奪三振一覧

【プロスピA】岡田 明丈(S)2018 侍ジャパン[広島東洋カープ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。正直2017シーズンの活躍から2018シーズンは少し物足りなかった印象です。そんな中でも優勝しちゃう広島は強いですね。終盤は中継ぎもしてたので適正ついてますが、来シーズンは先発で勝負でしょうか。ゲーム的には変化球の少なさが厳しいですが、中継ぎで穴を埋めるにはいいかと思います!すみません!

【プロスピA】東浜 巨(S)2018 侍ジャパン[福岡ソフトバンクホークス]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。2018シーズン中ではDランクの登場しかなかったので、嬉しいですね。2018シーズンは途中離脱もありましたが、ゲーム的には球威とスタミナが同値です。リアル対戦での印象としてですが、左右に落ちながら曲がる変化球があり、イマイチ捉えきれない印象です。ストレートも早いし。

【プロスピA】東 克樹(S)2018 新人王[横浜DeNAベイスターズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.5/10点。本当に新人王なのかと疑うくらい素晴らしい能力です、東くん。DeNA、今永、濱口、そしてこの東くんと左の先発三本柱は必ず立つでしょう。線を引くようなストレートが印象に残ります。ルーキーイヤーでこの能力ですから、これからに期待できるでしょう!ちなみに中継ぎもできるので、先発枠が埋まっている方も重宝します。いいですね。

【プロスピA】近藤 一樹(S)2018 タイトルホルダー[ヤクルトスワローズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。ついに来ました、待ち望んでいた方も多いはず。昨年の阪神桑原投手同様、球団が変わればこんなにも変わるプロの凄さと、ある種のロマン。転職は悪じゃない、ステップアップだ!と無理やり自分に当てはめちゃいそうな教訓をいただいてます(なんの話)。実際の使用感としては、スライダーでしょうか。

【プロスピA】菅野 智之(S)2018 ベストナイン[読売ジャイアンツ]の評価・ステータス

俺的評価 10.0/10点。文句なしのオールA。NPBのナンバーワンの投手ですね。文句なし。コストも28。大量の変化球にこの制球力。これは打てません。大当たり間違いなし。もはや言うことなし。欲しい、ただそれだけ。相手投手にこの方が出てきたら、ゲームでも少しやる気が失せる逸材。きてください、我がチームに!!

【プロスピA】森 唯斗(S)2018 タイトルホルダー[福岡ソフトバンクホークス]の評価・ステータス

俺的評価 9.5/10点。日本シリーズ2018での大活躍すごかった。ぴりぴりした場面、ここで一本出ればの場面でことごとく広島のあのバッターたちを抑えてました。サファテ不在で怪しかった抑えの枠をしっかり埋めました。なんせスローカーブのいやらしさとアウトローへのストレートは凄まじかった。ちなみにゲームでもさながらの配球で抑えれます。変化球バランスもいい。中継ぎ適性もあるので、サファテが返り咲いても使えます。サファテ出なかったけどね。

【プロスピA】澤田 圭佑(S)2018 Series2[オリックス・バファローズ]の評価・ステータス

俺的評価 7.5/10点。阪神藤浪くんと大阪桐蔭時代の同級生。ちなみに藤浪くん2018シリーズ2では登場なしでした。。この澤田投手、2018シーズンは飛躍の年でした。まだまだ若い投手なので、来年から期待です!金子、西投手が抜けた穴を埋めるのは山本、山岡投手だけではなく、この澤田投手かもしれない。

【プロスピA】小川 龍也(S)2018 Series2[西武ライオンズ]の評価・ステータス

俺的評価 7.5/10点。チームが変われば何かが変わる。プロの世界にもある、移籍で飛躍する人。中日では苦労されてたようですが、西武に移籍でリーグ優勝チームの中継ぎとして登場するわけなので、チーム、首脳陣はとてつもなく影響がありますね。まだ能力は高くはないですが、来年以降の成績次第ですね。写真かっこいい。

【プロスピA】岡田 明丈(S)2018 Series2[広島東洋カープ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。2017シーズンの活躍からしたら2018シーズンは少し物足りなかった印象です。そんな中でも優勝しちゃう広島は強いですね。終盤は中継ぎもしてたので適正ついてますが、来シーズンは先発で勝負でしょうか。丸さんが抜け、長野さんが入り、よりニュースで見る機会も多いですが、明るいムードの広島はやはり生え抜きが頑張ってこそ。ただゲーム的には変化球の少なさが厳しい。。

【プロスピA】金石 昭人(S)2018 Series2 OB[北海道日本ハムファイターズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。正直現役時代の記憶はあまりなくて、大きい人とバドミントンの陣内さんと結婚した人という印象です。 新鮮な気持ちで見てみると、日本ハムの抑えなのでマイケル中村、武田久さんあたりとの争いになると思います。個人的には突出したものが見つからずの8.0でございます。。

【プロスピA】桑原 謙太朗(S)2018 Series2[阪神タイガース]の評価・ステータス

俺的評価 9.5/10点。今シーズン打ち込まれる試合もありましたが、何より驚きは球種数でしょうか。ムービングファストとスライダーの2球種になってます。それがなぜか意外と打ちとれちゃう。中継ぎでしか無理だけども、凡打の山です。球威、制球ともに80Aなので見栄えもいいですね。

【プロスピA】近藤 一樹(S)2018 Series2[ヤクルトスワローズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。ついに来ました、待ち望んでいた方も多いはず。2018年度の最優秀中継ぎ投手です。昨年の阪神桑原投手同様、何かのきっかけでこんなにも変わるからプロの世界って凄いですよね。昨年もフル回転でしたが、今年の活躍で2019シーズンはもう少し能力アップあるのではないでしょうか。

【プロスピA】青山 浩二(S)2018 Series2[楽天ゴールデンイーグルス]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。楽天の投手といえばこの人という印象です。それもそのはず生え抜き投手ですものね。今シーズンは34歳活躍されてました。中継ぎのベテランパワーはどこの球団も凄いですね。青山さん、球種は正直平均的ではありますが、しっかりと抑えられる能力にはなってます。ピンチに強いですし。

【プロスピA】平野 佳寿(A)2018 Series2 WS[オリックス・バファローズ]の評価・ステータス

2018 series2 WSから平野投手です。こちらもひっそりと登場! AランクからSランクへ変わった時にそれぞれの能力が+10されてます。 つまり、球威84A、制球76B、スタミナ62C。 メジャーでは少し苦戦してますが、でも能力は申し分なし!Sランク登場、まってます!

【プロスピA】ドリス(S)2018 Series2[阪神タイガース]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。32セーブという数字だけ見ると立派な印象ですが、負けが7あった今シーズン。危なげない試合の方が少なかった気もしますが、ストレートとSFFで投げられると打てない(特にリアル対戦)。昨年同様の活躍であれば限界突破のために手を尽くしまくるのですが、不甲斐ないシーズンがあるといなくなってしまうのが、助っ人外国人の運命。

【プロスピA】増井 浩俊(S)2018 Series2[オリックス・バファローズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.5/10点。残念ながら退団の尽きないオリックスへ2018シーズンより移籍してきた増井さん。チームが変わっても不変ですね。何より個人的には新戦力での増井さんを使ってるのですが、めっちゃいいです。何よりフォークの落差。お化けフォークと遜色なし。球威があるので、奪三振率も高い。個人的には超おすすめ。ゲームに強い投手ですね。限界突破次第で、先発中継ぎも可能です。

【プロスピA】石川 直也(S)2018 Series2[北海道日本ハムファイターズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.5/10点。何と言っても開花でいいのではないでしょうか。シーズン序盤はなかなか不安な部分もありましたが、CSで投げた感じであったり、日ハム(吉井コーチ)はやはり育てる人なんだと実感。ちなみに吉井コーチはロッテへ行きますね。そしてこの石川投手まだ21歳。期待値は間違いなく高し。

【プロスピA】森 唯斗(S)2018 Series2[福岡ソフトバンクホークス]の評価・ステータス

俺的評価 9.5/10点。日本シリーズ2018での大活躍すごかったですね。ぴりぴりした場面で登場!そしてここで一本出ればの場面でことごとく抑えてました。サファテ不在で怪しかった抑えの枠をしっかり埋めました。なんせスローカーブのいやらしさとアウトローへのストレートは凄まじかった。ゲームでもさながらの投球で抑えれます。変化球バランスもいい。

【プロスピA】牛島 和彦(S)2018 Series2 OB[千葉ロッテマリーンズ]の評価・ステータス

俺的評価 9.0/10点。もはや理論派な解説のイメージが強いですが、落ちる変化球は存じております。抑えでこのフォークを持っているというのは大魔神しかり正義ですね。勝手に横浜のユニフォームの記憶が強かったのですが、コーチ・監督での印象でした!ドカベンさんとのバッテリーですね。

【プロスピA】堀 瑞樹(S)2018 Series2[北海道日本ハムファイターズ]の評価・ステータス

俺的評価 8.0/10点。稲葉さん絶賛の左腕。代表にも選ばれてましたね。スライダー強めなんで、松井裕樹くんとはタイプは違うでしょうが、なんとなく似た雰囲気でしたね。どう育ってくるのか楽しみな選手ですね。稲葉さんを信じよう。