奪三振一覧

【プロスピA】ジョンソン (S) 2019 セレクション [阪神タイガース]の評価・称号

俺的評価 9.6/10点。阪神からPJジョンソン投手。 助っ人右腕、ついにセレクションで登場。恐るべきは防御率とパワーカーブ。 助っ人外国人で登場した際のジョンソン投手で試しましたが、このパワーカーブはゲームでも健在です。 野球界の働き方改革『自己申告での休み』で打たれる前に休む!判断で防御率も未だ0点台を記録。

【プロスピA】益田 直也 (S) 2019 セレクション [千葉ロッテマリーンズ]の評価・称号

俺的評価 8.8/10点。セレクションでロッテから益田投手! 中継ぎよりも守護神感ありますが、何よりシンカーに始まり変化球の豊富さ。投げてて、打たれる気がしないくらい狙いを外していけるカットとシンカーの組み合わせ。 ただ個人的には配球が苦手なシンカー系投手。

【プロスピA】梅野 雄吾(S)2019 期待の若手 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。今シーズン、フル回転の中継ぎ事情もあり、しっかりと投げてます。中継ぎはもちろんセーブのかかった場面でも、投げ切るタフさ。何年後か、一番最後を投げる投手になっていそうな予感を感じさせる投手。正直今のところ変化球は厳しいものがありますが、個人的には中継ぎでガンガン結果を残していく投手だと思います。

【プロスピA】床田 寛樹(S)2019 期待の若手 [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。今シーズンが大活躍への序章なのか。ケガから復帰して、早速勝ち星を重ねていきました。 右の大瀬良投手とともに、左は床田投手という印象がオールスターまでにつきました。 オールスターにもしっかり登場。床田物語、始まっています。

【プロスピA】秋山 拓巳(S)2019 シリーズ1 [阪神タイガース]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。次シリーズで大きめなダウンがあるかもしれませんが、ここでの能力は申し分なし。 制球は、TSで登場したあのミスターコントロールこと吉見(中)の86Aに1と迫る制球力。 今シーズン、中々上での登板はありません。やはり継続した活躍はむずかしいのか。 しかし、秋山投手には制球力があります。

【プロスピA】藤川 球児(S)2019 TS [阪神タイガース]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。あのリアルの臨場感や躍動感を数字化して能力に反映するのはとても難しいと思います。 この藤川投手のストレートは球威89AのストレートもS!ノビもあってまさにあの火の玉ストレートでしょう。当時の155kmは速かったですが、今は速い投手がいるのでそんなに珍しくはない。しかし!

【プロスピA】伊藤 智仁(S)2019 TS [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。伊藤投手と言えば何といってもスライダー!そして怪我でしょうか。 凄いピッチャーという印象と怪我で中々見られないそんな記憶です。 ただこうして改めて能力を見ると凄い投手だったんだと再確認しますね。 球威とスタミナの素晴らしさはもちろん、何といってもスライダーの曲がり。

【プロスピA】中崎 翔太(S)2019 EX[広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。広島からヒゲ男子中崎投手。 この数年の登板疲れからか少し苦戦されてますカープの守護神。通常バージョンでは球威もAから79Bへと下がってましたが、ここはエキサイティング+1でAに乗ってます。少し失点が多いのが悩ましいところ!休まずとも復活を見せてくれるか、少し休んで復活を見せてくれるか。

【プロスピA】平井 克典(S)2019 EX [西武ライオンズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。今シーズン少し不安定な西武投手陣の中で安定している平井投手!サイドからの大きなスライダーとシュート、横への揺さぶりは中々打てないと思います。サイドとしてからのここまでの球威の投手は珍しいので、中継ぎ補強の方にはいいと思います!今回のエキサイティングは+1なので、称号次第では球威Aも狙えます!

【プロスピA】ジョンソン(S)2019 助っ人外国人 [阪神タイガース]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。阪神からPJジョンソン投手。ついに登場、助っ人右腕。恐るべきは防御率とパワーカーブ。解説の方々も口を揃えて、あのカーブは当たらないと言ってます。しかも自己発信で休む潔さ。野球界の働き方改革。打たれる前に休む!飲む前に飲む!賢明な判断ではないでしょうか。

【プロスピA】レグナルト(S)2019 助っ人外国人 [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 9.0/10点。広島のまじ助っ人レグナルト投手。 スピリッツ2900の覚醒可能選手なので、まだ本気モードじゃないと捉えていますがリアルでは本物の活躍してます。 このカード登場時の6月13日現在27試合登板で未だ自責点1の防御率0.30。 思わず個人的に禁じ手の数字を並べてしまうくらいの活躍。

【プロスピA】スアレス(S)2019 助っ人外国人 [福岡ソフトバンクホークス]の評価・称号

俺的評価 7.0/10点。ソフトバンクの助っ人外国人からスアレス投手。 野球なのにウルグアイのスアレス(サッカー)をイメージしちゃうそんなスアレス(どんな)。 ヤクルトでナイスボールを投げてたのは兄貴、そしてこの方が弟です。 兄弟でのNPBはジャパニーズだけじゃないんですね、すごい。

【プロスピA】一岡 竜司(S)2019 EX[広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。広島の中継ぎ(日本人)といえば一岡投手、と言うくらいの存在に。なぜかジャイアンツの印象が強い。でもすでにジャイアンツよりも広島への所属期間の方が圧倒的に長い。球威がもう少し上がってくるとより重宝かと思いますが、ストレートとフォークの組み合わせが好きな方にはいいかも。

【プロスピA】浅尾 拓也(S)2019 シリーズ1 [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 10.0/10点。個人的には久々に登場する圧倒的中継ぎ! 昨シーズンの涙がまだ忘れられない内に登場です、カワイイ浅尾きゅん。 しかし球威は全く可愛くない圧巻の84A。 そして代名詞でもある落ちる2種のフォークとパームの破壊力。 こりゃ打てんぜよ!と高知の方からも聞こえてきそうな落差。

【プロスピA】寺原 隼人(S)2019 シリーズ1 [横浜DeNAベイスターズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。まだヤクルトで現役続行中の寺原投手。 数々の球団を渡り歩かれてます。個人的な印象ナンバーワンは日南学園時代の豪速球。 特殊能力の豪速球と相まって剛腕なイメージもいまだにありますが、様々な投手が速球派から技巧派へと移行するように、寺原投手もその一人。

【プロスピA】ロドリゲス(S)2019 シリーズ1 [中日ドラゴンズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。キャップを脱げばゴールドヘアーでびつくり仰天のロドリゲスさん。 最近多くなってきた?外国人左腕の豪速球型。ただ他の投手と比較して、少し球種が少ないのが気になるところ。ただおそらくツーシームは威力抜群。

【プロスピA】砂田 毅樹(S)2019 シリーズ1 [横浜DeNAベイスターズ]の評価・称号

俺的評価 8.5/10点。普段は可愛い写真はいかつい、どんな場所でも投げている印象のある砂田投手。若手左腕が豊富なDeNAの中でも中継ぎ特化型としては貴重な存在。全方向にある変化球の中、スライダーが際立ってます。 これからまだまだ伸びてくるであろう存在。ゲットすれば育てたい!

【プロスピA】中尾 輝(S)2019 シリーズ1 [ヤクルトスワローズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。とても球種の少ない投手で、ゲーム的に使い勝手が中々難しのが正直なところ。 実際の試合でもこの球種で乗り切ってるということは、それぞれの球種の質が高いのでしょう。 左腕を補強したい方にはいいかもです。

【プロスピA】一岡 竜司(S)2019 シリーズ1 [広島東洋カープ]の評価・称号

俺的評価 8.0/10点。やはり威力のあるストレートと2種のフォークでしょう。中々調子の上がらないカープも、やはり昨年までは守りきる強さがありました。カピバラトリオの中の一人。 球威が称号次第でAになるナイス中継ぎです。

【プロスピA】澤田 圭佑(S)2019 シリーズ1 [オリックス・バファローズ]の評価・称号

俺的評価 7.5/10点。毎度おなじみ阪神藤浪投手と大阪桐蔭時代の同級生。今シーズンは昨シーズンの飛躍もあり多く出番をもらっている印象。2019S1に登場した5月現在では少し打ち込まれている姿もありましたが、まだまだ若い投手。山本、山岡、福田、西浦くんなど若手のホープ揃いのオリックス。数年後の胴上げ投手かも知れない。