠山さんも行けるっす。しかし、代打の神様がついてます。確かにベテランになっても、きっとこの人の打力は代打でも必ず活きてくる。

【プロスピA】島内 宏明(S)2018 Series2 [楽天ゴールデンイーグルス]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。前回登場した田中和基くんの登場もあり、レフトに周りましたがそこからコンスタントに出てましたね。おそらく来シーズンはもっと数字を残すのではとの予感です。来年は島内さん共々、平石監督の采配にも期待。

【プロスピA】栗山 巧(S)2018 Series2 [西武ライオンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。日本一を知る選手でありながら、2018年シーズン再び優勝ですね。栗山選手といえば現在主流になりつつある、打つ2番打者の先駆者のでしたよね。かつての西武打線再びのような今年の打線でした。ベテランになりDHでの登場も多くなってますが、何より生え抜きの選手。ずっと持っておいても間違いなくTSなど登場あると思います。

【プロスピA】稲葉 篤紀(S)2018 Series2 OB [ヤクルトスワローズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。もはや監督!今年の日米野球、盛り上がってました。やはり選手時代から慕われている方はまとめる力もあるのだろうか。個人的には日ハム時代よりも、ノムさん率いるヤクルト時代の無双な感じが印象に残っている少年時代。古田さんではなくても、OBにも絶対的にグッドプレーヤーが多いヤクルト。守備もいいのはいい。

【プロスピA】ナバーロ(S)2018 Series2 [阪神タイガース]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。ロサリオがダメで取ったこの人は来季も所属。確かに大きいのはないですが、Mr.ツーベースは狙えるのではないかというくらいシェアなバッティング。目指せマートン。はたまたシーツ。一塁はナバーロになるのか、陽川になるのか。阪神使いの方は、来シーズンも所属間違いない選手がメッセ意外にいなかったので、ナバーロは期待してもいいかもネ。