ノビ・改一覧

【プロスピA】大瀬良 大地(S)2018 侍ジャパン[広島東洋カープ]の評価・ステータス

俺的評価 9.5/10点。2018シリーズのタイトルホルダー(最多勝/最高勝率)の大瀬良投手です。 本人はテレビで否定してましたが、ついにカープのエースといっても過言ではないでしょう。 なんせオールBですが、全て79。背番号14が似合う男。2018シーズンは菅野投手と同じ15勝で最多勝取りました。飛躍の年。

【プロスピA】東 克樹(S)2018 新人王[横浜DeNAベイスターズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.5/10点。本当に新人王なのかと疑うくらい素晴らしい能力です、東くん。DeNA、今永、濱口、そしてこの東くんと左の先発三本柱は必ず立つでしょう。線を引くようなストレートが印象に残ります。ルーキーイヤーでこの能力ですから、これからに期待できるでしょう!ちなみに中継ぎもできるので、先発枠が埋まっている方も重宝します。いいですね。

【プロスピA】近藤 一樹(S)2018 タイトルホルダー[ヤクルトスワローズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。ついに来ました、待ち望んでいた方も多いはず。昨年の阪神桑原投手同様、球団が変わればこんなにも変わるプロの凄さと、ある種のロマン。転職は悪じゃない、ステップアップだ!と無理やり自分に当てはめちゃいそうな教訓をいただいてます(なんの話)。実際の使用感としては、スライダーでしょうか。

【プロスピA】森 唯斗(S)2018 タイトルホルダー[福岡ソフトバンクホークス]の評価・ステータス

俺的評価 9.5/10点。日本シリーズ2018での大活躍すごかった。ぴりぴりした場面、ここで一本出ればの場面でことごとく広島のあのバッターたちを抑えてました。サファテ不在で怪しかった抑えの枠をしっかり埋めました。なんせスローカーブのいやらしさとアウトローへのストレートは凄まじかった。ちなみにゲームでもさながらの配球で抑えれます。変化球バランスもいい。中継ぎ適性もあるので、サファテが返り咲いても使えます。サファテ出なかったけどね。

【プロスピA】岩崎 優(S)2018 Series2[阪神タイガース]の評価・ステータス

俺的評価 7.5/10点。登板数はしっかりと投げてましたが、ちょっと打たれているシーンが記憶に残っています。近年はどの球団でもですが、中継ぎが登板過多になりがちなので、中々何年も通しての活躍は難しいかもですが、低い姿勢からのストレートの威力は本物です。

【プロスピA】今村 猛(S)2018 Series2[広島東洋カープ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。個人的に清峰高校時代、投げる姿に重ねたのは斉藤和巳投手でした。あれから月日は流れ、中継ぎに定着。残念ながら2018シーズンは安定感がなかったものの、2019シーズンは期待します。同期入団の堂林くんも。

【プロスピA】メルセデス(S)2018 Series2[読売ジャイアンツ]の評価・ステータス

シーズン2でも新戦力で登場してましたが、今回正式なスピリッツ2900で登場。個人的に速いストレートとチェンジアップの緩急は、セ・リーグのバッターが苦手としている印象があるので、ズバリはまっている印象です。おそらく原新体制でも勝ち星を担う投手だと思います。

【プロスピA】川口 和久(S)2018 Series2 OB[広島東洋カープ]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。ここでも広島、巨人ルートの方ですが、大きなカーブが印象的でしたね。個人的にはリアル対戦で打ちにくい印象です。Dカーブって打ちづらいですよね。逆に投げづらさも多少あるけど。球威のある左腕は打ちづらいので、ゲーム的には使いやすい選手だと思います。

【プロスピA】大瀬良 大地(S)2018 タイトルホルダー[広島東洋カープ]の評価・ステータス

俺的評価 9.5/10点。2018シリーズのタイトルホルダー(最多勝/最高勝率)から大瀬良投手です。 結婚おめでとうございます。ついにカープのエースになりました、大瀬良カピバラ投手。背番号14が似合う男。今年は菅野投手と同じ15勝で最多勝取りました。まだエースになろうとしている昨年から飛躍の年でした。我がタイガースの藤浪くんの四球にも優しく応えてくれた大瀬良くん。オールBですが、全て79。いいですね!

【プロスピA】近藤 一樹(S)2018 Series2[ヤクルトスワローズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。ついに来ました、待ち望んでいた方も多いはず。2018年度の最優秀中継ぎ投手です。昨年の阪神桑原投手同様、何かのきっかけでこんなにも変わるからプロの世界って凄いですよね。昨年もフル回転でしたが、今年の活躍で2019シーズンはもう少し能力アップあるのではないでしょうか。

【プロスピA】青山 浩二(S)2018 Series2[楽天ゴールデンイーグルス]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。楽天の投手といえばこの人という印象です。それもそのはず生え抜き投手ですものね。今シーズンは34歳活躍されてました。中継ぎのベテランパワーはどこの球団も凄いですね。青山さん、球種は正直平均的ではありますが、しっかりと抑えられる能力にはなってます。ピンチに強いですし。

【プロスピA】平野 佳寿(S)2018 Series2 WS[オリックス・バファローズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.5/10点。2018シリーズ2ワールドスターから平野投手の登場です! 今年メジャーでフル回転。日本にいた頃からストレートの球威とフォークで組み立ての選手ですが、ヒゲも相まって飄々とした姿にもジャパン魂感じました。個人的には中継ぎが少し弱いので、平野さん当たると嬉しい。

【プロスピA】小林 繁(S)2018 Series2 OB[阪神タイガース]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。正直世代ではないので、江川さんとのゴチャゴチャはのちのニュースでしか知らないのですが、巨人キラーがついているので、そんな感じだったのでしょう。現役では少し減った気のするサイドスロー。阪神づかいとしては貴重な先発要員になりそうですね。

【プロスピA】藤井 秀悟(S)2018 Series2 OB[ヤクルトスワローズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。藤井投手といえば、球団を渡りあるいた印象ですが、この最多勝は入団2年目ですね。翌年から背番号18に変わったますが、かつては23番、ヤクルトの出世番号ですね。チェンジアップが印象的な投手でしたが、速球派の左腕は貴重ですね。

【プロスピA】牧田 和久(S)2018 Series2 WS[西武ライオンズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。西武のサブマリン、そして日本代表のサブマリンとして世界相手にも君臨していましたが、今年メジャーではなかなか厳しい戦いが待っていました。外国人バッターは苦手な投手かと思っていましたが、アジャストしてくるんですねメジャーの奴らは。牧田くんも34歳。こんかいの牧田くんは27歳ですが。また日本で見たいな。

【プロスピA】鈴木 博志(S)2018 Series2[中日ドラゴンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。シーズン1では新戦力とセレクションで登場してましたが、残念ながら能力が少しダウンです。特にストレート。特殊能力では変わらず超豪速球ついてますが、残念ながらCです。シーズン序盤4月の活躍は素晴らしかったものの、そのあとはプロって厳しいんだなあと言う印象になってしまいました。ただまだまだ若い。来シーズンに期待しましょう!お願いします、与田さん。

【プロスピA】森 唯斗(S)2018 Series2[福岡ソフトバンクホークス]の評価・ステータス

俺的評価 9.5/10点。日本シリーズ2018での大活躍すごかったですね。ぴりぴりした場面で登場!そしてここで一本出ればの場面でことごとく抑えてました。サファテ不在で怪しかった抑えの枠をしっかり埋めました。なんせスローカーブのいやらしさとアウトローへのストレートは凄まじかった。ゲームでもさながらの投球で抑えれます。変化球バランスもいい。

【プロスピA】ヒース(S)2018 Series2[西武ライオンズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。元広島からのBCリーグからの西武ですね。外国人特有の(個人的に)ナックルカーブとツーシームあります。変化量がそんなに大きくないので、ディクソンまではいきませんが、その分スライダー生かしで勝負できそうです。

【プロスピA】武田 翔太(S)2018 Series2[福岡ソフトバンクホークス]の評価・ステータス

俺的評価 9.5/10点。忘れられない日本シリーズ2018での大活躍。そしてゲームでもDカーブとナックルカーブを織り交ぜられるとなかなか打てない。何よりちゃんと中継ぎ適性Bついてます。球威、制球、スタミナなどBが並んでいますが、リアル対戦でも出てくるとゲンナリする投手なので、点数高めです。特殊能力も超キレ◎とノビついてるので、ゲームでの無敵感。

【プロスピA】東 克樹(S)2018 Series2 先発[横浜DeNAベイスターズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。新人王いくでしょう、東くん。DeNA、今年はどうであろうかかわらず今永、濱口、そしてこの東くんと先発三本柱は必ず立つでしょう。線を引くようなストレートが印象に残ります。ルーキーイヤーでこの能力ですから、これからに期待できるでしょう!Aランクは置いておいて限界突破間違いなしの投手。